介護・障害福祉事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

同一建物に居住する者へのサービス提供に係る評価の見直し

投稿日:

 介護給付費分科会で報告された、サービス提供状況によると、1週間におけるサービスの提供時間は、戸建ての利用者で2,921分、集合住宅で2.501分、サ高住等で1,534分でした。また、利用者1人あたりの平均的なサービス提供回数は、1カ月(平成25年11月)で、「通い」17.0回、「訪問」10.5回、「宿泊」7.3回と報告されています。住居が有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅、旧高齢者専用賃貸住宅では、「訪問」の提供回数が多く、「宿泊」の提供回数は少ないという、戸建とは異なる傾向がみられています。
 
 このようなサービス提供の実態を踏まえて、現行の同一建物減算に替えて、同一建物居住者に対してサービスを行う場合の基本報酬を設ける案が採用されました。
 
■介護予防小規模多機能型居宅介護費(現行の制度)
要支援1 4,498 単位/月
要支援2 6,877 単位/月
 
■介護予防小規模多機能型居宅介護費(新しい制度)
1、t同一建物居住者する以外の登録者に対して行う場合
要支援1 3,403 単位/月
要支援2 8,047 単位/月
 
2、t同一建物居住者に対して行う場合
要支援1 3,066 単位/月
要支援2 6,196 単位/月
 
 
※ 算定要件等 
【同一建物居住者以外の登録者に対して行う場合】 
○小規模多機能型居宅介護の登録者が、当該小規模多機能型居宅介護事業所と同一 建物(養護老人ホーム、軽費老人ホーム、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅に限る。)以外の建物に居住する場合
 
【同一建物居住者に対して行う場合】 
○小規模多機能型居宅介護の登録者が、当該小規模多機能型居宅介護事業所と同一 建物(建物の定義は同上。)に居住する場合
 
 

 

関連記事

no image

20分未満の身体介護の見直し

 在宅における中重度の要介護者の支援促進のために「20分未満の身体介護」に大きな見直しがありました。日中利用についている現状の要件を緩和し、すべての訪問介護事業者において算定が可能(前回の訪問から2時 …

2月27日~6月30日の休暇が対象 学校の臨時休業に伴う助成金、申請受付スタート~事業主向け~

小学校等の臨時休業に伴う保護者の休暇取得支援のための新たな助成金 厚生労働省は、保護者である労働者の休職に伴う所得の減少に対応するため、労働基準法の年次有給休暇とは別に、有給の休暇を取得させた企業に対 …

no image

法定代理受領の同意書の廃止【地域密着型・介護予防を含む】

 現行制度では、有料老人ホームが介護報酬を代理受領する要件として「入居者からの同意書」が必要でしたが、老人福祉法の改正によってこの要件が撤廃されました。 

no image

福祉用具専門相談員の資質の向上

 現在、指定福祉用具貸与・販売事業所には常勤で2名以上の配置が義務づけられていますが、介護給付費分科会での報告では、実際の事業所における従事者は、近年3.5人前後で推移しています。相談員の資格取得状況 …

no image

居宅介護支援の実地指導vol.5~実地指導・監査の指導事例をご紹介~

居宅介護支援を経営・管理している皆様は、実地指導・監査の準備はお済でしょうか?ここでは、全国各地の自治体が公表している実地指導の指導事例をまとめています。皆様の事業所の所在地やお近くの地域で、どのよう …