小規模多機能型居宅介護と広域型特別養護老人ホームとの併設

投稿日:

 小規模多機能型居宅介護事業所と広域型の特別養護老人ホームなどの社会福祉施設や介護老人保健施設との併設について、小規模多機能型居宅介護事業所の構造や運営状況等を踏まえた上で、市町村が個別に併設の可否を判断できるように見直されます。より地域での対応力が強化されるように事業所の規模が拡大していく傾向にあります。
 
 

-

関連記事

no image

小規模多機能型居宅介護のサテライト型事業所への移行に向けた経過措置

 小規模通所介護事業所が小規模多機能型居宅介護のサテライトに移行する際に、通所介護の機能しか持っていない施設が移行しやすいように、平成29年度末まで経過措置が設けられることになりました。しかしながら、 …

no image

送迎時における居宅内介助等の評価(通所介護、通所リハビリテーション、認知症対応型通所介護)

 通所介護事業者が送迎を行なうときに、居宅内での介助を行なうことは認識されていましたが、今回の改定では、この介助(電気の消灯・点灯、着替え、ベッドへの移乗、窓の施錠等)が所要時間に含まれることになりま …

no image

リハビリテーションマネジメントの強化

  今回の改定では、リハビリテーションにおけるマネジメントが大きく強化されることに期待されています。見直しの大きなポイントは「利用者主体の目標設定」、「他職種協働実現のための具体的な取り組み …

no image

重度療養管理加算の拡大

 中重度要介護者の積極的受け入れの観点から、重度療養管理加算の要件が見直され、対象者が要介護3まで拡大されます。   ※ 算定要件等(変更点のみ) ○ 対象者を要介護3まで拡大する。&#16 …

no image

おさえておきたい医療・医療保険情報 No.6

介護・医療連携の推進に向けておさえておきたい医療・医療保険関連の最近の動きを紹介します。 医療計画の報告書まとまる 来年度中に都道府県が策定 平成30年度からの第7次医療計画の策定に向けた厚生労働省の …