心身機能訓練から生活行為向上訓練まで総合的に行う機能の強化

投稿日:

 通所介護においても利用者の居宅生活を考慮したサービス提供が求められるようになります。現在の「個別機能訓練加算」が要件が見直しされ、「居宅を訪問した上で計画を作成すること」が追加されることになります。この要件追加に伴い点数が加算されます。
 
個別機能訓練加算(I) 42 単位/日 ⇒ 46 単位/日
個別機能訓練加算(II) 50 単位/日 ⇒ 56 単位/日
 
※ 算定要件等(個別機能訓練加算(I)及び(II)共通。追加要件のみ)
○ 機能訓練指導員等が利用者の居宅を訪問した上で、個別機能訓練計画を作成し、その後3月ごとに1回以上、利用者の居宅を訪問した上で、利用者又はその家族に対して、機能訓練の内容と個別機能訓練計画の進捗状況等を説明し、訓練内容の見直し等を行っていること。
 

 

-

関連記事

no image

通所介護(大規模型・通常規模型)のサテライト事業所への移行

 小規模通所介護事業所が大規模型・通常規模型のサテライト事業所へ移行する場合には、 現行のサテライト事業所の取扱いに従って取り扱われることになります。指定居宅サービスに関する基準には、「事業者の指定は …

no image

送迎が実施されない場合の評価の見直し(通所介護、通所リハビリテーション、認知症対応型通所介護)

 今回の改定から、「利用者が自ら通う」、「家族が送迎する」などの理由で、通所介護事業者が送迎を実施しない場合には、減算の対象になります。    

no image

どうする?介護職員処遇改善加算の取り扱い

 今改定において介護人材確保対策の推進の1つとして、「介護職員処遇改善加算の更なる充実」を掲げ、月当たり1.2万円相当 改定率+1.65%という形を打ち出しました。   処遇をされ …

no image

看護職員の配置要件、他の訪問看護事業所等との連携

 どこの地域でも看護師の不足には悩まされていると思います。今回の改定では、小規模多機能型居宅介護の看護職員が兼務可能な施設が緩和されます。兼務可能な施設・事業所の範囲として「同一敷地内又は隣接する施設 …

no image

マイナンバー介護事業所におけるポイントと本特集について

平成27年10月からマイナンバーの通知が始まりました。 内閣府の知らせによると、原則として、市区町村から住民票に登録されている住所あてにマイナンバー(12桁)が記載された「通知カード」を送られています …