短期集中リハビリテーション加算と個別リハビリテーションの見直し

投稿日:

 「短期集中リハビリテーション実施加算」に見直しが入りました。リハビリテーションマネジメント加算が個別化したことにより、早期かつ集中的な介入を行う部分について評価が平準化されることになります。

 
(現行制度)
退院(所)日又は認定日から起算して
1月以内 340 単位/日t               
 
退院(所)日又は認定日から起算して
1月超3月以内 200 単位/日
 
(移行後)
退院(所)日又は認定日から起算して
3月以内 200 単位/日
 
 
※ 算定要件等(変更点のみ)
 
○ リハビリテーションマネジメント加算(I)又は(II)を算定していること。 

-

関連記事

no image

介護保険のメリットとサービスの種類

 介護保険サービスの体系  現在、介護保険のサービス体系は主に長期間の宿泊を伴う施設系サービスから、利用者の自宅でケアをする在宅系に分類することができます。下記の分類のほかには、小規模多機能 …

no image

日常生活継続支援加算

  今後は介護施設としての役割が、サ高住が要介護1・2、特養が要介護3以上のように、差別化が進んでいくと思われます。特別養護老人ホームの入所者が要介護3以上になることを踏まえて、重度者の受け …

no image

認知症短期集中リハビリテーションの充実

 現在の認知症集中リハビリテーションでは、身体機能へのアプローチである個別リハビリテーションと同様の体系となっています。今回の改定で、見当識や記憶などの認知機能の状態に合わせた実施内容が評価されるよう …

no image

短期利用(ショートステイ)の要件緩和【地域密着型を含む】

 利用者のニーズを受け入れられるように、特定施設入居者生活介護における短期利用の要件が緩和されます。現行の入居率80%が撤廃され、開設後3年経過の要件が事業者の経験評価方式に変更され、3年未満の事業者 …

no image

居宅介護支援事業所とサービス事業所の連携

 居宅サービス計画に沿った介護サービスが提供されるためには、各サービス事業所における個別サービス計画との連動性や整合性が必要との議論から、介護支援専門員は居宅サービス計画に位置付けた指定サービス事業所 …