心身機能訓練から生活行為向上訓練まで総合的に行う機能の強化

投稿日:

 通所介護においても利用者の居宅生活を考慮したサービス提供が求められるようになります。現在の「個別機能訓練加算」が要件が見直しされ、「居宅を訪問した上で計画を作成すること」が追加されることになります。この要件追加に伴い点数が加算されます。
 
個別機能訓練加算(I) 42 単位/日 ⇒ 46 単位/日
個別機能訓練加算(II) 50 単位/日 ⇒ 56 単位/日
 
※ 算定要件等(個別機能訓練加算(I)及び(II)共通。追加要件のみ)
○ 機能訓練指導員等が利用者の居宅を訪問した上で、個別機能訓練計画を作成し、その後3月ごとに1回以上、利用者の居宅を訪問した上で、利用者又はその家族に対して、機能訓練の内容と個別機能訓練計画の進捗状況等を説明し、訓練内容の見直し等を行っていること。
 

 

-

関連記事

no image

活動と参加に焦点を当てた新たな評価体系の導入

  今回の改定により「生活行為向上リハビリテーション実施加算」が新設されます。ケアマネから通所リハビリテーションが必要と判断された場合か、肺炎などの症状があって、医師が認めた利用者に対してサ …

no image

小規模多機能型居宅介護のサテライト型事業所への移行に向けた経過措置

 小規模通所介護事業所が小規模多機能型居宅介護のサテライトに移行する際に、通所介護の機能しか持っていない施設が移行しやすいように、平成29年度末まで経過措置が設けられることになりました。しかしながら、 …

no image

訪問介護と新総合事業を一体的に実施する場合の人員等の基準上の取扱い

 訪問介護事業所が総合事業を行なう際の人員要件が決まりました。訪問介護事業者が、同一事業所・体制において新総合事業を行なう場合、人員や設備、運営基準は現行の基準と変更せずに参加できるようになりました。 …

no image

生活行為向上リハビリテーション実施加算の実施後に通所リハビリテーションを継続した場合の減算(新設)

 新設された「生活行為向上リハビリテーション」のサービスを提供した後、指定リハビリテーションを継続的に実施した場合には、1日につき所定単位数の 15 / 100が減算されます。   ※ 算定 …

no image

おさえておきたい医療・医療保険情報 No.2

介護・医療連携の推進に向けておさえておきたい医療・医療保険関連の最近の動きを紹介します。 地域医療構想を織り込み 次期医療計画に向け議論 平成30年度からの次期医療計画に向けた議論が、厚生労働省で進ん …