訪問介護員2級課程修了者であるサービス提供責任者に係る減算の取扱い

投稿日:

 ヘルパー2級の方がサービス提供責任者の場合には、減算率が引き上げられることになりました。

 
所定単位数×90/100単位数  →  所定単位数×70/100単位数 
 
平成24年度の改定から10%の減算が行なわれていましたが、4月から30%に引き上げられ、予定では平成30年度に廃止することになっています。しかし、減算が適用される訪問介護事業所が、人員基準を満たす他の訪問介護事業所のサテライトになる場合は、平成29 年度末までの間、減算は適用されない経過措置がとられることになります。介護給付費分科会の資料によると、全事業所のうちヘルパー2級がサービス提供責任者の割合は9%程度と報告されています。
 

-

関連記事

no image

小規模多機能型居宅介護のサテライト型事業所への移行に向けた経過措置

 小規模通所介護事業所が小規模多機能型居宅介護のサテライトに移行する際に、通所介護の機能しか持っていない施設が移行しやすいように、平成29年度末まで経過措置が設けられることになりました。しかしながら、 …

no image

介護事業所|在宅でのマイナンバー取扱い

在宅ケアの場合は、もちろん利用者さんの自宅に書留にてカードが送られてきます。カードの管理に関しては後見人の方の判断を仰ぎましょう。本人や後見人の意向で施設のカードの管理を任せたいということであっても、 …

no image

在宅生活の継続に資するサービスを提供している事業所の評価

 介護職員か看護職員を指定基準よりも常勤換算方法で多く配置している事業所に加算がつくようになります。認知症と中重度の要介護者対策の一環として行われています。認知症に対しては日常生活自立度III以上の利 …

no image

20分未満の身体介護の見直し

 在宅における中重度の要介護者の支援促進のために「20分未満の身体介護」に大きな見直しがありました。日中利用についている現状の要件を緩和し、すべての訪問介護事業者において算定が可能(前回の訪問から2時 …

no image

認知症専門ケア加算の創設【地域密着型・介護予防を含む】

 認知症高齢者の増加に対するため、特定施設入居者生活介護でも積極的な受け入れが期待されています。受け入れ促進のために、「認知症専門ケア加算」が創設されます。   特定施設入居者生活介護におい …