地域密着型通所介護に係る基準の創設

投稿日:

 平成28年度に地域密着型通所介護が創設されますが、基本報酬については小規模型通所介護が踏襲されることになります。
現在の小規模型通所介護事業所が地域密着型に移行した際には、新たに運営推進会議の設置を設置しなければならなくなります。
 
○基本報酬は小規模型通所介護を踏襲する。
○地域との連携や運営の透明性を確保するため、新たに運営推進会議を設置する。
○運営推進会議の開催は6月に1回以上とする。
 ※認知症対応型通所介護の運営推進会議は地域密着型通所介護に準ずる。
 

 

-

関連記事

no image

看護職員の配置要件、他の訪問看護事業所等との連携

 どこの地域でも看護師の不足には悩まされていると思います。今回の改定では、小規模多機能型居宅介護の看護職員が兼務可能な施設が緩和されます。兼務可能な施設・事業所の範囲として「同一敷地内又は隣接する施設 …

no image

訪問介護における改定のポイント

 所要時間30分以上1時間未満地域包括ケアシステムの最大の目的は在宅生活の維持です。そして、その在宅生活のケアをサポートする中心は訪問介護事業者です。改定資料の中で「認知症高齢者や重度の要介護者の増加 …

no image

介護予防支援に係る新総合事業の導入に伴う基本報酬の見直し

 総合事業の導入に伴い、基本報酬が評価されることになりました。指定介護事業者以外の主体者がサービスを行う事も前提とされているため、今後は予防プランにも様々な企画が求められていくでしょう。ボラ …

no image

どっちがお得!?小規模デイサービスの地域密着型への移行orサテライト事業への移行

今改定において大きな報酬ダウンとなるデイサービス。 小規模デイサービスにおいては改定後のダウン率が7.6%~9.8%、それ以外のデイサービスにおいてもダウン率が5%前後ある形となっています。 &#16 …

no image

どうする?デイサービスにおける看護職員さん配置緩和について

今改定においてデイサービスにおける看護職員さんの配置緩和が決まりました。   内容としては、以下のいずれの要件も満たしている場合については、看護職員が確保されているものとするとなっています。 …