看護職員の配置要件、他の訪問看護事業所等との連携

投稿日:

 どこの地域でも看護師の不足には悩まされていると思います。今回の改定では、小規模多機能型居宅介護の看護職員が兼務可能な施設が緩和されます。兼務可能な施設・事業所の範囲として「同一敷地内又は隣接する施設・事業所」が追加され、兼務可能な施設・事業所の種別として介護老人福祉施設や介護老人保健施設などが加わります。ただし、留意事項として、利用者のケアに支障がでない範囲にある事業所でなければいけません。
 
また、看護人材確保の観点から、看護職員の配置加算(III)が新設されることになりました。常勤換算方法で1以上配置する場合について評価の対象となります。現在、看護職員配置加算の取得状況は(I)が26.2%、(II)が22.4%となっています。取得率は増加傾向にありますが、まだまだ常勤兼務や非常勤の看護職員が多数を占める状況となっています。
 
看護職員配置加算(III) (新規) ⇒ 480 単位/月
 
※ 算定要件等 
○看護職員を常勤換算方法で1名以上配置していること。
○定員超過利用、人員基準欠如に該当していないこと。 (注)看護職員配置加算(I)、(II)、(III)のうち複数を算定することはできないこと。
 

 

-

関連記事

no image

訪問介護における改定のポイント

 所要時間30分以上1時間未満地域包括ケアシステムの最大の目的は在宅生活の維持です。そして、その在宅生活のケアをサポートする中心は訪問介護事業者です。改定資料の中で「認知症高齢者や重度の要介護者の増加 …

no image

介護事業所従業員に関するマイナンバーの取り扱い方法

 Q、従業員などのマイナンバー(個人番号)は、いつまでに取得する必要がありますか?A、従業員にマイナンバーが通知されて以降マイナンバーの取得は可能ですが、マイナンバーを記載した法定調書などを …

no image

介護経営の専門家が語る!介護報酬改定後の事業所の動き

地域の中核的な介護事業者になるためには? 石塚 今後、介護保険サービスにおいて、在宅の要素は広がっていくと思いますが、地域の高齢者を包括的にみていくためには、医療と本格的に連携したところが中核になって …

no image

介護事業者は利用者のマイナンバーを集め、記録する必要はない/弁護士インタビュー

大原則として中身に触れなければ外側のカラは自由に扱えると考えることができます。これがマイナンバーと接するときの心構えとなります。要するに、中身(数字そのもの)がむき出しのときは警戒し、注意して扱いまし …

no image

訪問リハビリテーション及び通所リハビリテーションを同一事業者が提供する場合の運営の効率化

 今回の改定において、訪問と通所リハを同一事業者が提供する場合における基準に変更がったために、規定が改定されることになりました。   「リハビリテーション計画、リハビリテーションに関する利用 …