地域連携の拠点としての機能の充実

投稿日:

 地域で高齢者ケアを支えていくため、通所介護施設は地域の連携拠点となるよう期待されています。生活相談員の相談業務の幅を広げられるように専従要件が緩和されることになりました。事業所内に限った利用者からの相談業務だけではなく、「サービス担当者会議への参加」、「地域ケア会議への参加」、「利用者宅への訪問(家族も含めた相談・援助」、「町内会、自治会、ボランティア団体等との連携」などへの対応がしやすくなります。
 
 利用者に対する継続的生活支援には、地域の社会資源の発掘・活用し、他職種との連携がかかせません。「生活相談員として通所介護を提供している」という意識を持つことが改定の狙いとなっています。

 

-

関連記事

no image

同一建物に居住する者へのサービス提供に係る評価の見直し

 介護給付費分科会で報告された、サービス提供状況によると、1週間におけるサービスの提供時間は、戸建ての利用者で2,921分、集合住宅で2.501分、サ高住等で1,534分でした。また、利用者1人あたり …

no image

保険外サービスを考える

 保険外サービスを考える  介護給付費の増加に伴うように、シニア向けの市場は拡大しています。保険を入り口としながらも、事業者として独自の保険外サービスメニューを考え、保険と保険外を組み合わせ …

no image

どうする?デイサービスにおける看護職員さん配置緩和について

今改定においてデイサービスにおける看護職員さんの配置緩和が決まりました。   内容としては、以下のいずれの要件も満たしている場合については、看護職員が確保されているものとするとなっています。 …

no image

基本報酬の見直し

 介護事業経営実態調査における特別養護老人ホームの収支差をみてみると、平成17年には13.6%、平成20年には3.4%、平成23年には9.3%、平成26年には8.7%と推移しています。新聞一般紙などの …

no image

延長加算の見直し(通所介護、通所リハビリテーション、認知症対応型通所介護)

 通所介護事業サービスの中で、「所要時間7時間以上9時間未満の通所介護の提供後から、宿泊サービスの前まで時間」に日常生活上の介助をした場合に延長加算が計上できましたが、今回の改定では、通所介護事業所の …