福祉用具専門相談員の資質の向上

投稿日:

 現在、指定福祉用具貸与・販売事業所には常勤で2名以上の配置が義務づけられていますが、介護給付費分科会での報告では、実際の事業所における従事者は、近年3.5人前後で推移しています。相談員の資格取得状況をみると、約78%が指定講習会(40時間)修了者でした。
 
 2015年4月から福祉用具専門相談員指定講習カリキュラムが見直しされ、習得に必要な時間が10時間増加します。新たに福祉用具に参入する方たちは多くの勉強時間が担保されます。
 
 このような背景を受けて、現に従事している福祉用具専門相談員に対して、自己研鑽の努力義務が求められることになります。職場内での研修では下記のような内容が実施されています。
 
 
 
福祉用具の操作方法
最新の商品知識
福祉用具専門相談員の倫理と法令遵守
福祉用具の選定(アセスメント)技術
認知症への理解
サービス計画書の理解・作成・運用
フィッティング技術
苦情・事故対応の方法
住環境に関する知識
生活場面における福祉用具の利用 など
 
 

 

-

関連記事

no image

介護事業者は利用者のマイナンバーを集め、記録する必要はない/弁護士インタビュー

大原則として中身に触れなければ外側のカラは自由に扱えると考えることができます。これがマイナンバーと接するときの心構えとなります。要するに、中身(数字そのもの)がむき出しのときは警戒し、注意して扱いまし …

no image

居宅事業所は今後どうあるべきか!?考える

居宅事業所のあり方は・・・ ご覧のように加算Iを取得しようと思えば主任介護支援専門員が1名→2名必要となっており、加算IIでは常勤の介護支援専門員が2名→3名必要となっています。 このようにハードルが …

no image

活動と参加に焦点を当てた新たな評価体系の導入

  今回の改定により「生活行為向上リハビリテーション実施加算」が新設されます。ケアマネから通所リハビリテーションが必要と判断された場合か、肺炎などの症状があって、医師が認めた利用者に対してサ …

no image

公平・中立性の確保の推進

ケアマネジメントの質を確保する観点から、正当な理由のない特定の事業所へのサービスの偏りの割合が80%以上である場合に減算となります。   いままでの要件では90%となっていた割合を80%に引 …

no image

在宅生活の継続に資するサービスを提供している事業所の評価

 介護職員か看護職員を指定基準よりも常勤換算方法で多く配置している事業所に加算がつくようになります。認知症と中重度の要介護者対策の一環として行われています。認知症に対しては日常生活自立度III以上の利 …