短期集中リハビリテーション加算と個別リハビリテーションの見直し

投稿日:

 「短期集中リハビリテーション実施加算」に見直しが入りました。リハビリテーションマネジメント加算が個別化したことにより、早期かつ集中的な介入を行う部分について評価が平準化されることになります。

 
(現行制度)
退院(所)日又は認定日から起算して
1月以内 340 単位/日t               
 
退院(所)日又は認定日から起算して
1月超3月以内 200 単位/日
 
(移行後)
退院(所)日又は認定日から起算して
3月以内 200 単位/日
 
 
※ 算定要件等(変更点のみ)
 
○ リハビリテーションマネジメント加算(I)又は(II)を算定していること。 

-

関連記事

no image

法定代理受領の同意書の廃止【地域密着型・介護予防を含む】

 現行制度では、有料老人ホームが介護報酬を代理受領する要件として「入居者からの同意書」が必要でしたが、老人福祉法の改正によってこの要件が撤廃されました。 

no image

介護保険の財政における課題

利用者の増加と費用の抑制  税収を担保する方法として、介護保険法の改正により平成27年8月から利用者負担が1割から2割(利用者世帯の収入制限あり)に引き上げられます。医療費の負担が1割だった時代を覚え …

no image

おさえておきたい医療・医療保険情報 No.1

介護・医療連携の推進に向けておさえておきたい医療・医療保険関連の最近の動きを紹介します。 社会保障関係費の抑制で高額療養費など見直しへ 政府は来年度予算編成に向け、社会障関係費を抑制するための議論を進 …

no image

一安心!?デイサービス同一建物減算と送迎減算のダブル減算は適用されない!

通所系サービスにおいて、新たに送迎減算が設けられました。   改定内容は以下の通りです。 利用者に対して、その居宅と指定通所介護事業所との間の送迎を行わない場合は、片道につき47単位を所定単 …

no image

地域連携の拠点としての機能の充実

 地域で高齢者ケアを支えていくため、通所介護施設は地域の連携拠点となるよう期待されています。生活相談員の相談業務の幅を広げられるように専従要件が緩和されることになりました。事業所内に限った利用者からの …