介護・障害福祉事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

納税が困難な場合の猶予制度(国税庁)

投稿日:

更新日:

新型コロナウイルス感染症の影響により、納税が困難となった場合、1年以内の期間に限り、換価の猶予が認められる。次の要件のすべてに該当する場合に限る。

①国税を一時に納付することにより、事業の継続又は生活の維持を困難にするおそれがあると認められること。
②納税について誠実な意思を有すると認められること。
③換価の猶予を受けようとする国税以外の国税の滞納がないこと。
④納付すべき国税の納期限(注1)から6か月以内に申請書が提出されていること。
⑤原則として、担保の提供があること。(担保が不要な場合がある)
(注1)令和元年分の申告所得税、贈与税及び個人事業者の消費税の確定申告は、延長された期限(2020年4月16日)が納期限となる
(注2)既に滞納がある場合や滞納となってから6月を超える場合であっても、税務署長の職権による換価の猶予(同法第151条)が受けられる場合もある

【猶予が認められた場合】
・原則1年間の猶予となるが、状況に応じて、さらに1年間猶予される場合がある。
・猶予期間中の延滞税の一部が免除される。
・財産の差押えや換価(売却)が猶予される。
さらに個別の事情に該当する場合は、他の猶予制度を活用することも可能。
いずれも納税期限前から、所轄の税務署に相談できる。

新型コロナウイルス感染症の影響により納税が困難な方には猶予制度があります(リーフレット)
国税局ホームページ:新型コロナウイルス感染症の影響により納税が困難な方へ
関連記事:介護におけるファクタリングとは?(売掛金を現金で入金するサービス)
 

\フォローすると最新情報の更新をお知らせ!/

Facebook

Twitter

関連記事

no image

送迎時における居宅内介助等の評価(通所介護、通所リハビリテーション、認知症対応型通所介護)

 通所介護事業者が送迎を行なうときに、居宅内での介助を行なうことは認識されていましたが、今回の改定では、この介助(電気の消灯・点灯、着替え、ベッドへの移乗、窓の施錠等)が所要時間に含まれることになりま …

no image

リハビリにおけるマネジメトの強化

 ○ リハビリテーションマネジメント加算(II)  (1) リハビリテーション会議を開催し、利用者の状況等に関する情報を、会議の構成員である医師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士 …

no image

認知症加算及び独居高齢者加算の基本報酬への包括化

 認知症加算及び独居高齢者加算が基本報酬に包括されることになりました。 認知症加算と独居高齢者加算は、個人の心身の状況や家族の状況等に応じたケアマネジメントの提供であり、当該業務が介護支援専門員の基本 …

no image

リハビリテーションマネジメントの強化

  今回の改定では、リハビリテーションにおけるマネジメントが大きく強化されることに期待されています。見直しの大きなポイントは「利用者主体の目標設定」、「他職種協働実現のための具体的な取り組み …

no image

登録定員等の緩和

 現在、小規模多機能型居宅介護の登録定員は25名以下と規定されていますが、29人以下に引き上げられます。登録定員が 26 人以上 29 人以下になった事業所には、現行の通いの利用定員「登録定員の1/2 …