短期集中リハビリテーション加算と個別リハビリテーションの見直し

投稿日:

 「短期集中リハビリテーション実施加算」に見直しが入りました。リハビリテーションマネジメント加算が個別化したことにより、早期かつ集中的な介入を行う部分について評価が平準化されることになります。

 
(現行制度)
退院(所)日又は認定日から起算して
1月以内 340 単位/日t               
 
退院(所)日又は認定日から起算して
1月超3月以内 200 単位/日
 
(移行後)
退院(所)日又は認定日から起算して
3月以内 200 単位/日
 
 
※ 算定要件等(変更点のみ)
 
○ リハビリテーションマネジメント加算(I)又は(II)を算定していること。 

-

関連記事

no image

介護事業所従業員に関するマイナンバーの取り扱い方法

 Q、従業員などのマイナンバー(個人番号)は、いつまでに取得する必要がありますか?A、従業員にマイナンバーが通知されて以降マイナンバーの取得は可能ですが、マイナンバーを記載した法定調書などを …

no image

重度療養管理加算の拡大

 中重度要介護者の積極的受け入れの観点から、重度療養管理加算の要件が見直され、対象者が要介護3まで拡大されます。   ※ 算定要件等(変更点のみ) ○ 対象者を要介護3まで拡大する。&#16 …

no image

居宅事業所は今後どうあるべきか!?考える

居宅事業所のあり方は・・・ ご覧のように加算Iを取得しようと思えば主任介護支援専門員が1名→2名必要となっており、加算IIでは常勤の介護支援専門員が2名→3名必要となっています。 このようにハードルが …

no image

事業開始時支援加算の見直し

 小規模多機能居宅介護における事業開始時支援加算の経過措置は2015年3月31日までとなっていました。予定通り廃止されることになりました。   事業開始時支援加算 500 単位/月 ⇒ 廃止 …

no image

登録定員等の緩和

 現在、小規模多機能型居宅介護の登録定員は25名以下と規定されていますが、29人以下に引き上げられます。登録定員が 26 人以上 29 人以下になった事業所には、現行の通いの利用定員「登録定員の1/2 …