小規模多機能型居宅介護のサテライト型事業所への移行に向けた経過措置

投稿日:

 小規模通所介護事業所が小規模多機能型居宅介護のサテライトに移行する際に、通所介護の機能しか持っていない施設が移行しやすいように、平成29年度末まで経過措置が設けられることになりました。しかしながら、経過措置期間内において、小規模多機能型居宅介護サテライトの人員配置基準を満たさない場合、基本報酬が減算(70/100)されます。とくに宿泊施設の設置に時間がかかると予想されますので、減算期間が少なくなるように早めに事業所の改修を始めた方がよいでしょう。
 

 

-

関連記事

no image

一安心!?デイサービス同一建物減算と送迎減算のダブル減算は適用されない!

通所系サービスにおいて、新たに送迎減算が設けられました。   改定内容は以下の通りです。 利用者に対して、その居宅と指定通所介護事業所との間の送迎を行わない場合は、片道につき47単位を所定単 …

no image

社会参加を維持できるサービス等へ移行する体制の評価

 生活行為向上リハビリテーション加算と同様に、ADL・IADL の向上を促進する体制が整っている事業所には社会参加支援加算(新設)がつきます。   介護給付費分科会で提示された「通所サービス …

no image

介護福祉士の配置率が重要になるサービス提供体制の強化

  介護の質をどのように向上するのか。それは各事業所でも常に課題にあがるテーマです。今回の介護報酬改定では、サービス提供体制において「介護福祉士」の配置割合が大きなポイントになりました。介護 …

no image

病院・診療所からの訪問看護の充実

 訪問看護における中重度の利用者対応として、サービス提供体制に新たな加算が設けられました。主な評価ポイントは、「電話等による常時対応や緊急時の訪問看護体制(緊急時訪問看護加算)」、「特別な管理を必要と …

no image

看護職員の配置基準の緩和

 介護給付費分科会の資料によると、看護職員の配置数(常勤換算数)の全体平均は「1人以上1.2人未満」が24.5%、「1.2人以上2.0人未満」が22.5%となっています。規模別で配置が0人をみてみると …