サービス提供責任者の配置基準等の見直し

投稿日:

 中重度の要介護者等に対する支援の観点から人員基準を上回る常勤のサービス提供責任者を配置した場合に新設される「特定事業所加算IV」によって加算がつきます。現在の加算Iと加算IIの要件である「訪問介護員のうち、介護福祉士30%以上又は介護福祉士、実務者研修修了者、旧介護職員基礎研修課程修了者及び旧訪問介護員1級課程 修了者の総数が50%以上 」と、「すべてのサービス提供責任者が3年以上の実務経験を有する介護福祉士又は5年以上の実務経験を有する実務者研修修了者、旧介護職員 基礎研修課程修了者、旧訪問介護員1級課程修了者」に続く要件として「人員基準に基づき置かなければならない常勤のサービス提供責任者数を上回る数の常勤のサービス提供責任者を配置していること(利用者数が 80 人未満の事業所に限る。)」が追加されます。小さい事業所でも算定が可能になるように、事業所規模の底上げが狙いにあると思われます。

 
特定事業所加算(IV):所定単位数の5/100 加算(新設)
 
 
※ 算定要件等
【人材要件】
人員基準に基づき置かなければならない常勤のサービス提供責任者数を上回る数の常勤のサービス提供責任者を配置していること(利用者数が 80 人未満の事業所に限る。)
【体制要件】
サービス提供責任者全員に、サービス提供責任者業務の質の向上に資する個別研修計画が策定され、研修が実施または予定であること。
【重度対応要件】
利用者総数のうち、要介護3以上、認知症自立度III以上の利用者が 60%以上であること。
 

-

関連記事

no image

居宅介護支援における改定のポイント

 現在の認知症患者は約400万人(推定)ですが、10年後の2025年は700万人を超えるといわれています。このような時代背景を受けて、認知症対応が基本報酬に包括化されたことは居宅介護支援における改定の …

no image

介護保険のメリットとサービスの種類

 介護保険サービスの体系  現在、介護保険のサービス体系は主に長期間の宿泊を伴う施設系サービスから、利用者の自宅でケアをする在宅系に分類することができます。下記の分類のほかには、小規模多機能 …

no image

社会参加を維持できるサービス提供体制の評価

 訪問リハビリテーションを利用することにより、利用者のADL・IADLが向上し、社会への復帰や参加を維持できるような、質の高い訪問リハビリテーションを提供した場合、「社会参加支援加算(新設)」として評 …

no image

地域ケア会議における関係者間の情報共有

 今後の制度改正で介護保険上に位置づけた地域ケア会議において、個別のケアマネジメントの事例の提供の求めがあった場合には、協力するように求められます。今後は総合事業に関するプラン、認知症利用者 …

no image

リハビリテーションマネジメントの強化

  今回の改定では、リハビリテーションにおけるマネジメントが大きく強化されることに期待されています。見直しの大きなポイントは「利用者主体の目標設定」、「他職種協働実現のための具体的な取り組み …