夜間及び深夜のサービスを実施する場合の運営基準の厳格化

投稿日:

 通所介護事業所の設備を利用して、介護保険制度外の夜間及び深夜のサービス(宿泊サービス)を実施している事業所は、指定権者へ届出が義務付けられます。また、宿泊サービスの提供による事故が発生した場合にも、通所介護と同様の(市町村・利用者家族・居宅介護支援事業者等への連絡、損害賠償の措置等)への届出が義務付けられることになりました。
届け出された内容は、通所介護事業所の基本情報に加えられ、利用者や介護支援専門員に適切に情報が提供される仕組み(介護サービス情報公表制度の活用)が検討されています。
 
 
指定権者への届出項目(案)
○指定通所介護事業所(指定認知症対応型通所介護事業所)の事業所番号
○事業所の名称、事業所の所在地、事業所の連絡先
○宿泊サービスの利用定員、営業日、提供時間
○宿泊サービスの人員配置状況
○宿泊室の提供状況(個室、個室以外、個室以外の場合はプライバシーの確保方法)
○消防設備の設置状況

 

-

関連記事

no image

認知症対応型共同生活介護事業所との併設型における夜間の職員配置の緩和

  小規模多機能型居宅介護事業所と認知症対応型共同生活介護事業所が併設している場合、サービスの提供に影響がないことを前提として以下の要件において、兼務が認められることになります。 &#160 …

no image

小規模多機能型居宅介護と広域型特別養護老人ホームとの併設

 小規模多機能型居宅介護事業所と広域型の特別養護老人ホームなどの社会福祉施設や介護老人保健施設との併設について、小規模多機能型居宅介護事業所の構造や運営状況等を踏まえた上で、市町村が個別に併設の可否を …

no image

通所介護向け 無料報酬改定シュミレーションで現状の売上影響を知りましょう。

 2015年度の制度改正にて通所介護では、基本報酬の見直しが大幅に行われます。    ・小規模型  :約9%の減算  ・通常規模型 :約5%の減算  ・大規模型(I) :約5%の減算  ・大 …

no image

登録定員等の緩和

 現在、小規模多機能型居宅介護の登録定員は25名以下と規定されていますが、29人以下に引き上げられます。登録定員が 26 人以上 29 人以下になった事業所には、現行の通いの利用定員「登録定員の1/2 …

no image

訪問介護員2級課程修了者であるサービス提供責任者に係る減算の取扱い

 ヘルパー2級の方がサービス提供責任者の場合には、減算率が引き上げられることになりました。   所定単位数×90/100単位数  →  所定単位数×70/100単位数   …