サービス提供責任者の配置基準等の見直し

投稿日:

 中重度の要介護者等に対する支援の観点から人員基準を上回る常勤のサービス提供責任者を配置した場合に新設される「特定事業所加算IV」によって加算がつきます。現在の加算Iと加算IIの要件である「訪問介護員のうち、介護福祉士30%以上又は介護福祉士、実務者研修修了者、旧介護職員基礎研修課程修了者及び旧訪問介護員1級課程 修了者の総数が50%以上 」と、「すべてのサービス提供責任者が3年以上の実務経験を有する介護福祉士又は5年以上の実務経験を有する実務者研修修了者、旧介護職員 基礎研修課程修了者、旧訪問介護員1級課程修了者」に続く要件として「人員基準に基づき置かなければならない常勤のサービス提供責任者数を上回る数の常勤のサービス提供責任者を配置していること(利用者数が 80 人未満の事業所に限る。)」が追加されます。小さい事業所でも算定が可能になるように、事業所規模の底上げが狙いにあると思われます。

 
特定事業所加算(IV):所定単位数の5/100 加算(新設)
 
 
※ 算定要件等
【人材要件】
人員基準に基づき置かなければならない常勤のサービス提供責任者数を上回る数の常勤のサービス提供責任者を配置していること(利用者数が 80 人未満の事業所に限る。)
【体制要件】
サービス提供責任者全員に、サービス提供責任者業務の質の向上に資する個別研修計画が策定され、研修が実施または予定であること。
【重度対応要件】
利用者総数のうち、要介護3以上、認知症自立度III以上の利用者が 60%以上であること。
 

-

関連記事

no image

要支援2の要件見直し

  今回の改定では、特定施設生活介護では、体制強化加算・認知症専門ケア加算が創設され、重度化への対応が期待されています。そのような流れのなかで、要支援2に対する要件が緩和されます。 &#16 …

no image

どうする?新しい総合事業に参入するべきか、否か?

  事業者さんとして気になるところは、以下の2点だと思います。 1.t要支援の方へのサービスが継続できるかどうか 2.t自社として総合事業に参入すべきかどうか   1.現行の要支援 …

no image

送迎が実施されない場合の評価の見直し(通所介護、通所リハビリテーション、認知症対応型通所介護)

 今回の改定から、「利用者が自ら通う」、「家族が送迎する」などの理由で、通所介護事業者が送迎を実施しない場合には、減算の対象になります。    

no image

集合住宅に居住する利用者へのサービス提供

 集合住宅におけるサービス利用に関しては各サービスが包括化の流れにあります。訪問介護、訪問入浴介護、夜間対応型訪問介護、訪問看護及び訪問リハビリテーションについて、以下の見直しが入りました。 &#16 …

no image

同一建物に居住する者へのサービス提供に係る評価の見直し

 介護給付費分科会で報告された、サービス提供状況によると、1週間におけるサービスの提供時間は、戸建ての利用者で2,921分、集合住宅で2.501分、サ高住等で1,534分でした。また、利用者1人あたり …