地域連携の拠点としての機能の充実

投稿日:

 地域で高齢者ケアを支えていくため、通所介護施設は地域の連携拠点となるよう期待されています。生活相談員の相談業務の幅を広げられるように専従要件が緩和されることになりました。事業所内に限った利用者からの相談業務だけではなく、「サービス担当者会議への参加」、「地域ケア会議への参加」、「利用者宅への訪問(家族も含めた相談・援助」、「町内会、自治会、ボランティア団体等との連携」などへの対応がしやすくなります。
 
 利用者に対する継続的生活支援には、地域の社会資源の発掘・活用し、他職種との連携がかかせません。「生活相談員として通所介護を提供している」という意識を持つことが改定の狙いとなっています。

 

-

関連記事

no image

福祉用具における改定のポイント

 介護給付費分科会の中では福祉用具の報酬・基準について下記の2点が論点としてあげられています。   ○介護人材確保の観点から、介護従事者のイメージアップとして、ロボット介護が出来る、テクノジ …

no image

短期集中リハビリテーション実施加算と個別リハビリテーション実施加算の見直し

 今回の改定において、個別リハビリテーション実施加算(80単位/回)が無くなる代わりに、基本報酬が加算され、短期集中個別リハビリテーション実施加算が見直しされることになりました。   【基本 …

no image

福祉用具専門相談員の資質の向上

 現在、指定福祉用具貸与・販売事業所には常勤で2名以上の配置が義務づけられていますが、介護給付費分科会での報告では、実際の事業所における従事者は、近年3.5人前後で推移しています。相談員の資格取得状況 …

no image

基本報酬の見直し

 介護事業経営実態調査における特別養護老人ホームの収支差をみてみると、平成17年には13.6%、平成20年には3.4%、平成23年には9.3%、平成26年には8.7%と推移しています。新聞一般紙などの …

no image

訪問介護員2級課程修了者であるサービス提供責任者に係る減算の取扱い

 ヘルパー2級の方がサービス提供責任者の場合には、減算率が引き上げられることになりました。   所定単位数×90/100単位数  →  所定単位数×70/100単位数   …