看護職員の配置要件、他の訪問看護事業所等との連携

投稿日:

 どこの地域でも看護師の不足には悩まされていると思います。今回の改定では、小規模多機能型居宅介護の看護職員が兼務可能な施設が緩和されます。兼務可能な施設・事業所の範囲として「同一敷地内又は隣接する施設・事業所」が追加され、兼務可能な施設・事業所の種別として介護老人福祉施設や介護老人保健施設などが加わります。ただし、留意事項として、利用者のケアに支障がでない範囲にある事業所でなければいけません。
 
また、看護人材確保の観点から、看護職員の配置加算(III)が新設されることになりました。常勤換算方法で1以上配置する場合について評価の対象となります。現在、看護職員配置加算の取得状況は(I)が26.2%、(II)が22.4%となっています。取得率は増加傾向にありますが、まだまだ常勤兼務や非常勤の看護職員が多数を占める状況となっています。
 
看護職員配置加算(III) (新規) ⇒ 480 単位/月
 
※ 算定要件等 
○看護職員を常勤換算方法で1名以上配置していること。
○定員超過利用、人員基準欠如に該当していないこと。 (注)看護職員配置加算(I)、(II)、(III)のうち複数を算定することはできないこと。
 

 

-

関連記事

no image

集合住宅に居する利用者へのサービス提供の見直し

 集合住宅におけるサービス利用に関しては各サービスが包括化の流れにあります。訪問介護においては、訪問介護、訪問入浴介護、夜間対応型訪問介護、訪問看護及び訪問リハビリテーションについて、以下ような見直し …

no image

おさえておきたい医療・医療保険情報 No.3

介護・医療連携の推進に向けておさえておきたい医療・医療保険関連の最近の動きを紹介します。 来年度の厚労省予算は自然増の圧縮が課題に 厚生労働省は8月31日、12月下旬に決める来年度予算案の概算要求を財 …

no image

リハビリテーションマネジメントの強化

  今回の改定では、リハビリテーションにおけるマネジメントが大きく強化されることに期待されています。見直しの大きなポイントは「利用者主体の目標設定」、「他職種協働実現のための具体的な取り組み …

no image

介護保険のメリットとサービスの種類

 介護保険サービスの体系  現在、介護保険のサービス体系は主に長期間の宿泊を伴う施設系サービスから、利用者の自宅でケアをする在宅系に分類することができます。下記の分類のほかには、小規模多機能 …

no image

一安心!?デイサービス同一建物減算と送迎減算のダブル減算は適用されない!

通所系サービスにおいて、新たに送迎減算が設けられました。   改定内容は以下の通りです。 利用者に対して、その居宅と指定通所介護事業所との間の送迎を行わない場合は、片道につき47単位を所定単 …