地域ケア会議における関係者間の情報共有

投稿日:

 今後の制度改正で介護保険上に位置づけた地域ケア会議において、個別のケアマネジメントの事例の提供の求めがあった場合には、協力するように求められます。今後は総合事業に関するプラン、認知症利用者に対するプラン、その地域特有のケースなど情報公開が進み全国的に事例がシェアされていくでしょう。

-

関連記事

no image

小規模通所介護が今後打つ手とは?

小規模通所介護だけに固執しない    しかし、個人的におススメしたいのは小規模通所介護だけに固執するのではなく、他事業に積極的に打って出るという考え方をして頂ければと思います。 ここで言う他 …

no image

居宅介護支援事業所とサービス事業所の連携

 居宅サービス計画に沿った介護サービスが提供されるためには、各サービス事業所における個別サービス計画との連動性や整合性が必要との議論から、介護支援専門員は居宅サービス計画に位置付けた指定サービス事業所 …

no image

介護保険導入までの社会背景

福祉の分野でゴールドプランが策定される  1973年のオイルショックをきっかけとして、日本の高度経済成長は終焉に向かいます。右肩上がりだった経済も終わり税収にも影響がでてきます。これにより、社会保障制 …

no image

小規模多機能型居宅介護と広域型特別養護老人ホームとの併設

 小規模多機能型居宅介護事業所と広域型の特別養護老人ホームなどの社会福祉施設や介護老人保健施設との併設について、小規模多機能型居宅介護事業所の構造や運営状況等を踏まえた上で、市町村が個別に併設の可否を …

no image

地域連携の拠点としての機能の充実

 地域で高齢者ケアを支えていくため、通所介護施設は地域の連携拠点となるよう期待されています。生活相談員の相談業務の幅を広げられるように専従要件が緩和されることになりました。事業所内に限った利用者からの …