20分未満の身体介護の見直し

投稿日:

 在宅における中重度の要介護者の支援促進のために「20分未満の身体介護」に大きな見直しがありました。日中利用についている現状の要件を緩和し、すべての訪問介護事業者において算定が可能(前回の訪問から2時間以上の間隔を空けることが必要)になりました。

 
2時間以内の頻回訪問がある場合には、従来の要件に加え訪問介護費の範囲が定期巡回・随時対応型訪問介護看護費(I)の範囲内に限定されます。また、定期巡回・随時対応型訪問介護看護の減算率が緩和(介護・看護利用者(要介護3)の場合には▲452単位/日から▲216単位/日)されますので、定期巡回への移行を促す内容となっています。
 
※ 算定要件等(身体介護(20 分未満))
 
○ 身体介護の時間区分の1つとして「20 分未満」を位置づける
 ・ 全ての訪問介護事業所において算定が可能
 ・ 前回提供した訪問介護から概ね2時間以上の間隔を空けることが必要
○ 頻回の訪問(前回提供した訪問介護から概ね2時間以上の間隔を空けないもの)
 については、以下の全ての要件を満たす場合に算定する。
〈利用対象者〉
 ・ 要介護1から要介護2の者であって認知症の利用者又は要介護3から要介護5の者であって障害高齢者の日常生活自立度ラ
ンクB~Cの利用者
 ・ 当該利用者に係るサービス担当者会議が、3月に1度以上開催されており、当該会議において、1週間のうち5日以上、頻回の
訪問を含む20分未満の身体介護が必要と認められた者
 
〈体制要件〉
 ・ 常時、利用者又は家族等からの連絡に対応できる体制がある
 ・ 次のいずれかに該当すること。
  ア 定期巡回・随時対応サービスの指定を受けている
  イ 定期巡回・随時対応サービスの指定を受けていないが、実施の意思があり、実施に関する計画を
    策定している(要介護3から要介護5の利用者に限る。)
○ 頻回の訪問を含む 20 分未満の身体介護算定する利用者に係る1月あたりの訪問介護費は、定期巡回・随時対応型訪問介護
看護費(I)(訪問看護サービスを行わない場合)の範囲内とする。
 

-

関連記事

no image

送迎が実施されない場合の評価の見直し(通所介護、通所リハビリテーション、認知症対応型通所介護)

 今回の改定から、「利用者が自ら通う」、「家族が送迎する」などの理由で、通所介護事業者が送迎を実施しない場合には、減算の対象になります。    

no image

公平・中立性の確保の推進

ケアマネジメントの質を確保する観点から、正当な理由のない特定の事業所へのサービスの偏りの割合が80%以上である場合に減算となります。   いままでの要件では90%となっていた割合を80%に引 …

no image

「特別養護老人ホーム」の職員に係る専従要件の緩和

 地域包括ケアシステムの目的の一つである地域貢献活動の実現に向けて、特別養護老人ホームの職員に係る「専従」の要件の解釈通達がでて、地域活動がしやすくなります。   現状の問題点としては、特別 …

no image

重度療養管理加算の拡大

 中重度要介護者の積極的受け入れの観点から、重度療養管理加算の要件が見直され、対象者が要介護3まで拡大されます。   ※ 算定要件等(変更点のみ) ○ 対象者を要介護3まで拡大する。&#16 …

no image

居宅介護支援における改定のポイント

 現在の認知症患者は約400万人(推定)ですが、10年後の2025年は700万人を超えるといわれています。このような時代背景を受けて、認知症対応が基本報酬に包括化されたことは居宅介護支援における改定の …