福祉用具における改定のポイント

投稿日:

 介護給付費分科会の中では福祉用具の報酬・基準について下記の2点が論点としてあげられています。
 
○介護人材確保の観点から、介護従事者のイメージアップとして、ロボット介護が出来る、テクノジストであるということが、リスペクトにつながる。
 
○ 女性や中高年の介護現場への参入ということも考えて、アシストスーツのようなものの導入も考えていただきたい。
 
経産省の方でも介護ロボットの導入加速に向けて動いています。介護現場で働く人の多くが腰痛で悩まされているという報告がある中、今後は現場の負担軽減に向けても福祉用具事業者の方たちの取り組みが期待されています。また、認知症の方に対応する対話型ロボットなどの研究開発にも期待が寄せられています。
 
 

 

-

関連記事

no image

介護事業者は利用者のマイナンバーを集め、記録する必要はない/弁護士インタビュー

大原則として中身に触れなければ外側のカラは自由に扱えると考えることができます。これがマイナンバーと接するときの心構えとなります。要するに、中身(数字そのもの)がむき出しのときは警戒し、注意して扱いまし …

no image

同一建物に居住する者へのサービス提供に係る評価の見直し

 介護給付費分科会で報告された、サービス提供状況によると、1週間におけるサービスの提供時間は、戸建ての利用者で2,921分、集合住宅で2.501分、サ高住等で1,534分でした。また、利用者1人あたり …

no image

短期集中リハビリテーション加算と個別リハビリテーションの見直し

 「短期集中リハビリテーション実施加算」に見直しが入りました。リハビリテーションマネジメント加算が個別化したことにより、早期かつ集中的な介入を行う部分について評価が平準化されることになります。 &#1 …

no image

地域密着型通所介護に係る基準の創設

 平成28年度に地域密着型通所介護が創設されますが、基本報酬については小規模型通所介護が踏襲されることになります。 現在の小規模型通所介護事業所が地域密着型に移行した際には、新たに運営推進会議の設置を …

no image

どっちがお得!?小規模デイサービスの地域密着型への移行orサテライト事業への移行

今改定において大きな報酬ダウンとなるデイサービス。 小規模デイサービスにおいては改定後のダウン率が7.6%~9.8%、それ以外のデイサービスにおいてもダウン率が5%前後ある形となっています。 &#16 …