小規模多機能型居宅介護と広域型特別養護老人ホームとの併設

投稿日:

 小規模多機能型居宅介護事業所と広域型の特別養護老人ホームなどの社会福祉施設や介護老人保健施設との併設について、小規模多機能型居宅介護事業所の構造や運営状況等を踏まえた上で、市町村が個別に併設の可否を判断できるように見直されます。より地域での対応力が強化されるように事業所の規模が拡大していく傾向にあります。
 
 

-

関連記事

no image

介護予防支援に係る新総合事業の導入に伴う基本報酬の見直し

 総合事業の導入に伴い、基本報酬が評価されることになりました。指定介護事業者以外の主体者がサービスを行う事も前提とされているため、今後は予防プランにも様々な企画が求められていくでしょう。ボラ …

no image

看取り期における評価の充実

 小規模多機能居宅介護の在宅中重度者への対応強化を図るために、看取りに対する新規の加算が導入されます。看護職員配置加算(I)を算定していること、看護師と24 時間連絡できる体制がとれていること、看取り …

no image

多床室における居住費負担

  今回の改定では、一定の所得がある方が特養に入所する場合の、居住費負担が見直されることになりました。一定所得者には、現行の光熱水費相当分だけでなく、室料相当分の負担が求められます。 &#1 …

no image

通所介護と新総合事業における通所事業を一体的に実施する場合の人員等の基準上の取扱い

 通所介護事業者が、新総合事業における第一号通所事業を実施する場合の運営の基準がまとまりました。通所事業の類型に応じて、以下のとおりになります。   ○通所介護と「現行の通所介護相当のサービ …

no image

居宅介護支援における改定のポイント

 現在の認知症患者は約400万人(推定)ですが、10年後の2025年は700万人を超えるといわれています。このような時代背景を受けて、認知症対応が基本報酬に包括化されたことは居宅介護支援における改定の …