通所介護と新総合事業における通所事業を一体的に実施する場合の人員等の基準上の取扱い

投稿日:

 通所介護事業者が、新総合事業における第一号通所事業を実施する場合の運営の基準がまとまりました。通所事業の類型に応じて、以下のとおりになります。
 
○通所介護と「現行の通所介護相当のサービス」を一体的に運営する場合
サービス内容 通所介護と同様のサービス、生活機能の向上のための機能訓練
→ 現行の介護予防通所介護に準ずるものとする。
 
○通所介護と「通所型サービスA(緩和した基準によるサービス)」を一体的に運営する場合
サービス内容 ミニデイサービス、運動・レクリエーション 等
 → 従事者が専従要件を満たしているとみなし、要介護者数だけで介護給付の基準を満たし、要
支援者には必要数。 
 
 レクリエーションなどは通所型サービスAに該当してきます。サービス提供者の例としてボランティアも入っています。どのように事業者としての質の高さや差別化をはかっていくのかが鍵となりそうです。
 

 

-

関連記事

no image

どうなる?市境における小規模デイサービスが地域密着型へと移行した場合の利用者さまの取り扱い

今改定において平成28年度より地域密着型通所介護が創設されることとなりました。 これを受けて、小規模デイサービス(定員18名以下)は平成28年4月より地域密着型事業へ移行することが決まりました。(大規 …

no image

法定代理受領の同意書の廃止【地域密着型・介護予防を含む】

 現行制度では、有料老人ホームが介護報酬を代理受領する要件として「入居者からの同意書」が必要でしたが、老人福祉法の改正によってこの要件が撤廃されました。 

no image

認知症加算及び独居高齢者加算の基本報酬への包括化

 認知症加算及び独居高齢者加算が基本報酬に包括されることになりました。 認知症加算と独居高齢者加算は、個人の心身の状況や家族の状況等に応じたケアマネジメントの提供であり、当該業務が介護支援専門員の基本 …

no image

改定の全体像(ポイント)

 所要時間30分以上1時間未満地域包括ケアシステムの最大の目的は在宅生活の維持です。そして、その在宅生活のケアをサポートする中心は訪問介護事業者です。改定資料の中で「認知症高齢者や重度の要介護者の増加 …

no image

社会参加を維持できるサービス等へ移行する体制の評価

 生活行為向上リハビリテーション加算と同様に、ADL・IADL の向上を促進する体制が整っている事業所には社会参加支援加算(新設)がつきます。   介護給付費分科会で提示された「通所サービス …