訪問介護における改定のポイント

投稿日:

 所要時間30分以上1時間未満地域包括ケアシステムの最大の目的は在宅生活の維持です。そして、その在宅生活のケアをサポートする中心は訪問介護事業者です。改定資料の中で「認知症高齢者や重度の要介護者の増加と対応」が繰り返される中で、訪問介護は在宅での限界点がどこまで高められるのか期待されています。

t
在宅ケアのサポート体制の強化として、特徴的だった改定内容としては、24時間365日体制を構築した定期巡回・随時対応型訪問介護・看護による「総合マネジメント体制強化加算(1000単位/月)」の新設があげられます。地域の見守りをするための体制強化が進められようとしています。また、今回の制度改正で全体的に基本報酬が下げられ、訪問介護においても下記のような身体介護、生活援助などについて下記のような見直しが入りました。
 
(身体介護中心)
・所要時間20分未満t
   171単位 → 165単位
・所要時間20分以上30分未満
t255単位 → 245単位
t404単位 → 388単位

(生活援助中心)

・所要時間20分以上45分未満
t191単位 → 183単位
・所要時間45分以上t
t236単位 → 225単位

(通院等乗降介助)tt

t101単位 → 97単位
 
しかし、これに対応するように日中の20分未満の身体介護における要件緩和があります。将来的には定期巡回への移行重度の方に対応するよう、できるだけこまめに訪問できるような改定となっています。この他には生活機能維持・向上、家族介護者の負担軽減などが評価の対象になっています。 

-

関連記事

no image

リハビリテーションを提供する事業者に係る運営基準

 今回の改定において、リハビリテーションの運営基準に大きな見直しが入ったため、規定が改定されることになりました。    「訪問・通所リハビリテーションを提供する事業者は、介護支援専門員や各指 …

no image

病院・診療所からの訪問看護の充実

 訪問看護における中重度の利用者対応として、サービス提供体制に新たな加算が設けられました。主な評価ポイントは、「電話等による常時対応や緊急時の訪問看護体制(緊急時訪問看護加算)」、「特別な管理を必要と …

no image

公平・中立性の確保の推進

ケアマネジメントの質を確保する観点から、正当な理由のない特定の事業所へのサービスの偏りの割合が80%以上である場合に減算となります。   いままでの要件では90%となっていた割合を80%に引 …

no image

どうする?デイサービスにおける看護職員さん配置緩和について

今改定においてデイサービスにおける看護職員さんの配置緩和が決まりました。   内容としては、以下のいずれの要件も満たしている場合については、看護職員が確保されているものとするとなっています。 …

no image

質の高いケアマネジメントを実施する事業所の評価の推進

 質の高いケアマネジメントを提供する事業所を評価するため、現在の「特定事業所加算(I) 500単位」、「特定事業所加算(II)300単位」が分割され、「特定事業所加算(I)500単位」、「特定事業所加 …