介護・障害福祉事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

福祉用具における改定のポイント

投稿日:

 介護給付費分科会の中では福祉用具の報酬・基準について下記の2点が論点としてあげられています。
 
○介護人材確保の観点から、介護従事者のイメージアップとして、ロボット介護が出来る、テクノジストであるということが、リスペクトにつながる。
 
○ 女性や中高年の介護現場への参入ということも考えて、アシストスーツのようなものの導入も考えていただきたい。
 
経産省の方でも介護ロボットの導入加速に向けて動いています。介護現場で働く人の多くが腰痛で悩まされているという報告がある中、今後は現場の負担軽減に向けても福祉用具事業者の方たちの取り組みが期待されています。また、認知症の方に対応する対話型ロボットなどの研究開発にも期待が寄せられています。
 
 

 

関連記事

no image

保険外サービスを考える

>>介護人材不足・採用でお困りの法人担当者様向け、求人掲載(無料)のご案内詳細<< 目次1  保険外サービスを考える2 拡大するシニア市場の中で、保険外サービスを考える3 介護サービスの延長 …

no image

サービス提供体制強化加算の創設【地域密着型・介護予防を含む】

>>介護人材不足・採用でお困りの法人担当者様向け、求人掲載(無料)のご案内詳細<<   特別養護老人ホームにおける入居者制限が要介護度3に限定されたことから特定施設入居者生活介護1(サ高住) …

no image

介護サービス事業所で働く職員が注意すること

>>介護人材不足・採用でお困りの法人担当者様向け、求人掲載(無料)のご案内詳細<< 職場における注意点 ●職員、利用者のみならず、面会者や委託業者等、職員などと接触する可能性があると考えられる者含めて …

no image

納税が困難な場合の猶予制度(国税庁)

>>介護人材不足・採用でお困りの法人担当者様向け、求人掲載(無料)のご案内詳細<< 新型コロナウイルス感染症の影響により、納税が困難となった場合、1年以内の期間に限り、換価の猶予が認められる。次の要件 …

no image

新型コロナウイルス感染症特別貸付を創設(日本政策金融公庫)

>>介護人材不足・採用でお困りの法人担当者様向け、求人掲載(無料)のご案内詳細<< 日本政策金融公庫は3月17日に、「新型コロナウイルス感染症特別貸付」を創設しました。新型コロナウイルス感染症の影響で …