地域密着型通所介護に係る基準の創設

投稿日:

 平成28年度に地域密着型通所介護が創設されますが、基本報酬については小規模型通所介護が踏襲されることになります。
現在の小規模型通所介護事業所が地域密着型に移行した際には、新たに運営推進会議の設置を設置しなければならなくなります。
 
○基本報酬は小規模型通所介護を踏襲する。
○地域との連携や運営の透明性を確保するため、新たに運営推進会議を設置する。
○運営推進会議の開催は6月に1回以上とする。
 ※認知症対応型通所介護の運営推進会議は地域密着型通所介護に準ずる。
 

 

-

関連記事

no image

おさえておきたい医療・医療保険情報 No.5

介護・医療連携の推進に向けておさえておきたい医療・医療保険関連の最近の動きを紹介します。 医療事故調施行から1年 1割で患者の納得得られず 医療事故調査制度が始まって1年が経過した。医療事故調査・支援 …

no image

リハビリにおけるマネジメトの強化

 ○ リハビリテーションマネジメント加算(II)  (1) リハビリテーション会議を開催し、利用者の状況等に関する情報を、会議の構成員である医師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士 …

no image

短期集中リハビリテーション加算と個別リハビリテーションの見直し

 「短期集中リハビリテーション実施加算」に見直しが入りました。リハビリテーションマネジメント加算が個別化したことにより、早期かつ集中的な介入を行う部分について評価が平準化されることになります。 &#1 …

no image

多床室における居住費負担

  今回の改定では、一定の所得がある方が特養に入所する場合の、居住費負担が見直されることになりました。一定所得者には、現行の光熱水費相当分だけでなく、室料相当分の負担が求められます。 &#1 …

no image

訪問看護ステーションにおけるリハビリテーションの見直し

 訪問看護におけるリハビリテーションは、看護業務の一環として位置づけられていますが、訪問リハビリテーション事業所からのサービス提供と内容が類似しているといった実態報告があります。このような背景を基に、 …