認知症対応型共同生活介護事業所との併設型における夜間の職員配置の緩和

投稿日:

  小規模多機能型居宅介護事業所と認知症対応型共同生活介護事業所が併設している場合、サービスの提供に影響がないことを前提として以下の要件において、兼務が認められることになります。

 
○小規模多機能の泊まり定員と認知症対応型共同生活介護事業所の1ユニットあたりの定 員の合計が9名以内であること。
○両施設が同一階に隣接していること。
 

-

関連記事

no image

中山間地域等における小規模多機能型居宅介護の推進

 小規模多機能型居宅介護は、「通い」「訪問」も実施していることから、中山間地域に住む利用者に対して、通常の事業の実施地域を越えて小規模多機能型居宅介護を提供する場合に、加算が新設されることになりました …

no image

在宅生活の継続に資するサービスを提供している事業所の評価

 介護職員か看護職員を指定基準よりも常勤換算方法で多く配置している事業所に加算がつくようになります。認知症と中重度の要介護者対策の一環として行われています。認知症に対しては日常生活自立度III以上の利 …

no image

要支援2の要件見直し

  今回の改定では、特定施設生活介護では、体制強化加算・認知症専門ケア加算が創設され、重度化への対応が期待されています。そのような流れのなかで、要支援2に対する要件が緩和されます。 &#16 …

no image

中重度者と認知症患者への対応強化

 ■認知症対応型共同生活介護  夜間における利用者の安全確保を更に推進する観点から、現在は評価の対象となっていない宿直職員による夜間の加配を新たに評価。   ・夜間支援体制加算(I …

no image

基本報酬の見直し

 介護事業経営実態調査における特別養護老人ホームの収支差をみてみると、平成17年には13.6%、平成20年には3.4%、平成23年には9.3%、平成26年には8.7%と推移しています。新聞一般紙などの …