在宅生活の継続に資するサービスを提供している事業所の評価

投稿日:

 介護職員か看護職員を指定基準よりも常勤換算方法で多く配置している事業所に加算がつくようになります。認知症と中重度の要介護者対策の一環として行われています。認知症に対しては日常生活自立度III以上の利用者に対して「認知症加算」として新設され、中重度者ケア体制加算については、事業所の利用者全員に対して中重度者ケア体制加算として新設されます。
 
 基本報酬が減算されるなかで、通所介護においても認知症と中重度の対応が点数の面でも促進される改定内容となりました。
 
認知症加算(新規) ⇒ 60 単位/日
 
※ 算定要件等
○ 指定基準に規定する介護職員又は看護職員の員数に加え、介護職員又は看護職員を常勤換算方法で2以上確保していること。
○ 前年度又は算定日が属する月の前3月間の利用者の総数のうち、認知症高齢者の日常生活自立度III以上の利用者の占める割合が100 分の20 以上であること。
○ 指定通所介護を行う時間帯を通じて、専ら当該指定通所介護の提供に当たる認知症介護指導者研修、認知症介護実践リーダー研修、認知症介護実践者研修等を修了した者を1以上確保していること。
 
中重度者ケア体制加算(新規) ⇒ 45 単位/日
 
※ 算定要件等
○ 指定基準に規定する介護職員又は看護職員の員数に加え、介護職員又は看護職員を常勤換算方法で2以上確保していること。
○ 前年度又は算定日が属する月の前3月間の利用者の総数のうち、要介護3以上の利用者の占める割合が100 分の30 以上であること。
○ 指定通所介護を行う時間帯を通じて、専ら当該指定通所介護の提供に当たる看護職員を1以上確保していること。
?

 

-

関連記事

no image

中重度の要介護者の在宅生活を支える訪問看護体制の評価

 訪問看護における、もうひとつの中重度対応として、病院とクリニックからの訪問看護が促進され、基本報酬が増額されます。今後予想される看護師の不足を補うためにも、病院・クリニックにも訪問看護サービスの提供 …

no image

通所介護(大規模型・通常規模型)のサテライト事業所への移行

 小規模通所介護事業所が大規模型・通常規模型のサテライト事業所へ移行する場合には、 現行のサテライト事業所の取扱いに従って取り扱われることになります。指定居宅サービスに関する基準には、「事業者の指定は …

no image

集合住宅に居する利用者へのサービス提供の見直し

 集合住宅におけるサービス利用に関しては各サービスが包括化の流れにあります。訪問介護においては、訪問介護、訪問入浴介護、夜間対応型訪問介護、訪問看護及び訪問リハビリテーションについて、以下ような見直し …

no image

保険外サービスを考える

 保険外サービスを考える  介護給付費の増加に伴うように、シニア向けの市場は拡大しています。保険を入り口としながらも、事業者として独自の保険外サービスメニューを考え、保険と保険外を組み合わせ …

no image

養護老人ホームにおけるサービス提供のあり方の見直し【介護予防を含む】

 高齢者の増加の伴い、養護老人ホームの役割拡大が期待されています。個別に要介護者に対する訪問介護サービスを提供するだけではなく、施設自体に介護職員等を配置して、効率的なサービス提供ができる「一般型」に …