通所介護と新総合事業における通所事業を一体的に実施する場合の人員等の基準上の取扱い

投稿日:

 通所介護事業者が、新総合事業における第一号通所事業を実施する場合の運営の基準がまとまりました。通所事業の類型に応じて、以下のとおりになります。
 
○通所介護と「現行の通所介護相当のサービス」を一体的に運営する場合
サービス内容 通所介護と同様のサービス、生活機能の向上のための機能訓練
→ 現行の介護予防通所介護に準ずるものとする。
 
○通所介護と「通所型サービスA(緩和した基準によるサービス)」を一体的に運営する場合
サービス内容 ミニデイサービス、運動・レクリエーション 等
 → 従事者が専従要件を満たしているとみなし、要介護者数だけで介護給付の基準を満たし、要
支援者には必要数。 
 
 レクリエーションなどは通所型サービスAに該当してきます。サービス提供者の例としてボランティアも入っています。どのように事業者としての質の高さや差別化をはかっていくのかが鍵となりそうです。
 

 

-

関連記事

no image

多床室における居住費負担

  今回の改定では、一定の所得がある方が特養に入所する場合の、居住費負担が見直されることになりました。一定所得者には、現行の光熱水費相当分だけでなく、室料相当分の負担が求められます。 &#1 …

no image

おさえておきたい医療・医療保険情報 No.3

介護・医療連携の推進に向けておさえておきたい医療・医療保険関連の最近の動きを紹介します。 来年度の厚労省予算は自然増の圧縮が課題に 厚生労働省は8月31日、12月下旬に決める来年度予算案の概算要求を財 …

no image

日常生活継続支援加算

  今後は介護施設としての役割が、サ高住が要介護1・2、特養が要介護3以上のように、差別化が進んでいくと思われます。特別養護老人ホームの入所者が要介護3以上になることを踏まえて、重度者の受け …

no image

小規模多機能における改定ポイント

  増える高齢者に対応するために、包括型で複合的なサービスを提供できる小規模多機能居型施設は多くの期待が寄せられています。今回の改定では、多くのサービス事業形態がマイナスになる中で、小規模多 …

no image

介護福祉士の配置率が重要になるサービス提供体制の強化

  介護の質をどのように向上するのか。それは各事業所でも常に課題にあがるテーマです。今回の介護報酬改定では、サービス提供体制において「介護福祉士」の配置割合が大きなポイントになりました。介護 …