登録定員等の緩和

投稿日:

 現在、小規模多機能型居宅介護の登録定員は25名以下と規定されていますが、29人以下に引き上げられます。登録定員が 26 人以上 29 人以下になった事業所には、現行の通いの利用定員「登録定員の1/2~15名」の上限が引き上げられ18名以下まで可能になります。ただし、居間及び食堂を合計した面積が、「利用者の処遇に支障がないと認められる広さが 確保されている場合」が条件になります。
 

 

-

関連記事

no image

中重度者と認知症患者への対応強化

 ■認知症対応型共同生活介護  夜間における利用者の安全確保を更に推進する観点から、現在は評価の対象となっていない宿直職員による夜間の加配を新たに評価。   ・夜間支援体制加算(I …

no image

どっちがお得!?小規模デイサービスの地域密着型への移行orサテライト事業への移行

今改定において大きな報酬ダウンとなるデイサービス。 小規模デイサービスにおいては改定後のダウン率が7.6%~9.8%、それ以外のデイサービスにおいてもダウン率が5%前後ある形となっています。 &#16 …

no image

認知症専門ケア加算の創設【地域密着型・介護予防を含む】

 認知症高齢者の増加に対するため、特定施設入居者生活介護でも積極的な受け入れが期待されています。受け入れ促進のために、「認知症専門ケア加算」が創設されます。   特定施設入居者生活介護におい …

no image

社会保障費の背景にあるもの

  段階世代が後期高齢者になる2025年に焦点を絞って改革が進められています。全体の社会保障費を下げながらケアの質を維持するためには、地域包括ケアシステムの精度を上げながら、医療依存度の高い …

no image

法定代理受領の同意書の廃止【地域密着型・介護予防を含む】

 現行制度では、有料老人ホームが介護報酬を代理受領する要件として「入居者からの同意書」が必要でしたが、老人福祉法の改正によってこの要件が撤廃されました。