通所介護と新総合事業における通所事業を一体的に実施する場合の人員等の基準上の取扱い

投稿日:

 通所介護事業者が、新総合事業における第一号通所事業を実施する場合の運営の基準がまとまりました。通所事業の類型に応じて、以下のとおりになります。
 
○通所介護と「現行の通所介護相当のサービス」を一体的に運営する場合
サービス内容 通所介護と同様のサービス、生活機能の向上のための機能訓練
→ 現行の介護予防通所介護に準ずるものとする。
 
○通所介護と「通所型サービスA(緩和した基準によるサービス)」を一体的に運営する場合
サービス内容 ミニデイサービス、運動・レクリエーション 等
 → 従事者が専従要件を満たしているとみなし、要介護者数だけで介護給付の基準を満たし、要
支援者には必要数。 
 
 レクリエーションなどは通所型サービスAに該当してきます。サービス提供者の例としてボランティアも入っています。どのように事業者としての質の高さや差別化をはかっていくのかが鍵となりそうです。
 

 

-

関連記事

no image

生活行為向上リハビリテーション実施加算の実施後に通所リハビリテーションを継続した場合の減算(新設)

 新設された「生活行為向上リハビリテーション」のサービスを提供した後、指定リハビリテーションを継続的に実施した場合には、1日につき所定単位数の 15 / 100が減算されます。   ※ 算定 …

no image

どうする?デイサービスの認知症加算と中重度者ケア体制加算の取得について

今改定において報酬が下がった分を新規創設された「認知症加算」、「中重度者ケア体制加算」を取得することによってカバーをしようと考えている事業者さんも多いかと思います。 しかし、この加算、小規模事業所さん …

no image

短期集中リハビリテーション加算と個別リハビリテーションの見直し

 「短期集中リハビリテーション実施加算」に見直しが入りました。リハビリテーションマネジメント加算が個別化したことにより、早期かつ集中的な介入を行う部分について評価が平準化されることになります。 &#1 …

no image

一安心!?居宅介護支援事業所の特定事業所集中減算は平成27年9月1日から適用

居宅介護支援の特定事業所集中減算において、現行のルールから二点変更があるのは皆さんも既にご承知のことでしょう。   改定内容は以下の通りです。 1.正当な理由なく、特定の事業所の割合が80% …

no image

夜間及び深夜のサービスを実施する場合の運営基準の厳格化

 通所介護事業所の設備を利用して、介護保険制度外の夜間及び深夜のサービス(宿泊サービス)を実施している事業所は、指定権者へ届出が義務付けられます。また、宿泊サービスの提供による事故が発生した場合にも、 …