福祉用具における改定のポイント

投稿日:

 介護給付費分科会の中では福祉用具の報酬・基準について下記の2点が論点としてあげられています。
 
○介護人材確保の観点から、介護従事者のイメージアップとして、ロボット介護が出来る、テクノジストであるということが、リスペクトにつながる。
 
○ 女性や中高年の介護現場への参入ということも考えて、アシストスーツのようなものの導入も考えていただきたい。
 
経産省の方でも介護ロボットの導入加速に向けて動いています。介護現場で働く人の多くが腰痛で悩まされているという報告がある中、今後は現場の負担軽減に向けても福祉用具事業者の方たちの取り組みが期待されています。また、認知症の方に対応する対話型ロボットなどの研究開発にも期待が寄せられています。
 
 

 

-

関連記事

no image

訪問看護ステーションにおけるリハビリテーションの見直し

 訪問看護におけるリハビリテーションは、看護業務の一環として位置づけられていますが、訪問リハビリテーション事業所からのサービス提供と内容が類似しているといった実態報告があります。このような背景を基に、 …

no image

介護事業所従業員に関するマイナンバーの取り扱い方法

 Q、従業員などのマイナンバー(個人番号)は、いつまでに取得する必要がありますか?A、従業員にマイナンバーが通知されて以降マイナンバーの取得は可能ですが、マイナンバーを記載した法定調書などを …

no image

地域ケア会議における関係者間の情報共有

 今後の制度改正で介護保険上に位置づけた地域ケア会議において、個別のケアマネジメントの事例の提供の求めがあった場合には、協力するように求められます。今後は総合事業に関するプラン、認知症利用者 …

no image

人口減少・高齢化と介護の仕事

減る労働人口と雇用対策 昨年、内閣府が長期の労働力人口予測をまとめました。2013年に6577万人だった労働人口が2030年には5683万人、2060年には3795万人にまで減少すると予測しています。 …

no image

社会参加を維持できるサービス提供体制の評価

 訪問リハビリテーションを利用することにより、利用者のADL・IADLが向上し、社会への復帰や参加を維持できるような、質の高い訪問リハビリテーションを提供した場合、「社会参加支援加算(新設)」として評 …