事業開始時支援加算の見直し

投稿日:

 小規模多機能居宅介護における事業開始時支援加算の経過措置は2015年3月31日までとなっていました。予定通り廃止されることになりました。
 
事業開始時支援加算 500 単位/月 ⇒ 廃止
 

 

-

関連記事

no image

社会参加を維持できるサービス提供体制の評価

 訪問リハビリテーションを利用することにより、利用者のADL・IADLが向上し、社会への復帰や参加を維持できるような、質の高い訪問リハビリテーションを提供した場合、「社会参加支援加算(新設)」として評 …

no image

地域ケア会議における関係者間の情報共有

 今後の制度改正で介護保険上に位置づけた地域ケア会議において、個別のケアマネジメントの事例の提供の求めがあった場合には、協力するように求められます。今後は総合事業に関するプラン、認知症利用者 …

no image

地域連携の拠点としての機能の充実

 地域で高齢者ケアを支えていくため、通所介護施設は地域の連携拠点となるよう期待されています。生活相談員の相談業務の幅を広げられるように専従要件が緩和されることになりました。事業所内に限った利用者からの …

no image

通所介護と新総合事業における通所事業を一体的に実施する場合の人員等の基準上の取扱い

 通所介護事業者が、新総合事業における第一号通所事業を実施する場合の運営の基準がまとまりました。通所事業の類型に応じて、以下のとおりになります。   ○通所介護と「現行の通所介護相当のサービ …

no image

小規模多機能型居宅介護のサテライト型事業所への移行に向けた経過措置

 小規模通所介護事業所が小規模多機能型居宅介護のサテライトに移行する際に、通所介護の機能しか持っていない施設が移行しやすいように、平成29年度末まで経過措置が設けられることになりました。しかしながら、 …