介護・障害福祉事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

居宅介護支援事業所とサービス事業所の連携

投稿日:

 居宅サービス計画に沿った介護サービスが提供されるためには、各サービス事業所における個別サービス計画との連動性や整合性が必要との議論から、介護支援専門員は居宅サービス計画に位置付けた指定サービス事業所の担当者から個別サービス計画の提出をサービス担当者会議等において提出することになります。

関連記事

no image

短期利用(ショートステイ)の要件緩和【地域密着型を含む】

 利用者のニーズを受け入れられるように、特定施設入居者生活介護における短期利用の要件が緩和されます。現行の入居率80%が撤廃され、開設後3年経過の要件が事業者の経験評価方式に変更され、3年未満の事業者 …

no image

介護保険の財政における課題

目次1 利用者の増加と費用の抑制2 介護事業への影響は 利用者の増加と費用の抑制  税収を担保する方法として、介護保険法の改正により平成27年8月から利用者負担が1割から2割(利用者世帯の収入制限あり …

no image

通所介護と新総合事業における通所事業を一体的に実施する場合の人員等の基準上の取扱い

 通所介護事業者が、新総合事業における第一号通所事業を実施する場合の運営の基準がまとまりました。通所事業の類型に応じて、以下のとおりになります。   ○通所介護と「現行の通所介護相当のサービ …

no image

小規模通所介護が今後打つ手とは?

小規模通所介護だけに固執しない    しかし、個人的におススメしたいのは小規模通所介護だけに固執するのではなく、他事業に積極的に打って出るという考え方をして頂ければと思います。 ここで言う他 …

新型コロナウイルス感染症 介護サービス事業者向け厚労省通知まとめ【7月10日更新】

厚生労働省から通知される新型コロナウイルス感染症の情報から、介護・障害福祉事業所の経営・運営に関わる情報をまとめてご紹介。1月末から7月2日最新の通知まで、介護サービス事業所に向けて様々な情報が発信さ …