同一建物に居住する者へのサービス提供に係る評価の見直し

投稿日:

 介護給付費分科会で報告された、サービス提供状況によると、1週間におけるサービスの提供時間は、戸建ての利用者で2,921分、集合住宅で2.501分、サ高住等で1,534分でした。また、利用者1人あたりの平均的なサービス提供回数は、1カ月(平成25年11月)で、「通い」17.0回、「訪問」10.5回、「宿泊」7.3回と報告されています。住居が有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅、旧高齢者専用賃貸住宅では、「訪問」の提供回数が多く、「宿泊」の提供回数は少ないという、戸建とは異なる傾向がみられています。
 
 このようなサービス提供の実態を踏まえて、現行の同一建物減算に替えて、同一建物居住者に対してサービスを行う場合の基本報酬を設ける案が採用されました。
 
■介護予防小規模多機能型居宅介護費(現行の制度)
要支援1 4,498 単位/月
要支援2 6,877 単位/月
 
■介護予防小規模多機能型居宅介護費(新しい制度)
1、t同一建物居住者する以外の登録者に対して行う場合
要支援1 3,403 単位/月
要支援2 8,047 単位/月
 
2、t同一建物居住者に対して行う場合
要支援1 3,066 単位/月
要支援2 6,196 単位/月
 
 
※ 算定要件等 
【同一建物居住者以外の登録者に対して行う場合】 
○小規模多機能型居宅介護の登録者が、当該小規模多機能型居宅介護事業所と同一 建物(養護老人ホーム、軽費老人ホーム、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅に限る。)以外の建物に居住する場合
 
【同一建物居住者に対して行う場合】 
○小規模多機能型居宅介護の登録者が、当該小規模多機能型居宅介護事業所と同一 建物(建物の定義は同上。)に居住する場合
 
 

 

-

関連記事

no image

おさえておきたい医療・医療保険情報 No.7

介護・医療連携の推進に向けておさえておきたい医療・医療保険関連の最近の動きを紹介します。 29年度政府予算案を提出 社会保障1,400億円抑制 政府は昨年12月22日に平成29年度予算案を閣議決定し、 …

no image

介護福祉士の配置率が重要になるサービス提供体制の強化

  介護の質をどのように向上するのか。それは各事業所でも常に課題にあがるテーマです。今回の介護報酬改定では、サービス提供体制において「介護福祉士」の配置割合が大きなポイントになりました。介護 …

no image

心身機能訓練から生活行為向上訓練まで総合的に行う機能の強化

 通所介護においても利用者の居宅生活を考慮したサービス提供が求められるようになります。現在の「個別機能訓練加算」が要件が見直しされ、「居宅を訪問した上で計画を作成すること」が追加されることになります。 …

no image

居宅介護支援事業所とサービス事業所の連携

 居宅サービス計画に沿った介護サービスが提供されるためには、各サービス事業所における個別サービス計画との連動性や整合性が必要との議論から、介護支援専門員は居宅サービス計画に位置付けた指定サービス事業所 …

no image

病院・診療所からの訪問看護の充実

 訪問看護における中重度の利用者対応として、サービス提供体制に新たな加算が設けられました。主な評価ポイントは、「電話等による常時対応や緊急時の訪問看護体制(緊急時訪問看護加算)」、「特別な管理を必要と …