福祉用具における改定のポイント

投稿日:

 介護給付費分科会の中では福祉用具の報酬・基準について下記の2点が論点としてあげられています。
 
○介護人材確保の観点から、介護従事者のイメージアップとして、ロボット介護が出来る、テクノジストであるということが、リスペクトにつながる。
 
○ 女性や中高年の介護現場への参入ということも考えて、アシストスーツのようなものの導入も考えていただきたい。
 
経産省の方でも介護ロボットの導入加速に向けて動いています。介護現場で働く人の多くが腰痛で悩まされているという報告がある中、今後は現場の負担軽減に向けても福祉用具事業者の方たちの取り組みが期待されています。また、認知症の方に対応する対話型ロボットなどの研究開発にも期待が寄せられています。
 
 

 

-

関連記事

no image

20分未満の身体介護の見直し

 在宅における中重度の要介護者の支援促進のために「20分未満の身体介護」に大きな見直しがありました。日中利用についている現状の要件を緩和し、すべての訪問介護事業者において算定が可能(前回の訪問から2時 …

no image

集合住宅に居住する利用者へのサービス提供

 集合住宅におけるサービス利用に関しては各サービスが包括化の流れにあります。訪問介護、訪問入浴介護、夜間対応型訪問介護、訪問看護及び訪問リハビリテーションについて、以下の見直しが入りました。 &#16 …

no image

活動と参加に焦点を当てた新たな評価体系の導入

  今回の改定により「生活行為向上リハビリテーション実施加算」が新設されます。ケアマネから通所リハビリテーションが必要と判断された場合か、肺炎などの症状があって、医師が認めた利用者に対してサ …

no image

公平・中立性の確保の推進

ケアマネジメントの質を確保する観点から、正当な理由のない特定の事業所へのサービスの偏りの割合が80%以上である場合に減算となります。   いままでの要件では90%となっていた割合を80%に引 …

no image

多床室における居住費負担

  今回の改定では、一定の所得がある方が特養に入所する場合の、居住費負担が見直されることになりました。一定所得者には、現行の光熱水費相当分だけでなく、室料相当分の負担が求められます。 &#1 …