認知症加算及び独居高齢者加算の基本報酬への包括化

投稿日:

 認知症加算及び独居高齢者加算が基本報酬に包括されることになりました。
認知症加算と独居高齢者加算は、個人の心身の状況や家族の状況等に応じたケアマネジメントの提供であり、当該業務が介護支援専門員の基本の業務であることを踏まえられた結果、包括化されることになりました。
 
 
 
 認知症加算     150単位 ⇒ 基本報酬に包括
 
 独居高齢者加算  150単位 ⇒ 基本報酬に包括

-

関連記事

no image

マイナンバー介護事業所におけるポイントと本特集について

平成27年10月からマイナンバーの通知が始まりました。 内閣府の知らせによると、原則として、市区町村から住民票に登録されている住所あてにマイナンバー(12桁)が記載された「通知カード」を送られています …

no image

看取り介護加算

  特別養護老人ホームにおける看取り介護の質を向上させるため、「看取り介護加算」の要件が強化され、それに伴い点数が加配されます。   (現行)死亡日以前4 日以上30 日以下  8 …

no image

おさえておきたい医療・医療保険情報 No.4

介護・医療連携の推進に向けておさえておきたい医療・医療保険関連の最近の動きを紹介します。 高額薬剤の費用抑制でオプジーボの薬価引下げ 高額な薬剤の登場が医療保険財政に与える影響が大きくなっており、その …

no image

一安心!?居宅介護支援事業所の特定事業所集中減算は平成27年9月1日から適用

居宅介護支援の特定事業所集中減算において、現行のルールから二点変更があるのは皆さんも既にご承知のことでしょう。   改定内容は以下の通りです。 1.正当な理由なく、特定の事業所の割合が80% …

no image

看護職員の配置基準の緩和

 介護給付費分科会の資料によると、看護職員の配置数(常勤換算数)の全体平均は「1人以上1.2人未満」が24.5%、「1.2人以上2.0人未満」が22.5%となっています。規模別で配置が0人をみてみると …