居宅介護支援事業所とサービス事業所の連携

投稿日:

 居宅サービス計画に沿った介護サービスが提供されるためには、各サービス事業所における個別サービス計画との連動性や整合性が必要との議論から、介護支援専門員は居宅サービス計画に位置付けた指定サービス事業所の担当者から個別サービス計画の提出をサービス担当者会議等において提出することになります。

-

関連記事

no image

意外に難しい!?訪問介護事業所の特定事業所加算(IV)取得

4.前年度または前3ヶ月の利用者総数のうち、要介護3以上、認知症自立度III以上の利用者が60%以上であることもハードルが高い   また、4の利用者総数の60%が要介護3以上か要介護1、要介 …

no image

複数の福祉用具を貸与する場合の価格の適正化

 現在福祉用具の貸与は指定基準による利用料を都道府県に届出ることになっています。今回の改定では、複数の福祉用具を貸与する場合に通常価格から減額することが可能になります。減額の算定要件は特になく、事前の …

no image

障害者生活支援体制加算

  現状の「障害者生活支援員に係る加算」は重度の視覚障害・聴覚障害・言語機能障害・知的障害のある入所者へのケアを評価するものとなっています。いままでは、精神障害のある入所者へのケアは評価の対 …

no image

短期利用(ショートステイ)の要件緩和【地域密着型を含む】

 利用者のニーズを受け入れられるように、特定施設入居者生活介護における短期利用の要件が緩和されます。現行の入居率80%が撤廃され、開設後3年経過の要件が事業者の経験評価方式に変更され、3年未満の事業者 …

no image

おさえておきたい医療・医療保険情報 No.5

介護・医療連携の推進に向けておさえておきたい医療・医療保険関連の最近の動きを紹介します。 医療事故調施行から1年 1割で患者の納得得られず 医療事故調査制度が始まって1年が経過した。医療事故調査・支援 …