地域との連携の推進

投稿日:

 小規模多機能型居宅介護事業所が新総合事業を行う場合の取り扱いが決まりました。介護サービス(利用者の処遇)に支障がないことを前提として、管理者が新総合事業の訪問型サービスや通所型サービス等の職務と兼務することが可能になります。事業所の設備(居間及び食堂を除く)については、新総合事業の訪問型・通所型サービス等との共用が可能になります。
 
 今後は、小規模多機能居宅介護事業所が中心となって地域の介護予防に取り組む事例が増えることが予想されます。
 

 

-

関連記事

no image

マイナンバー介護事業所におけるポイントと本特集について

平成27年10月からマイナンバーの通知が始まりました。 内閣府の知らせによると、原則として、市区町村から住民票に登録されている住所あてにマイナンバー(12桁)が記載された「通知カード」を送られています …

no image

おさえておきたい医療・医療保険情報 No.1

介護・医療連携の推進に向けておさえておきたい医療・医療保険関連の最近の動きを紹介します。 社会保障関係費の抑制で高額療養費など見直しへ 政府は来年度予算編成に向け、社会障関係費を抑制するための議論を進 …

no image

リハビリテーションマネジメントの強化

  今回の改定では、リハビリテーションにおけるマネジメントが大きく強化されることに期待されています。見直しの大きなポイントは「利用者主体の目標設定」、「他職種協働実現のための具体的な取り組み …

no image

送迎時における居宅内介助等の評価(通所介護、通所リハビリテーション、認知症対応型通所介護)

 通所介護事業者が送迎を行なうときに、居宅内での介助を行なうことは認識されていましたが、今回の改定では、この介助(電気の消灯・点灯、着替え、ベッドへの移乗、窓の施錠等)が所要時間に含まれることになりま …

no image

認知症短期集中リハビリテーションの充実

 現在の認知症集中リハビリテーションでは、身体機能へのアプローチである個別リハビリテーションと同様の体系となっています。今回の改定で、見当識や記憶などの認知機能の状態に合わせた実施内容が評価されるよう …