在宅生活の継続に資するサービスを提供している事業所の評価

投稿日:

 介護職員か看護職員を指定基準よりも常勤換算方法で多く配置している事業所に加算がつくようになります。認知症と中重度の要介護者対策の一環として行われています。認知症に対しては日常生活自立度III以上の利用者に対して「認知症加算」として新設され、中重度者ケア体制加算については、事業所の利用者全員に対して中重度者ケア体制加算として新設されます。
 
 基本報酬が減算されるなかで、通所介護においても認知症と中重度の対応が点数の面でも促進される改定内容となりました。
 
認知症加算(新規) ⇒ 60 単位/日
 
※ 算定要件等
○ 指定基準に規定する介護職員又は看護職員の員数に加え、介護職員又は看護職員を常勤換算方法で2以上確保していること。
○ 前年度又は算定日が属する月の前3月間の利用者の総数のうち、認知症高齢者の日常生活自立度III以上の利用者の占める割合が100 分の20 以上であること。
○ 指定通所介護を行う時間帯を通じて、専ら当該指定通所介護の提供に当たる認知症介護指導者研修、認知症介護実践リーダー研修、認知症介護実践者研修等を修了した者を1以上確保していること。
 
中重度者ケア体制加算(新規) ⇒ 45 単位/日
 
※ 算定要件等
○ 指定基準に規定する介護職員又は看護職員の員数に加え、介護職員又は看護職員を常勤換算方法で2以上確保していること。
○ 前年度又は算定日が属する月の前3月間の利用者の総数のうち、要介護3以上の利用者の占める割合が100 分の30 以上であること。
○ 指定通所介護を行う時間帯を通じて、専ら当該指定通所介護の提供に当たる看護職員を1以上確保していること。
?

 

-

関連記事

no image

要支援2の要件見直し

  今回の改定では、特定施設生活介護では、体制強化加算・認知症専門ケア加算が創設され、重度化への対応が期待されています。そのような流れのなかで、要支援2に対する要件が緩和されます。 &#16 …

no image

一安心!?デイサービス同一建物減算と送迎減算のダブル減算は適用されない!

通所系サービスにおいて、新たに送迎減算が設けられました。   改定内容は以下の通りです。 利用者に対して、その居宅と指定通所介護事業所との間の送迎を行わない場合は、片道につき47単位を所定単 …

no image

おさえておきたい医療・医療保険情報 No.3

介護・医療連携の推進に向けておさえておきたい医療・医療保険関連の最近の動きを紹介します。 来年度の厚労省予算は自然増の圧縮が課題に 厚生労働省は8月31日、12月下旬に決める来年度予算案の概算要求を財 …

no image

質の高いケアマネジメントを実施する事業所の評価の推進

 質の高いケアマネジメントを提供する事業所を評価するため、現在の「特定事業所加算(I) 500単位」、「特定事業所加算(II)300単位」が分割され、「特定事業所加算(I)500単位」、「特定事業所加 …

no image

心身機能訓練から生活行為向上訓練まで総合的に行う機能の強化

 通所介護においても利用者の居宅生活を考慮したサービス提供が求められるようになります。現在の「個別機能訓練加算」が要件が見直しされ、「居宅を訪問した上で計画を作成すること」が追加されることになります。 …