訪問介護員2級課程修了者であるサービス提供責任者に係る減算の取扱い

投稿日:

 ヘルパー2級の方がサービス提供責任者の場合には、減算率が引き上げられることになりました。

 
所定単位数×90/100単位数  →  所定単位数×70/100単位数 
 
平成24年度の改定から10%の減算が行なわれていましたが、4月から30%に引き上げられ、予定では平成30年度に廃止することになっています。しかし、減算が適用される訪問介護事業所が、人員基準を満たす他の訪問介護事業所のサテライトになる場合は、平成29 年度末までの間、減算は適用されない経過措置がとられることになります。介護給付費分科会の資料によると、全事業所のうちヘルパー2級がサービス提供責任者の割合は9%程度と報告されています。
 

-

関連記事

no image

公平・中立性の確保の推進

ケアマネジメントの質を確保する観点から、正当な理由のない特定の事業所へのサービスの偏りの割合が80%以上である場合に減算となります。   いままでの要件では90%となっていた割合を80%に引 …

no image

通所介護における改定のポイント

 今回の通所介護における改定で一番の変更点は基本報酬の大幅な減算と小規模型通所介護のサテライト移行です。特に小規模型の基本報酬に関しては約10%の減算となっています。他に加算の少なかったサービス事業者 …

no image

20分未満の身体介護の見直し

 在宅における中重度の要介護者の支援促進のために「20分未満の身体介護」に大きな見直しがありました。日中利用についている現状の要件を緩和し、すべての訪問介護事業者において算定が可能(前回の訪問から2時 …

no image

リハビリにおけるマネジメトの強化

 ○ リハビリテーションマネジメント加算(II)  (1) リハビリテーション会議を開催し、利用者の状況等に関する情報を、会議の構成員である医師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士 …

no image

在宅・入所相互利用加算

 特別養護老人ホームは、重度者への対応も引き受けながら、地域住民の在宅生活の継続を支援する対応が求められています。今回改定では、「在宅・入所相互利用加算」に見直しが入り、在宅促進のために要件が緩和され …