訪問介護員2級課程修了者であるサービス提供責任者に係る減算の取扱い

投稿日:

 ヘルパー2級の方がサービス提供責任者の場合には、減算率が引き上げられることになりました。

 
所定単位数×90/100単位数  →  所定単位数×70/100単位数 
 
平成24年度の改定から10%の減算が行なわれていましたが、4月から30%に引き上げられ、予定では平成30年度に廃止することになっています。しかし、減算が適用される訪問介護事業所が、人員基準を満たす他の訪問介護事業所のサテライトになる場合は、平成29 年度末までの間、減算は適用されない経過措置がとられることになります。介護給付費分科会の資料によると、全事業所のうちヘルパー2級がサービス提供責任者の割合は9%程度と報告されています。
 

-

関連記事

no image

マイナンバー導入の目的

 マイナンバーの導入目的は、国民1人に1つの番号を付与することによって、税、社会保障、災害対策などの分野で効率的よく情報を管理するためで、社会的効果は大きく3つとされています。一つは、「公平 …

no image

一安心!?居宅介護支援事業所の特定事業所集中減算は平成27年9月1日から適用

居宅介護支援の特定事業所集中減算において、現行のルールから二点変更があるのは皆さんも既にご承知のことでしょう。   改定内容は以下の通りです。 1.正当な理由なく、特定の事業所の割合が80% …

no image

地域密着型通所介護に係る基準の創設

 平成28年度に地域密着型通所介護が創設されますが、基本報酬については小規模型通所介護が踏襲されることになります。 現在の小規模型通所介護事業所が地域密着型に移行した際には、新たに運営推進会議の設置を …

no image

介護老人福祉施設における改定のポイント

  昨年の2014年6月18日に「医療・介護総合推進法」が成立し、特別養護老人ホームへの入所が「要介護3」以上に限定されるようになりました。   特別養護老人ホームにおいては、看取 …

no image

リハビリテーションを提供する事業者に係る運営基準

 今回の改定において、リハビリテーションの運営基準に大きな見直しが入ったため、規定が改定されることになりました。    「訪問・通所リハビリテーションを提供する事業者は、介護支援専門員や各指 …