介護・障害福祉事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

生活機能向上連携加算の拡大

投稿日:

 介護のおけるリハビリテーションの提供は「高齢者の心身の状況が低下した際、リハビリテーションが適切に提供されることにより、機能改善をし、生活が自立できるように支援する」という考え方がベースにあります。
 
現状では、自立支援を促すようなリハビリテーションが十分に提供されていないという認識から、サービス提供責任者のマネジメント業務を評価する方向に改定されます。具体的には、訪問リハビリテーションを行った際にサービス提供責任者が同行して、リハの専門職と共同して、利用者の身体の状況等の評価をした場合に「生活機能向上連加算」の対象となります。
 

関連記事

no image

質の高いケアマネジメントを実施する事業所の評価の推進

 質の高いケアマネジメントを提供する事業所を評価するため、現在の「特定事業所加算(I) 500単位」、「特定事業所加算(II)300単位」が分割され、「特定事業所加算(I)500単位」、「特定事業所加 …

no image

新型コロナウイルス関連の介護保険最新情報・事務連絡一覧(更新順)

高齢者施設における新型コロナウイルス感染者発生時の検査体制について (8月7日介護保険最新情報 Vol.866) 「新型コロナウイルス感染症に係る介護サービス事業所等に対するサービス継続支援事業」及び …

no image

介護予防支援に係る新総合事業の導入に伴う基本報酬の見直し

 総合事業の導入に伴い、基本報酬が評価されることになりました。指定介護事業者以外の主体者がサービスを行う事も前提とされているため、今後は予防プランにも様々な企画が求められていくでしょう。ボラ …

no image

訪問介護における改定のポイント

  所要時間30分以上1時間未満地域包括ケアシステムの最大の目的は在宅生活の維持です。そして、その在宅生活のケアをサポートする中心は訪問介護事業者です。改定資料の中で「認知症高齢者や重度の要 …

no image

居宅介護支援における改定のポイント

 現在の認知症患者は約400万人(推定)ですが、10年後の2025年は700万人を超えるといわれています。このような時代背景を受けて、認知症対応が基本報酬に包括化されたことは居宅介護支援における改定の …