看取り期における評価の充実

投稿日:

 小規模多機能居宅介護の在宅中重度者への対応強化を図るために、看取りに対する新規の加算が導入されます。看護職員配置加算(I)を算定していること、看護師と24 時間連絡できる体制がとれていること、看取り期における対応方針を利用開始の際に、登録者または、家族に説明し同意を受けていることが条件になります。
 
看取り連携体制加算(新規) ⇒ 64 単位/日 
(死亡日から死亡日前 30 日以下まで)
 
※ 算定要件等 
(利用者の基準)
○医師が一般に認められている医学的知見に基づき回復の見込みがないと診断した者であること。 
○看取り期における対応方針に基づき、登録者の状態又は家族の求め等に応じ、介護職員、看護職員等から介護記録等入所者に関する記録を活用し行われるサービス についての説明を受け、同意した上でサービスを受けている者であること。
 
(施設基準)
○看護職員配置加算(I)(常勤の看護師を1名以上配置)を算定していること。 
○看護師との 24 時間連絡体制が確保されていること。 
○看取り期における対応方針を定め、利用開始の際に、登録又はその家族等に対して、説明し同意を得ていること。
 

 

-

関連記事

no image

訪問看護ステーションにおけるリハビリテーションの見直し

 訪問看護におけるリハビリテーションは、看護業務の一環として位置づけられていますが、訪問リハビリテーション事業所からのサービス提供と内容が類似しているといった実態報告があります。このような背景を基に、 …

no image

実践!訪問介護における対策ステップ!

 STEP3 売上アップの検討 そして最後に着手すべきは売上をあげることです。 もちろん、最初に売上をあげることに着手して頂いても構わないですが、売上をあげるということはその分の人件費、販促 …

no image

訪問リハビリテーション及び通所リハビリテーションを同一事業者が提供する場合の運営の効率化

 今回の改定において、訪問と通所リハを同一事業者が提供する場合における基準に変更がったために、規定が改定されることになりました。   「リハビリテーション計画、リハビリテーションに関する利用 …

no image

在宅・入所相互利用加算

 特別養護老人ホームは、重度者への対応も引き受けながら、地域住民の在宅生活の継続を支援する対応が求められています。今回改定では、「在宅・入所相互利用加算」に見直しが入り、在宅促進のために要件が緩和され …

no image

社会保障費の背景にあるもの

  段階世代が後期高齢者になる2025年に焦点を絞って改革が進められています。全体の社会保障費を下げながらケアの質を維持するためには、地域包括ケアシステムの精度を上げながら、医療依存度の高い …