質の高いケアマネジメントを実施する事業所の評価の推進

投稿日:

 質の高いケアマネジメントを提供する事業所を評価するため、現在の「特定事業所加算(I) 500単位」、「特定事業所加算(II)300単位」が分割され、「特定事業所加算(I)500単位」、「特定事業所加算(II)400単位」、「特定事業所加算(III)300単位」となります。すべての要件に「法廷研修等にける実習受入事業所となるなど人材育成への協力体制の整備」が盛り込まれました。さらに新しい特定事業所加算(I)の要件に関しては、常勤専従の主任介護支援専門員の配置が1名以上から2名になり、新しい特定事業所加算(II)の要件に関しては、常勤専従の介護支援専門員の配置が2名以上から3名以上に引き上げられています。
?
 

-

関連記事

no image

法定代理受領の同意書の廃止【地域密着型・介護予防を含む】

 現行制度では、有料老人ホームが介護報酬を代理受領する要件として「入居者からの同意書」が必要でしたが、老人福祉法の改正によってこの要件が撤廃されました。 

no image

集合住宅に居住する利用者へのサービス提供

 集合住宅におけるサービス利用に関しては各サービスが包括化の流れにあります。訪問介護、訪問入浴介護、夜間対応型訪問介護、訪問看護及び訪問リハビリテーションについて、以下の見直しが入りました。 &#16 …

no image

訪問介護における改定のポイント

 所要時間30分以上1時間未満地域包括ケアシステムの最大の目的は在宅生活の維持です。そして、その在宅生活のケアをサポートする中心は訪問介護事業者です。改定資料の中で「認知症高齢者や重度の要介護者の増加 …

no image

居宅事業所は今後どうあるべきか!?考える

居宅事業所のあり方は・・・ ご覧のように加算Iを取得しようと思えば主任介護支援専門員が1名→2名必要となっており、加算IIでは常勤の介護支援専門員が2名→3名必要となっています。 このようにハードルが …

no image

認知症専門ケア加算の創設【地域密着型・介護予防を含む】

 認知症高齢者の増加に対するため、特定施設入居者生活介護でも積極的な受け入れが期待されています。受け入れ促進のために、「認知症専門ケア加算」が創設されます。   特定施設入居者生活介護におい …