質の高いケアマネジメントを実施する事業所の評価の推進

投稿日:

 質の高いケアマネジメントを提供する事業所を評価するため、現在の「特定事業所加算(I) 500単位」、「特定事業所加算(II)300単位」が分割され、「特定事業所加算(I)500単位」、「特定事業所加算(II)400単位」、「特定事業所加算(III)300単位」となります。すべての要件に「法廷研修等にける実習受入事業所となるなど人材育成への協力体制の整備」が盛り込まれました。さらに新しい特定事業所加算(I)の要件に関しては、常勤専従の主任介護支援専門員の配置が1名以上から2名になり、新しい特定事業所加算(II)の要件に関しては、常勤専従の介護支援専門員の配置が2名以上から3名以上に引き上げられています。
?
 

-

関連記事

no image

20分未満の身体介護の見直し

 在宅における中重度の要介護者の支援促進のために「20分未満の身体介護」に大きな見直しがありました。日中利用についている現状の要件を緩和し、すべての訪問介護事業者において算定が可能(前回の訪問から2時 …

no image

リハビリテーションを提供する事業者に係る運営基準

 今回の改定において、リハビリテーションの運営基準に大きな見直しが入ったため、規定が改定されることになりました。    「訪問・通所リハビリテーションを提供する事業者は、介護支援専門員や各指 …

no image

集合住宅に居する利用者へのサービス提供の見直し

 集合住宅におけるサービス利用に関しては各サービスが包括化の流れにあります。訪問介護においては、訪問介護、訪問入浴介護、夜間対応型訪問介護、訪問看護及び訪問リハビリテーションについて、以下ような見直し …

no image

中重度の要介護者の在宅生活を支える訪問看護体制の評価

 訪問看護における、もうひとつの中重度対応として、病院とクリニックからの訪問看護が促進され、基本報酬が増額されます。今後予想される看護師の不足を補うためにも、病院・クリニックにも訪問看護サービスの提供 …

no image

運営推進会議及び外部評価の効率化

 現在、小規模多機能型居宅介護を含む地域密着型サービスは年に1回以上の外部評価が義務付けられていますが、運営推進会議と外部評価は、「第三者による評価」という点で共通していることを踏まえ、事業所が自己評 …