小規模多機能型居宅介護のサテライト型事業所への移行に向けた経過措置

投稿日:

 小規模通所介護事業所が小規模多機能型居宅介護のサテライトに移行する際に、通所介護の機能しか持っていない施設が移行しやすいように、平成29年度末まで経過措置が設けられることになりました。しかしながら、経過措置期間内において、小規模多機能型居宅介護サテライトの人員配置基準を満たさない場合、基本報酬が減算(70/100)されます。とくに宿泊施設の設置に時間がかかると予想されますので、減算期間が少なくなるように早めに事業所の改修を始めた方がよいでしょう。
 

 

-

関連記事

no image

訪問介護員2級課程修了者であるサービス提供責任者に係る減算の取扱い

 ヘルパー2級の方がサービス提供責任者の場合には、減算率が引き上げられることになりました。   所定単位数×90/100単位数  →  所定単位数×70/100単位数   …

no image

居宅介護支援事業所とサービス事業所の連携

 居宅サービス計画に沿った介護サービスが提供されるためには、各サービス事業所における個別サービス計画との連動性や整合性が必要との議論から、介護支援専門員は居宅サービス計画に位置付けた指定サービス事業所 …

no image

実践!訪問介護における対策ステップ!

 STEP3 売上アップの検討 そして最後に着手すべきは売上をあげることです。 もちろん、最初に売上をあげることに着手して頂いても構わないですが、売上をあげるということはその分の人件費、販促 …

no image

サービス提供体制強化加算の創設【地域密着型・介護予防を含む】

  特別養護老人ホームにおける入居者制限が要介護度3に限定されたことから特定施設入居者生活介護1(サ高住)の役割拡大が期待されています。要介護1・2で入居した利用者が重度化した場合でも引き続 …

no image

訪問サービスの機能強化

 小規模多機能型居宅介護の利用者の在宅生活の維持・継続する観点から、訪問サービスを強化した加算が導入されます。全国小規模多機能型居宅介護事業者連絡会が調査した結果によると、小規模多機能型居宅介護施設の …