在宅生活の継続に資するサービスを提供している事業所の評価

投稿日:

 介護職員か看護職員を指定基準よりも常勤換算方法で多く配置している事業所に加算がつくようになります。認知症と中重度の要介護者対策の一環として行われています。認知症に対しては日常生活自立度III以上の利用者に対して「認知症加算」として新設され、中重度者ケア体制加算については、事業所の利用者全員に対して中重度者ケア体制加算として新設されます。
 
 基本報酬が減算されるなかで、通所介護においても認知症と中重度の対応が点数の面でも促進される改定内容となりました。
 
認知症加算(新規) ⇒ 60 単位/日
 
※ 算定要件等
○ 指定基準に規定する介護職員又は看護職員の員数に加え、介護職員又は看護職員を常勤換算方法で2以上確保していること。
○ 前年度又は算定日が属する月の前3月間の利用者の総数のうち、認知症高齢者の日常生活自立度III以上の利用者の占める割合が100 分の20 以上であること。
○ 指定通所介護を行う時間帯を通じて、専ら当該指定通所介護の提供に当たる認知症介護指導者研修、認知症介護実践リーダー研修、認知症介護実践者研修等を修了した者を1以上確保していること。
 
中重度者ケア体制加算(新規) ⇒ 45 単位/日
 
※ 算定要件等
○ 指定基準に規定する介護職員又は看護職員の員数に加え、介護職員又は看護職員を常勤換算方法で2以上確保していること。
○ 前年度又は算定日が属する月の前3月間の利用者の総数のうち、要介護3以上の利用者の占める割合が100 分の30 以上であること。
○ 指定通所介護を行う時間帯を通じて、専ら当該指定通所介護の提供に当たる看護職員を1以上確保していること。
?

 

-

関連記事

no image

どうする?新しい総合事業に参入するべきか、否か?

  事業者さんとして気になるところは、以下の2点だと思います。 1.t要支援の方へのサービスが継続できるかどうか 2.t自社として総合事業に参入すべきかどうか   1.現行の要支援 …

no image

送迎が実施されない場合の評価の見直し(通所介護、通所リハビリテーション、認知症対応型通所介護)

 今回の改定から、「利用者が自ら通う」、「家族が送迎する」などの理由で、通所介護事業者が送迎を実施しない場合には、減算の対象になります。    

no image

一安心!?居宅介護支援事業所の特定事業所集中減算は平成27年9月1日から適用

居宅介護支援の特定事業所集中減算において、現行のルールから二点変更があるのは皆さんも既にご承知のことでしょう。   改定内容は以下の通りです。 1.正当な理由なく、特定の事業所の割合が80% …

no image

事業開始時支援加算の見直し

 小規模多機能居宅介護における事業開始時支援加算の経過措置は2015年3月31日までとなっていました。予定通り廃止されることになりました。   事業開始時支援加算 500 単位/月 ⇒ 廃止 …

no image

介護福祉士の配置率が重要になるサービス提供体制の強化

  介護の質をどのように向上するのか。それは各事業所でも常に課題にあがるテーマです。今回の介護報酬改定では、サービス提供体制において「介護福祉士」の配置割合が大きなポイントになりました。介護 …