福祉用具専門相談員の資質の向上

投稿日:

 現在、指定福祉用具貸与・販売事業所には常勤で2名以上の配置が義務づけられていますが、介護給付費分科会での報告では、実際の事業所における従事者は、近年3.5人前後で推移しています。相談員の資格取得状況をみると、約78%が指定講習会(40時間)修了者でした。
 
 2015年4月から福祉用具専門相談員指定講習カリキュラムが見直しされ、習得に必要な時間が10時間増加します。新たに福祉用具に参入する方たちは多くの勉強時間が担保されます。
 
 このような背景を受けて、現に従事している福祉用具専門相談員に対して、自己研鑽の努力義務が求められることになります。職場内での研修では下記のような内容が実施されています。
 
 
 
福祉用具の操作方法
最新の商品知識
福祉用具専門相談員の倫理と法令遵守
福祉用具の選定(アセスメント)技術
認知症への理解
サービス計画書の理解・作成・運用
フィッティング技術
苦情・事故対応の方法
住環境に関する知識
生活場面における福祉用具の利用 など
 
 

 

-

関連記事

no image

中重度の要介護者の在宅生活を支える訪問看護体制の評価

 訪問看護における、もうひとつの中重度対応として、病院とクリニックからの訪問看護が促進され、基本報酬が増額されます。今後予想される看護師の不足を補うためにも、病院・クリニックにも訪問看護サービスの提供 …

no image

社会参加を維持できるサービス等へ移行する体制の評価

 生活行為向上リハビリテーション加算と同様に、ADL・IADL の向上を促進する体制が整っている事業所には社会参加支援加算(新設)がつきます。   介護給付費分科会で提示された「通所サービス …

no image

集合住宅に居する利用者へのサービス提供の見直し

 集合住宅におけるサービス利用に関しては各サービスが包括化の流れにあります。訪問介護においては、訪問介護、訪問入浴介護、夜間対応型訪問介護、訪問看護及び訪問リハビリテーションについて、以下ような見直し …

no image

地域との連携の推進

 小規模多機能型居宅介護事業所が新総合事業を行う場合の取り扱いが決まりました。介護サービス(利用者の処遇)に支障がないことを前提として、管理者が新総合事業の訪問型サービスや通所型サービス等の職務と兼務 …

no image

どうする?介護職員処遇改善加算の取り扱い

 今改定において介護人材確保対策の推進の1つとして、「介護職員処遇改善加算の更なる充実」を掲げ、月当たり1.2万円相当 改定率+1.65%という形を打ち出しました。   処遇をされ …