看護職員の配置基準の緩和

投稿日:

 介護給付費分科会の資料によると、看護職員の配置数(常勤換算数)の全体平均は「1人以上1.2人未満」が24.5%、「1.2人以上2.0人未満」が22.5%となっています。規模別で配置が0人をみてみると、小規模型が31.5%、通常規模型が9.4%となっています。今回の改定において、小規模型から通常規模型に施設規模を拡大する事業所もあるでしょう。そのような事業所は特に看護師確保が課題になると予想されます。
 
今回の配置基準の緩和では、病院、診療所、訪問看護ステーションと連携し、健康状態の確認を行った場合に人員配置基準を満たしたものとして扱われます。 緩和政策が効いているうちにスタッフ確保の施策をうったほうがよいでしょう。

 

-

関連記事

no image

通所介護(大規模型・通常規模型)のサテライト事業所への移行

 小規模通所介護事業所が大規模型・通常規模型のサテライト事業所へ移行する場合には、 現行のサテライト事業所の取扱いに従って取り扱われることになります。指定居宅サービスに関する基準には、「事業者の指定は …

no image

運営推進会議及び外部評価の効率化

 現在、小規模多機能型居宅介護を含む地域密着型サービスは年に1回以上の外部評価が義務付けられていますが、運営推進会議と外部評価は、「第三者による評価」という点で共通していることを踏まえ、事業所が自己評 …

no image

おさえておきたい医療・医療保険情報 No.6

介護・医療連携の推進に向けておさえておきたい医療・医療保険関連の最近の動きを紹介します。 医療計画の報告書まとまる 来年度中に都道府県が策定 平成30年度からの第7次医療計画の策定に向けた厚生労働省の …

no image

どうなる?市境における小規模デイサービスが地域密着型へと移行した場合の利用者さまの取り扱い

今改定において平成28年度より地域密着型通所介護が創設されることとなりました。 これを受けて、小規模デイサービス(定員18名以下)は平成28年4月より地域密着型事業へ移行することが決まりました。(大規 …

no image

社会参加を維持できるサービス提供体制の評価

 訪問リハビリテーションを利用することにより、利用者のADL・IADLが向上し、社会への復帰や参加を維持できるような、質の高い訪問リハビリテーションを提供した場合、「社会参加支援加算(新設)」として評 …