介護・障害福祉事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

リハビリにおけるマネジメトの強化

投稿日:

更新日:

 ○ リハビリテーションマネジメント加算(II)

 (1) リハビリテーション会議を開催し、利用者の状況等に関する情報を、会議の構成員である医師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、居宅介護支援専門員、居宅サービス計画に位置づけられた指定居宅サービス等の担当者、その他関係者と共有し、当該リハビリテーション会議の内容を記録すること。

(2) 訪問リハビリテーション計画について、医師が利用者又はその家族に対して説明し、利用者の同意を得ること。

(3) 3 月に 1 回以上、リハビリテーション会議を開催し、利用者の状態の変化に応じ、訪問リハビリテーション計画を見直していること。

(4) 指定訪問リハビリテーション事業所の理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が、介護支援専門員に対し、リハビリテーションに関する専門的な見地から、利用者の有する能力、自立のために必要な支援方法及び日常生活上の留意点に関する情報提供を行うこと。

(5) 以下のいずれかに適合すること。

1. 指定訪問リハビリテーション事業所の理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が、指定訪問介護等の指定居宅サービスに係る従業者と利用者の居宅を訪問し、当該従業者に対し、リハビリテーションに関する専門的な見地から、介護の工夫に関する指導及び日常生活上の留意点に関する助言を行うこと。
2. 指定訪問リハビリテーション事業所の理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が、指定訪問リハビリテーションの利用者の居宅を訪問し、その家族に、リハビリテーションに関する専門的な見地から、介護の工夫に関する指導及び日常生活上の留意点に関する助言を行うこと。

(6) (1)から(5)までに適合することを確認し、記録すること。

関連記事

no image

集合住宅に居する利用者へのサービス提供の見直し

 集合住宅におけるサービス利用に関しては各サービスが包括化の流れにあります。訪問介護においては、訪問介護、訪問入浴介護、夜間対応型訪問介護、訪問看護及び訪問リハビリテーションについて、以下ような見直し …

no image

どうなる?市境における小規模デイサービスが地域密着型へと移行した場合の利用者さまの取り扱い

今改定において平成28年度より地域密着型通所介護が創設されることとなりました。 これを受けて、小規模デイサービス(定員18名以下)は平成28年4月より地域密着型事業へ移行することが決まりました。(大規 …

no image

老健の休業等による基本報酬等の指標について

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、入所・退所の停止等を行った場合についてQ&Aをご紹介します。自治体によって「柔軟な対応」の詳細が異なる場合がありますので、該当になる場合は自 …

no image

訪問リハビリテーション及び通所リハビリテーションを同一事業者が提供する場合の運営の効率化

 今回の改定において、訪問と通所リハを同一事業者が提供する場合における基準に変更がったために、規定が改定されることになりました。    「リハビリテーション計画、リハビリテーションに関する利 …

no image

病院・診療所からの訪問看護の充実

 訪問看護における中重度の利用者対応として、サービス提供体制に新たな加算が設けられました。主な評価ポイントは、「電話等による常時対応や緊急時の訪問看護体制(緊急時訪問看護加算)」、「特別な管理を必要と …