夜間及び深夜のサービスを実施する場合の運営基準の厳格化

投稿日:

 通所介護事業所の設備を利用して、介護保険制度外の夜間及び深夜のサービス(宿泊サービス)を実施している事業所は、指定権者へ届出が義務付けられます。また、宿泊サービスの提供による事故が発生した場合にも、通所介護と同様の(市町村・利用者家族・居宅介護支援事業者等への連絡、損害賠償の措置等)への届出が義務付けられることになりました。
届け出された内容は、通所介護事業所の基本情報に加えられ、利用者や介護支援専門員に適切に情報が提供される仕組み(介護サービス情報公表制度の活用)が検討されています。
 
 
指定権者への届出項目(案)
○指定通所介護事業所(指定認知症対応型通所介護事業所)の事業所番号
○事業所の名称、事業所の所在地、事業所の連絡先
○宿泊サービスの利用定員、営業日、提供時間
○宿泊サービスの人員配置状況
○宿泊室の提供状況(個室、個室以外、個室以外の場合はプライバシーの確保方法)
○消防設備の設置状況

 

-

関連記事

no image

介護予防支援に係る新総合事業の導入に伴う基本報酬の見直し

 総合事業の導入に伴い、基本報酬が評価されることになりました。指定介護事業者以外の主体者がサービスを行う事も前提とされているため、今後は予防プランにも様々な企画が求められていくでしょう。ボラ …

no image

小規模通所介護が今後打つ手とは?

小規模通所介護だけに固執しない    しかし、個人的におススメしたいのは小規模通所介護だけに固執するのではなく、他事業に積極的に打って出るという考え方をして頂ければと思います。 ここで言う他 …

no image

中重度の要介護者の在宅生活を支える訪問看護体制の評価

 訪問看護における、もうひとつの中重度対応として、病院とクリニックからの訪問看護が促進され、基本報酬が増額されます。今後予想される看護師の不足を補うためにも、病院・クリニックにも訪問看護サービスの提供 …

no image

リハビリにおけるマネジメトの強化

 ○ リハビリテーションマネジメント加算(II)  (1) リハビリテーション会議を開催し、利用者の状況等に関する情報を、会議の構成員である医師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士 …

no image

公平・中立性の確保の推進

ケアマネジメントの質を確保する観点から、正当な理由のない特定の事業所へのサービスの偏りの割合が80%以上である場合に減算となります。   いままでの要件では90%となっていた割合を80%に引 …