看護職員の配置基準の緩和

投稿日:

 介護給付費分科会の資料によると、看護職員の配置数(常勤換算数)の全体平均は「1人以上1.2人未満」が24.5%、「1.2人以上2.0人未満」が22.5%となっています。規模別で配置が0人をみてみると、小規模型が31.5%、通常規模型が9.4%となっています。今回の改定において、小規模型から通常規模型に施設規模を拡大する事業所もあるでしょう。そのような事業所は特に看護師確保が課題になると予想されます。
 
今回の配置基準の緩和では、病院、診療所、訪問看護ステーションと連携し、健康状態の確認を行った場合に人員配置基準を満たしたものとして扱われます。 緩和政策が効いているうちにスタッフ確保の施策をうったほうがよいでしょう。

 

-

関連記事

no image

認知症専門ケア加算の創設【地域密着型・介護予防を含む】

 認知症高齢者の増加に対するため、特定施設入居者生活介護でも積極的な受け入れが期待されています。受け入れ促進のために、「認知症専門ケア加算」が創設されます。   特定施設入居者生活介護におい …

no image

介護事業所|施設でのマイナンバー取扱い

施設における利用者さんのマイナンバー対応をまとめた外岡弁護士の資料を見ながら、具体的な取扱いを確認してみます。利用者さんの居所が施設の場合は、施設に書留にてカードが送られてきます。居所登録が自宅の場合 …

no image

認知症加算及び独居高齢者加算の基本報酬への包括化

 認知症加算及び独居高齢者加算が基本報酬に包括されることになりました。 認知症加算と独居高齢者加算は、個人の心身の状況や家族の状況等に応じたケアマネジメントの提供であり、当該業務が介護支援専門員の基本 …

no image

中重度の要介護者の在宅生活を支える訪問看護体制の評価

 訪問看護における、もうひとつの中重度対応として、病院とクリニックからの訪問看護が促進され、基本報酬が増額されます。今後予想される看護師の不足を補うためにも、病院・クリニックにも訪問看護サービスの提供 …

no image

病院・診療所からの訪問看護の充実

 訪問看護における中重度の利用者対応として、サービス提供体制に新たな加算が設けられました。主な評価ポイントは、「電話等による常時対応や緊急時の訪問看護体制(緊急時訪問看護加算)」、「特別な管理を必要と …