介護・障害福祉事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

改定の全体像(ポイント)

投稿日:

 所要時間30分以上1時間未満地域包括ケアシステムの最大の目的は在宅生活の維持です。そして、その在宅生活のケアをサポートする中心は訪問介護事業者です。改定資料の中で「認知症高齢者や重度の要介護者の増加と対応」が繰り返される中で、訪問介護は在宅での限界点がどこまで高められるのか期待されています。

t
在宅ケアのサポート体制の強化として、特徴的だった改定内容としては、24時間365日体制を構築した定期巡回・随時対応型訪問介護・看護による「総合マネジメント体制強化加算(1000単位/月)」の新設があげられます。地域の見守りをするための体制強化が進められようとしています。また、今回の制度改正で全体的に基本報酬が下げられ、訪問介護においても下記のような身体介護、生活援助などについて下記のような見直しが入りました。
 
(身体介護中心)
・所要時間20分未満t
   171単位 → 165単位
・所要時間20分以上30分未満
t255単位 → 245単位
t404単位 → 388単位

(生活援助中心)

・所要時間20分以上45分未満
t191単位 → 183単位
・所要時間45分以上t
t236単位 → 225単位

(通院等乗降介助)tt

t101単位 → 97単位
 
しかし、これに対応するように日中の20分未満の身体介護における要件緩和があります。将来的には定期巡回への移行重度の方に対応するよう、できるだけこまめに訪問できるような改定となっています。この他には生活機能維持・向上、家族介護者の負担軽減などが評価の対象になっています。
 

関連記事

no image

訪問介護員2級課程修了者であるサービス提供責任者に係る減算の取扱い

 ヘルパー2級の方がサービス提供責任者の場合には、減算率が引き上げられることになりました。   所定単位数×90/100単位数  →  所定単位数×70/100単位数   …

no image

マイナンバー導入の目的

 マイナンバーの導入目的は、国民1人に1つの番号を付与することによって、税、社会保障、災害対策などの分野で効率的よく情報を管理するためで、社会的効果は大きく3つとされています。一つは、「公平 …

no image

小規模多機能における改定ポイント

  増える高齢者に対応するために、包括型で複合的なサービスを提供できる小規模多機能居型施設は多くの期待が寄せられています。今回の改定では、多くのサービス事業形態がマイナスになる中で、小規模多 …

no image

社会参加を維持できるサービス提供体制の評価

 訪問リハビリテーションを利用することにより、利用者のADL・IADLが向上し、社会への復帰や参加を維持できるような、質の高い訪問リハビリテーションを提供した場合、「社会参加支援加算(新設)」として評 …

居宅介護支援実地指導対策

居宅介護支援の実地指導vol.2 ~実地指導・監査の指導事例をご紹介~

居宅介護支援を経営・管理している皆様は、実地指導・監査の準備はお済でしょうか?ここでは、全国各地の自治体が公表している実地指導の指導事例をまとめています。皆様の事業所の所在地やお近くの地域で、どのよう …