集合住宅に居する利用者へのサービス提供の見直し

投稿日:

 集合住宅におけるサービス利用に関しては各サービスが包括化の流れにあります。訪問介護においては、訪問介護、訪問入浴介護、夜間対応型訪問介護、訪問看護及び訪問リハビリテーションについて、以下ような見直しが入りました。

 
(ア)事業所と同一敷地内又は隣接する敷地内の建物(養護老人ホーム、軽費老人ホーム、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅に限る。)に居住する利用者を訪問する場合は、当該建物に居住する人数に関わらず、当該利用者に対する報酬を減算する。
 
(イ)上記以外の建物(建物の定義は同上)に居住する利用者を訪問する場合は、当該建物に居住する利用者が一定数以上であるものについて、新たに減算する。
 
 
※ 算定要件等
○ 集合住宅の居住者にサービス提供する場合に減算対象となる利用者は以下のとおりとする。
・ 事業所と同一敷地内又は隣接する敷地内に所在する建物(養護老人ホーム、軽費老人ホーム、
有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅に限る。)に居住する者
・ 上記以外の範囲に所在する建物(建物の定義は同上)に居住する者(当該建物に居住する利用者の人数が1月あたり20人以上の場合)
 

-

関連記事

no image

リハビリにおけるマネジメトの強化

 ○ リハビリテーションマネジメント加算(II)  (1) リハビリテーション会議を開催し、利用者の状況等に関する情報を、会議の構成員である医師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士 …

no image

障害者生活支援体制加算

  現状の「障害者生活支援員に係る加算」は重度の視覚障害・聴覚障害・言語機能障害・知的障害のある入所者へのケアを評価するものとなっています。いままでは、精神障害のある入所者へのケアは評価の対 …

no image

どうする?新しい総合事業に参入するべきか、否か?

  事業者さんとして気になるところは、以下の2点だと思います。 1.t要支援の方へのサービスが継続できるかどうか 2.t自社として総合事業に参入すべきかどうか   1.現行の要支援 …

no image

送迎時における居宅内介助等の評価(通所介護、通所リハビリテーション、認知症対応型通所介護)

 通所介護事業者が送迎を行なうときに、居宅内での介助を行なうことは認識されていましたが、今回の改定では、この介助(電気の消灯・点灯、着替え、ベッドへの移乗、窓の施錠等)が所要時間に含まれることになりま …

no image

どっちがお得!?小規模デイサービスの地域密着型への移行orサテライト事業への移行

今改定において大きな報酬ダウンとなるデイサービス。 小規模デイサービスにおいては改定後のダウン率が7.6%~9.8%、それ以外のデイサービスにおいてもダウン率が5%前後ある形となっています。 &#16 …