通所介護における改定のポイント

投稿日:

 

【例3】大規模型通所介護費(I)の場合
要介護1 683 単位/日 t⇒ 要介護1 645 単位/日
要介護2 803 単位/日 t⇒ 要介護2 762 単位/日
要介護3 928 単位/日 t⇒ 要介護3 883 単位/日
要介護4 1,053 単位/日 t⇒ 要介護4 1,004 単位/日
要介護5 1,177 単位/日 t⇒ 要介護5 1,125 単位/日
 
【例4】大規模型通所介護費(II)の場合
要介護1 665 単位/日 t⇒ 要介護1 628 単位/日
要介護2 782 単位/日 t⇒ 要介護2 742 単位/日
要介護3 904 単位/日 t⇒ 要介護3 859 単位/日
要介護4 1,025 単位/日 t⇒ 要介護4 977 単位/日
要介護5 1,146 単位/日 t⇒ 要介護5 1,095 単位/日
 

 

-

関連記事

no image

社会参加を維持できるサービス提供体制の評価

 訪問リハビリテーションを利用することにより、利用者のADL・IADLが向上し、社会への復帰や参加を維持できるような、質の高い訪問リハビリテーションを提供した場合、「社会参加支援加算(新設)」として評 …

no image

改定の全体像(ポイント)

 所要時間30分以上1時間未満地域包括ケアシステムの最大の目的は在宅生活の維持です。そして、その在宅生活のケアをサポートする中心は訪問介護事業者です。改定資料の中で「認知症高齢者や重度の要介護者の増加 …

no image

送迎時における居宅内介助等の評価(通所介護、通所リハビリテーション、認知症対応型通所介護)

 通所介護事業者が送迎を行なうときに、居宅内での介助を行なうことは認識されていましたが、今回の改定では、この介助(電気の消灯・点灯、着替え、ベッドへの移乗、窓の施錠等)が所要時間に含まれることになりま …

no image

在宅生活の継続に資するサービスを提供している事業所の評価

 介護職員か看護職員を指定基準よりも常勤換算方法で多く配置している事業所に加算がつくようになります。認知症と中重度の要介護者対策の一環として行われています。認知症に対しては日常生活自立度III以上の利 …

no image

サービス提供体制強化加算の創設【地域密着型・介護予防を含む】

  特別養護老人ホームにおける入居者制限が要介護度3に限定されたことから特定施設入居者生活介護1(サ高住)の役割拡大が期待されています。要介護1・2で入居した利用者が重度化した場合でも引き続 …