地域連携の拠点としての機能の充実

投稿日:

 地域で高齢者ケアを支えていくため、通所介護施設は地域の連携拠点となるよう期待されています。生活相談員の相談業務の幅を広げられるように専従要件が緩和されることになりました。事業所内に限った利用者からの相談業務だけではなく、「サービス担当者会議への参加」、「地域ケア会議への参加」、「利用者宅への訪問(家族も含めた相談・援助」、「町内会、自治会、ボランティア団体等との連携」などへの対応がしやすくなります。
 
 利用者に対する継続的生活支援には、地域の社会資源の発掘・活用し、他職種との連携がかかせません。「生活相談員として通所介護を提供している」という意識を持つことが改定の狙いとなっています。

 

-

関連記事

no image

どうする?デイサービスにおける看護職員さん配置緩和について

今改定においてデイサービスにおける看護職員さんの配置緩和が決まりました。   内容としては、以下のいずれの要件も満たしている場合については、看護職員が確保されているものとするとなっています。 …

no image

短期利用(ショートステイ)の要件緩和【地域密着型を含む】

 利用者のニーズを受け入れられるように、特定施設入居者生活介護における短期利用の要件が緩和されます。現行の入居率80%が撤廃され、開設後3年経過の要件が事業者の経験評価方式に変更され、3年未満の事業者 …

no image

訪問看護における改定ポイント

 訪問看護では平成21年以降、要介護1、2の利用者が増加傾向にあります。増加の理由は訪問リハビリの利用やインスリンの自己注射のための管理と考えられます。しかし今後は要介護度の高い利用者にも対応していか …

no image

看取り介護加算の充実【地域密着型を含む】

 特定施設入居者生活介護における看取りの質を向上させるため、「看取り介護加算」の要件が強化され、それに伴い点数が加配されます。   (現行)死亡日以前4 日以上30 日以下 80 単位/日 …

no image

訪問介護と新総合事業を一体的に実施する場合の人員等の基準上の取扱い

 訪問介護事業所が総合事業を行なう際の人員要件が決まりました。訪問介護事業者が、同一事業所・体制において新総合事業を行なう場合、人員や設備、運営基準は現行の基準と変更せずに参加できるようになりました。 …