運営推進会議及び外部評価の効率化

投稿日:

 現在、小規模多機能型居宅介護を含む地域密着型サービスは年に1回以上の外部評価が義務付けられていますが、運営推進会議と外部評価は、「第三者による評価」という点で共通していることを踏まえ、事業所が自己評価した結果を運営推進会議に報告した上で、WAM-NETなどに公表する仕組みに変更されます。
 
全国小規模多機能型居宅介護事業者連絡会の調査によると、運営推進会議には、「利用者の家族」「地域住民の代表」「地域包括支援センターの職員」「市区町村職員」などの出席率が高く、運営推進会議の議題として、「事業所のサービス評価に関すること」がテーマにされたことが約6割となっています。
 

 

-

関連記事

no image

おさえておきたい医療・医療保険情報 No.5

介護・医療連携の推進に向けておさえておきたい医療・医療保険関連の最近の動きを紹介します。 医療事故調施行から1年 1割で患者の納得得られず 医療事故調査制度が始まって1年が経過した。医療事故調査・支援 …

no image

居宅事業所は今後どうあるべきか!?考える

居宅事業所のあり方は・・・ ご覧のように加算Iを取得しようと思えば主任介護支援専門員が1名→2名必要となっており、加算IIでは常勤の介護支援専門員が2名→3名必要となっています。 このようにハードルが …

no image

社会参加を維持できるサービス提供体制の評価

 訪問リハビリテーションを利用することにより、利用者のADL・IADLが向上し、社会への復帰や参加を維持できるような、質の高い訪問リハビリテーションを提供した場合、「社会参加支援加算(新設)」として評 …

no image

集合住宅に居する利用者へのサービス提供の見直し

 集合住宅におけるサービス利用に関しては各サービスが包括化の流れにあります。訪問介護においては、訪問介護、訪問入浴介護、夜間対応型訪問介護、訪問看護及び訪問リハビリテーションについて、以下ような見直し …

no image

心身機能訓練から生活行為向上訓練まで総合的に行う機能の強化

 通所介護においても利用者の居宅生活を考慮したサービス提供が求められるようになります。現在の「個別機能訓練加算」が要件が見直しされ、「居宅を訪問した上で計画を作成すること」が追加されることになります。 …