改定の全体像(ポイント)

投稿日:

 所要時間30分以上1時間未満地域包括ケアシステムの最大の目的は在宅生活の維持です。そして、その在宅生活のケアをサポートする中心は訪問介護事業者です。改定資料の中で「認知症高齢者や重度の要介護者の増加と対応」が繰り返される中で、訪問介護は在宅での限界点がどこまで高められるのか期待されています。

t
在宅ケアのサポート体制の強化として、特徴的だった改定内容としては、24時間365日体制を構築した定期巡回・随時対応型訪問介護・看護による「総合マネジメント体制強化加算(1000単位/月)」の新設があげられます。地域の見守りをするための体制強化が進められようとしています。また、今回の制度改正で全体的に基本報酬が下げられ、訪問介護においても下記のような身体介護、生活援助などについて下記のような見直しが入りました。
 
(身体介護中心)
・所要時間20分未満t
   171単位 → 165単位
・所要時間20分以上30分未満
t255単位 → 245単位
t404単位 → 388単位

(生活援助中心)

・所要時間20分以上45分未満
t191単位 → 183単位
・所要時間45分以上t
t236単位 → 225単位

(通院等乗降介助)tt

t101単位 → 97単位
 
しかし、これに対応するように日中の20分未満の身体介護における要件緩和があります。将来的には定期巡回への移行重度の方に対応するよう、できるだけこまめに訪問できるような改定となっています。この他には生活機能維持・向上、家族介護者の負担軽減などが評価の対象になっています。
 

-

関連記事

no image

通所介護(大規模型・通常規模型)のサテライト事業所への移行

 小規模通所介護事業所が大規模型・通常規模型のサテライト事業所へ移行する場合には、 現行のサテライト事業所の取扱いに従って取り扱われることになります。指定居宅サービスに関する基準には、「事業者の指定は …

no image

保険外サービスを考える

 保険外サービスを考える  介護給付費の増加に伴うように、シニア向けの市場は拡大しています。保険を入り口としながらも、事業者として独自の保険外サービスメニューを考え、保険と保険外を組み合わせ …

no image

「特別養護老人ホーム」の職員に係る専従要件の緩和

 地域包括ケアシステムの目的の一つである地域貢献活動の実現に向けて、特別養護老人ホームの職員に係る「専従」の要件の解釈通達がでて、地域活動がしやすくなります。   現状の問題点としては、特別 …

no image

夜間及び深夜のサービスを実施する場合の運営基準の厳格化

 通所介護事業所の設備を利用して、介護保険制度外の夜間及び深夜のサービス(宿泊サービス)を実施している事業所は、指定権者へ届出が義務付けられます。また、宿泊サービスの提供による事故が発生した場合にも、 …

no image

福祉用具における改定のポイント

 介護給付費分科会の中では福祉用具の報酬・基準について下記の2点が論点としてあげられています。   ○介護人材確保の観点から、介護従事者のイメージアップとして、ロボット介護が出来る、テクノジ …