通所介護と新総合事業における通所事業を一体的に実施する場合の人員等の基準上の取扱い

投稿日:

 通所介護事業者が、新総合事業における第一号通所事業を実施する場合の運営の基準がまとまりました。通所事業の類型に応じて、以下のとおりになります。
 
○通所介護と「現行の通所介護相当のサービス」を一体的に運営する場合
サービス内容 通所介護と同様のサービス、生活機能の向上のための機能訓練
→ 現行の介護予防通所介護に準ずるものとする。
 
○通所介護と「通所型サービスA(緩和した基準によるサービス)」を一体的に運営する場合
サービス内容 ミニデイサービス、運動・レクリエーション 等
 → 従事者が専従要件を満たしているとみなし、要介護者数だけで介護給付の基準を満たし、要
支援者には必要数。 
 
 レクリエーションなどは通所型サービスAに該当してきます。サービス提供者の例としてボランティアも入っています。どのように事業者としての質の高さや差別化をはかっていくのかが鍵となりそうです。
 

 

-

関連記事

no image

保険外サービスを考える

 保険外サービスを考える  介護給付費の増加に伴うように、シニア向けの市場は拡大しています。保険を入り口としながらも、事業者として独自の保険外サービスメニューを考え、保険と保険外を組み合わせ …

no image

社会参加を維持できるサービス等へ移行する体制の評価

 生活行為向上リハビリテーション加算と同様に、ADL・IADL の向上を促進する体制が整っている事業所には社会参加支援加算(新設)がつきます。   介護給付費分科会で提示された「通所サービス …

no image

介護経営の専門家が語る!介護報酬改定後の事業所の動き

地域の中核的な介護事業者になるためには? 石塚 今後、介護保険サービスにおいて、在宅の要素は広がっていくと思いますが、地域の高齢者を包括的にみていくためには、医療と本格的に連携したところが中核になって …

no image

重度療養管理加算の拡大

 中重度要介護者の積極的受け入れの観点から、重度療養管理加算の要件が見直され、対象者が要介護3まで拡大されます。   ※ 算定要件等(変更点のみ) ○ 対象者を要介護3まで拡大する。&#16 …

no image

リハビリテーションマネジメントの強化

  今回の改定では、リハビリテーションにおけるマネジメントが大きく強化されることに期待されています。見直しの大きなポイントは「利用者主体の目標設定」、「他職種協働実現のための具体的な取り組み …