人口減少・高齢化と介護の仕事

投稿日:

減る労働人口と雇用対策

昨年、内閣府が長期の労働力人口予測をまとめました。2013年に6577万人だった労働人口が2030年には5683万人、2060年には3795万人にまで減少すると予測しています。前述した増える高齢者に対して、労働人口はどんどん減少していくのです。高齢者を対象としたサービスを提供する介護業界はこの人口動態の影響を強く受けることになります。
 
 今後は出生率回復の政策、女性の労働力の活用、外国人労働者の受け入れなどが検討されていくと予想されますが、行政政策はこのような人口動態を踏まえた上で決定されていきます。今後介護事業を継続する、または起業する場合には、このことを大前提としなければなりません。介護保険サービスの継続には何が必要なのか、現場レベルでも企画や解決策を考えることが不可欠な時代となっています。

 

■参考資料
労働力人口と今後の経済成長について 内閣府
 
今後の高齢者人口の見通しについて 厚生労働省
 

-

関連記事

no image

心身機能訓練から生活行為向上訓練まで総合的に行う機能の強化

 通所介護においても利用者の居宅生活を考慮したサービス提供が求められるようになります。現在の「個別機能訓練加算」が要件が見直しされ、「居宅を訪問した上で計画を作成すること」が追加されることになります。 …

no image

おさえておきたい医療・医療保険情報 No.5

介護・医療連携の推進に向けておさえておきたい医療・医療保険関連の最近の動きを紹介します。 医療事故調施行から1年 1割で患者の納得得られず 医療事故調査制度が始まって1年が経過した。医療事故調査・支援 …

no image

介護経営の専門家が語る!介護報酬改定後の事業所の動き

地域の中核的な介護事業者になるためには? 石塚 今後、介護保険サービスにおいて、在宅の要素は広がっていくと思いますが、地域の高齢者を包括的にみていくためには、医療と本格的に連携したところが中核になって …

no image

集合住宅に居住する利用者へのサービス提供

 集合住宅におけるサービス利用に関しては各サービスが包括化の流れにあります。訪問介護、訪問入浴介護、夜間対応型訪問介護、訪問看護及び訪問リハビリテーションについて、以下の見直しが入りました。 &#16 …

no image

福祉用具専門相談員の資質の向上

 現在、指定福祉用具貸与・販売事業所には常勤で2名以上の配置が義務づけられていますが、介護給付費分科会での報告では、実際の事業所における従事者は、近年3.5人前後で推移しています。相談員の資格取得状況 …