介護・障害福祉事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

地域との連携の推進

投稿日:

 小規模多機能型居宅介護事業所が新総合事業を行う場合の取り扱いが決まりました。介護サービス(利用者の処遇)に支障がないことを前提として、管理者が新総合事業の訪問型サービスや通所型サービス等の職務と兼務することが可能になります。事業所の設備(居間及び食堂を除く)については、新総合事業の訪問型・通所型サービス等との共用が可能になります。
 
 今後は、小規模多機能居宅介護事業所が中心となって地域の介護予防に取り組む事例が増えることが予想されます。
 

 

関連記事

no image

人口減少・高齢化と介護の仕事

減る労働人口と雇用対策 昨年、内閣府が長期の労働力人口予測をまとめました。2013年に6577万人だった労働人口が2030年には5683万人、2060年には3795万人にまで減少すると予測しています。 …

no image

介護事業所従業員に関するマイナンバーの取り扱い方法

 Q、従業員などのマイナンバー(個人番号)は、いつまでに取得する必要がありますか?A、従業員にマイナンバーが通知されて以降マイナンバーの取得は可能ですが、マイナンバーを記載した法定調書などを …

no image

感染に関する相談窓口

新型コロナウイルス関連肺炎についての厚生労働省電話相談窓口 TEL:03-3595-2285 受付時間:9~21時(土日・祝日も実施) 新型コロナウイルスに関する帰国者・接触者相談センター 各都道府県 …

no image

短期集中リハビリテーション実施加算と個別リハビリテーション実施加算の見直し

 今回の改定において、個別リハビリテーション実施加算(80単位/回)が無くなる代わりに、基本報酬が加算され、短期集中個別リハビリテーション実施加算が見直しされることになりました。   【基本 …

no image

どっちがお得!?小規模デイサービスの地域密着型への移行orサテライト事業への移行

今改定において大きな報酬ダウンとなるデイサービス。 小規模デイサービスにおいては改定後のダウン率が7.6%~9.8%、それ以外のデイサービスにおいてもダウン率が5%前後ある形となっています。 &#16 …