同一建物に居住する者へのサービス提供に係る評価の見直し

投稿日:

 介護給付費分科会で報告された、サービス提供状況によると、1週間におけるサービスの提供時間は、戸建ての利用者で2,921分、集合住宅で2.501分、サ高住等で1,534分でした。また、利用者1人あたりの平均的なサービス提供回数は、1カ月(平成25年11月)で、「通い」17.0回、「訪問」10.5回、「宿泊」7.3回と報告されています。住居が有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅、旧高齢者専用賃貸住宅では、「訪問」の提供回数が多く、「宿泊」の提供回数は少ないという、戸建とは異なる傾向がみられています。
 
 このようなサービス提供の実態を踏まえて、現行の同一建物減算に替えて、同一建物居住者に対してサービスを行う場合の基本報酬を設ける案が採用されました。
 
■介護予防小規模多機能型居宅介護費(現行の制度)
要支援1 4,498 単位/月
要支援2 6,877 単位/月
 
■介護予防小規模多機能型居宅介護費(新しい制度)
1、t同一建物居住者する以外の登録者に対して行う場合
要支援1 3,403 単位/月
要支援2 8,047 単位/月
 
2、t同一建物居住者に対して行う場合
要支援1 3,066 単位/月
要支援2 6,196 単位/月
 
 
※ 算定要件等 
【同一建物居住者以外の登録者に対して行う場合】 
○小規模多機能型居宅介護の登録者が、当該小規模多機能型居宅介護事業所と同一 建物(養護老人ホーム、軽費老人ホーム、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅に限る。)以外の建物に居住する場合
 
【同一建物居住者に対して行う場合】 
○小規模多機能型居宅介護の登録者が、当該小規模多機能型居宅介護事業所と同一 建物(建物の定義は同上。)に居住する場合
 
 

 

-

関連記事

no image

小規模通所介護が今後打つ手とは?

小規模通所介護だけに固執しない    しかし、個人的におススメしたいのは小規模通所介護だけに固執するのではなく、他事業に積極的に打って出るという考え方をして頂ければと思います。 ここで言う他 …

no image

基本報酬の見直し

 介護事業経営実態調査における特別養護老人ホームの収支差をみてみると、平成17年には13.6%、平成20年には3.4%、平成23年には9.3%、平成26年には8.7%と推移しています。新聞一般紙などの …

no image

福祉用具における改定のポイント

 介護給付費分科会の中では福祉用具の報酬・基準について下記の2点が論点としてあげられています。   ○介護人材確保の観点から、介護従事者のイメージアップとして、ロボット介護が出来る、テクノジ …

no image

在宅・入所相互利用加算

 特別養護老人ホームは、重度者への対応も引き受けながら、地域住民の在宅生活の継続を支援する対応が求められています。今回改定では、「在宅・入所相互利用加算」に見直しが入り、在宅促進のために要件が緩和され …

no image

生活機能向上連携加算の拡大

 介護のおけるリハビリテーションの提供は「高齢者の心身の状況が低下した際、リハビリテーションが適切に提供されることにより、機能改善をし、生活が自立できるように支援する」という考え方がベースにあります。 …