同一建物に居住する者へのサービス提供に係る評価の見直し

投稿日:

 介護給付費分科会で報告された、サービス提供状況によると、1週間におけるサービスの提供時間は、戸建ての利用者で2,921分、集合住宅で2.501分、サ高住等で1,534分でした。また、利用者1人あたりの平均的なサービス提供回数は、1カ月(平成25年11月)で、「通い」17.0回、「訪問」10.5回、「宿泊」7.3回と報告されています。住居が有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅、旧高齢者専用賃貸住宅では、「訪問」の提供回数が多く、「宿泊」の提供回数は少ないという、戸建とは異なる傾向がみられています。
 
 このようなサービス提供の実態を踏まえて、現行の同一建物減算に替えて、同一建物居住者に対してサービスを行う場合の基本報酬を設ける案が採用されました。
 
■介護予防小規模多機能型居宅介護費(現行の制度)
要支援1 4,498 単位/月
要支援2 6,877 単位/月
 
■介護予防小規模多機能型居宅介護費(新しい制度)
1、t同一建物居住者する以外の登録者に対して行う場合
要支援1 3,403 単位/月
要支援2 8,047 単位/月
 
2、t同一建物居住者に対して行う場合
要支援1 3,066 単位/月
要支援2 6,196 単位/月
 
 
※ 算定要件等 
【同一建物居住者以外の登録者に対して行う場合】 
○小規模多機能型居宅介護の登録者が、当該小規模多機能型居宅介護事業所と同一 建物(養護老人ホーム、軽費老人ホーム、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅に限る。)以外の建物に居住する場合
 
【同一建物居住者に対して行う場合】 
○小規模多機能型居宅介護の登録者が、当該小規模多機能型居宅介護事業所と同一 建物(建物の定義は同上。)に居住する場合
 
 

 

-

関連記事

no image

リハビリテーションの基本理念

 今回の改定において、リハビリテーションに関する大きな見直しが入ったため、基本方針の規定が改定されることになりました。    「リハビリテーションは心身機能、活動、参加などの生活機能の維持・ …

no image

サービス提供責任者の配置基準等の見直し

 中重度の要介護者等に対する支援の観点から人員基準を上回る常勤のサービス提供責任者を配置した場合に新設される「特定事業所加算IV」によって加算がつきます。現在の加算Iと加算IIの要件である「訪問介護員 …

no image

小規模多機能における改定ポイント

  増える高齢者に対応するために、包括型で複合的なサービスを提供できる小規模多機能居型施設は多くの期待が寄せられています。今回の改定では、多くのサービス事業形態がマイナスになる中で、小規模多 …

no image

訪問看護ステーションにおけるリハビリテーションの見直し

 訪問看護におけるリハビリテーションは、看護業務の一環として位置づけられていますが、訪問リハビリテーション事業所からのサービス提供と内容が類似しているといった実態報告があります。このような背景を基に、 …

no image

養護老人ホームにおけるサービス提供のあり方の見直し【介護予防を含む】

 高齢者の増加の伴い、養護老人ホームの役割拡大が期待されています。個別に要介護者に対する訪問介護サービスを提供するだけではなく、施設自体に介護職員等を配置して、効率的なサービス提供ができる「一般型」に …