訪問介護員2級課程修了者であるサービス提供責任者に係る減算の取扱い

投稿日:

 ヘルパー2級の方がサービス提供責任者の場合には、減算率が引き上げられることになりました。

 
所定単位数×90/100単位数  →  所定単位数×70/100単位数 
 
平成24年度の改定から10%の減算が行なわれていましたが、4月から30%に引き上げられ、予定では平成30年度に廃止することになっています。しかし、減算が適用される訪問介護事業所が、人員基準を満たす他の訪問介護事業所のサテライトになる場合は、平成29 年度末までの間、減算は適用されない経過措置がとられることになります。介護給付費分科会の資料によると、全事業所のうちヘルパー2級がサービス提供責任者の割合は9%程度と報告されています。
 

-

関連記事

no image

訪問サービスの機能強化

 小規模多機能型居宅介護の利用者の在宅生活の維持・継続する観点から、訪問サービスを強化した加算が導入されます。全国小規模多機能型居宅介護事業者連絡会が調査した結果によると、小規模多機能型居宅介護施設の …

no image

社会保障費の背景にあるもの

  段階世代が後期高齢者になる2025年に焦点を絞って改革が進められています。全体の社会保障費を下げながらケアの質を維持するためには、地域包括ケアシステムの精度を上げながら、医療依存度の高い …

no image

介護保険導入までの社会背景

福祉の分野でゴールドプランが策定される  1973年のオイルショックをきっかけとして、日本の高度経済成長は終焉に向かいます。右肩上がりだった経済も終わり税収にも影響がでてきます。これにより、社会保障制 …

no image

集合住宅に居住する利用者へのサービス提供

 集合住宅におけるサービス利用に関しては各サービスが包括化の流れにあります。訪問介護、訪問入浴介護、夜間対応型訪問介護、訪問看護及び訪問リハビリテーションについて、以下の見直しが入りました。 &#16 …

no image

短期利用(ショートステイ)の要件緩和【地域密着型を含む】

 利用者のニーズを受け入れられるように、特定施設入居者生活介護における短期利用の要件が緩和されます。現行の入居率80%が撤廃され、開設後3年経過の要件が事業者の経験評価方式に変更され、3年未満の事業者 …