認知症加算及び独居高齢者加算の基本報酬への包括化

投稿日:

 認知症加算及び独居高齢者加算が基本報酬に包括されることになりました。
認知症加算と独居高齢者加算は、個人の心身の状況や家族の状況等に応じたケアマネジメントの提供であり、当該業務が介護支援専門員の基本の業務であることを踏まえられた結果、包括化されることになりました。
 
 
 
 認知症加算     150単位 ⇒ 基本報酬に包括
 
 独居高齢者加算  150単位 ⇒ 基本報酬に包括

-

関連記事

no image

どっちがお得!?小規模デイサービスの地域密着型への移行orサテライト事業への移行

今改定において大きな報酬ダウンとなるデイサービス。 小規模デイサービスにおいては改定後のダウン率が7.6%~9.8%、それ以外のデイサービスにおいてもダウン率が5%前後ある形となっています。 &#16 …

no image

介護経営の専門家が語る!介護報酬改定後の事業所の動き

地域の中核的な介護事業者になるためには? 石塚 今後、介護保険サービスにおいて、在宅の要素は広がっていくと思いますが、地域の高齢者を包括的にみていくためには、医療と本格的に連携したところが中核になって …

no image

質の高いケアマネジメントを実施する事業所の評価の推進

 質の高いケアマネジメントを提供する事業所を評価するため、現在の「特定事業所加算(I) 500単位」、「特定事業所加算(II)300単位」が分割され、「特定事業所加算(I)500単位」、「特定事業所加 …

no image

法定代理受領の同意書の廃止【地域密着型・介護予防を含む】

 現行制度では、有料老人ホームが介護報酬を代理受領する要件として「入居者からの同意書」が必要でしたが、老人福祉法の改正によってこの要件が撤廃されました。 

no image

介護老人福祉施設における改定のポイント

  昨年の2014年6月18日に「医療・介護総合推進法」が成立し、特別養護老人ホームへの入所が「要介護3」以上に限定されるようになりました。   特別養護老人ホームにおいては、看取 …