人口減少・高齢化と介護の仕事

投稿日:

減る労働人口と雇用対策

昨年、内閣府が長期の労働力人口予測をまとめました。2013年に6577万人だった労働人口が2030年には5683万人、2060年には3795万人にまで減少すると予測しています。前述した増える高齢者に対して、労働人口はどんどん減少していくのです。高齢者を対象としたサービスを提供する介護業界はこの人口動態の影響を強く受けることになります。
 
 今後は出生率回復の政策、女性の労働力の活用、外国人労働者の受け入れなどが検討されていくと予想されますが、行政政策はこのような人口動態を踏まえた上で決定されていきます。今後介護事業を継続する、または起業する場合には、このことを大前提としなければなりません。介護保険サービスの継続には何が必要なのか、現場レベルでも企画や解決策を考えることが不可欠な時代となっています。

 

■参考資料
労働力人口と今後の経済成長について 内閣府
 
今後の高齢者人口の見通しについて 厚生労働省
 

-

関連記事

no image

在宅生活の継続に資するサービスを提供している事業所の評価

 介護職員か看護職員を指定基準よりも常勤換算方法で多く配置している事業所に加算がつくようになります。認知症と中重度の要介護者対策の一環として行われています。認知症に対しては日常生活自立度III以上の利 …

no image

運営推進会議及び外部評価の効率化

 現在、小規模多機能型居宅介護を含む地域密着型サービスは年に1回以上の外部評価が義務付けられていますが、運営推進会議と外部評価は、「第三者による評価」という点で共通していることを踏まえ、事業所が自己評 …

no image

認知症専門ケア加算の創設【地域密着型・介護予防を含む】

 認知症高齢者の増加に対するため、特定施設入居者生活介護でも積極的な受け入れが期待されています。受け入れ促進のために、「認知症専門ケア加算」が創設されます。   特定施設入居者生活介護におい …

no image

中重度者と認知症患者への対応強化

 ■認知症対応型共同生活介護  夜間における利用者の安全確保を更に推進する観点から、現在は評価の対象となっていない宿直職員による夜間の加配を新たに評価。   ・夜間支援体制加算(I …

no image

多床室における居住費負担

  今回の改定では、一定の所得がある方が特養に入所する場合の、居住費負担が見直されることになりました。一定所得者には、現行の光熱水費相当分だけでなく、室料相当分の負担が求められます。 &#1 …