介護・障害福祉事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

訪問介護の実地指導vol.6~実地指導・監査の指導事例をご紹介~

投稿日:

更新日:

, , ,

訪問介護を経営・管理している皆様は、実地指導・監査の準備はお済でしょうか?ここでは、全国各地の自治体が公表している実地指導の指導事例をまとめています。皆様の事業所の所在地やお近くの地域で、どのような指導事例があったのか、その内容を知って実地指導に向けた準備を進めましょう。今回は、岩手県盛岡市の指導事例をご紹介します。

訪問介護の基本サービス費の指導事例

○提供した具体的なサービス内容等の記録がなく、訪問介護計画書に沿ったサービス提供を行ったことが確認できない
提供した具体的なサービス内容等の記録がなく、訪問介護計画書に沿ったサービス提供を行ったことが確認できない事例について、訪問介護費を算定していることを確認した。当該記録がない場合には、訪問介護サービスを実施したとは認められないことから、同様事例の有無を自主点検の上、保険者に介護給付費の返還等の要否を確認し、所要の措置を講じること。

○安否確認や健康チェックを提供して訪問介護費を算定している
提供した具体的なサービス内容等の記録が、本人の安否確認及び健康チェックである事例について、訪問介護費を算定していることを確認した。訪問介護の内容が単なる本人の安否確認や健康チェックであり、それに伴い若干の身体介護又は生活援助を行う場合には、訪問介護費は算定できないことから、同様事例の有無を自主点検の上、保険者に介護給付費の返還等の要否を確認し、所要の措置を講じること。

○身体介護及び生活援助を提供した利用者の訪問介護記録が、生活援助のみの記録で身体介護を行ったことを確認できない
身体介護及び生活援助を提供している利用者において、訪問介護記録が生活援助のみの記録であり、身体介護(自立生活支援のための見守り的援助)を行ったことが確認できない事例について、身体介護及び生活援助を実施したとして訪問介護費を算定していることを確認した。

当該記録がない場合には、身体介護を実施したとは認められないことから、同様事例の有無を自主点検の上、保険者に介護給付費の過誤調整等の要否を確認し、所要の措置を講じること。

○身体介護(通院介助)及び生活援助を提供した利用者の訪問介護記録が、身体介護のみの記録で生活援助を行ったことが確認できない
病院からの退院に伴う介助を行った後、引き続き、他の病院への通院介助及び生活援助を提供した利用者において、提供した具体的なサービス内容等の記録が身体介護(通院介助)のみの記録であり、生活援助を行ったことが確認できない事例について、1回の訪問介護において身体介護及び生活援助を実施したとして訪問介護費を算定していたことを確認した。

訪問介護は、介護保険法第8条の定義上、要介護者の居宅において行うものとされており、訪問介護の通院・外出介助については、利用者の居宅から目的に行くための準備を含む一連のサービス行為を行った場合に訪問介護費を算定するものであることから、当該事例は、通院・外出介助を実施したとは認められない。また、生活援助を行った記録がない場合には、生活援助を実施したとは認められないことから、同様事例の有無を自主点検の上、保険者に介護給付費の返還等の要否を確認し、所要の措置を講じること。

○訪問介護の通院・外出介助において、院内の移動等の介助などのサービス行為だけをもって訪問介護費を算定している
訪問介護の通院・外出介助において、院内の移動等の介助など病院を起点としたサービスについて訪問介護費を算定していることを確認した。

訪問介護は、介護保険法第8条の定義上、要介護者の居宅において行うものとされており、訪問介護の通院・外出介助については、利用者の居宅から目的に行くための準備を含む一連のサービス行為を行った場合に訪問介護費を算定するものである。そのため、院内の移動等の介助などのサービス行為だけをもって訪問介護として算定することはできない。

最後に

介護報酬の過誤調整が必要になる場合は、指定された期間の記録を遡って確認することをはじめ、その後の介護報酬の取り下げや再請求に伴う事務負担、会社のキャッシュフローに対する負担など、事業所経営に大きな影響を受けることになります。

ご紹介した事例が、皆様の事業所の自主点検のきっかけや、お役に立てば幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。

出典元:
「平成30年度介護保険施設等の指導監査結果」岩手県盛岡市

関連記事

訪問介護の実地指導vol.1 ~実地指導・監査の指導事例をご紹介~青森県青森市

訪問介護の実地指導vol.2 ~実地指導・監査の指導事例をご紹介~兵庫県姫路市

訪問介護の実地指導vol.3 ~実地指導・監査の指導事例をご紹介~東京都町田市

訪問介護の実地指導vol.4 ~実地指導・監査の指導事例をご紹介~東京都大田区

訪問介護の実地指導vol.5 ~実地指導・監査の指導事例をご紹介~東京都江東区

\介護保険制度・報酬改定の最新情報を配信中!/

Facebook

Twitter

関連記事

no image

日常生活継続支援加算

  今後は介護施設としての役割が、サ高住が要介護1・2、特養が要介護3以上のように、差別化が進んでいくと思われます。特別養護老人ホームの入所者が要介護3以上になることを踏まえて、重度者の受け …

no image

サービス提供体制強化加算の創設【地域密着型・介護予防を含む】

  特別養護老人ホームにおける入居者制限が要介護度3に限定されたことから特定施設入居者生活介護1(サ高住)の役割拡大が期待されています。要介護1・2で入居した利用者が重度化した場合でも引き続 …

no image

質の高いケアマネジメントを実施する事業所の評価の推進

 質の高いケアマネジメントを提供する事業所を評価するため、現在の「特定事業所加算(I) 500単位」、「特定事業所加算(II)300単位」が分割され、「特定事業所加算(I)500単位」、「特定事業所加 …

no image

延長加算の見直し(通所介護、通所リハビリテーション、認知症対応型通所介護)

 通所介護事業サービスの中で、「所要時間7時間以上9時間未満の通所介護の提供後から、宿泊サービスの前まで時間」に日常生活上の介助をした場合に延長加算が計上できましたが、今回の改定では、通所介護事業所の …

no image

福祉用具専門相談員の資質の向上

 現在、指定福祉用具貸与・販売事業所には常勤で2名以上の配置が義務づけられていますが、介護給付費分科会での報告では、実際の事業所における従事者は、近年3.5人前後で推移しています。相談員の資格取得状況 …