その他

通販を使った介護エプロンのお得な買い方について


投稿日: 更新日:

通販って安いなぁ。備品とか全部通販で買っちゃおう!

通販を利用することは悪いことではないけど、サイズとか色とか写真と実物では異なることがあるから気をつけるのじゃぞ。

はーい!気をつけます!

デイサービスなどの介護事業をすでに開業されている方、またこれから介護事業を始めようとお考えの方。

ご利用者の食事などで使用する介護エプロンは、どのように購入されていますか?

布製のエプロンや、使い捨てのエプロンなど様々なタイプが販売されています。

それぞれホームセンターや薬局などで購入することができますが、こういった介護用品はいずれも割高になりやすく、購入するたびに人手もかかります。

長期で考えると、決して無視できる差ではありません。

そんな時に利用を考えてほしいのが、通販での購入です。単価も安めでランニングコストを削減することが可能です。

ここではそんな介護エプロンの通販についてまとめています。ぜひ今後の事業運営の参考にしてください。

エプロン

介護エプロンを通販で買うメリット

まず、介護エプロンを通販で購入するメリットからまとめます。

買出しに行く時間、人手がかからない

すでに事業を行っている方はご存知のことですが、介護事業は常に人手の足らない仕事で、ご利用者に対してぎりぎりの人数で回している事業所がほとんどです。

そんな介護事業所では、介護エプロンのような消耗品を購入する時間も惜しいほど。

通販を使えば事業所から出ることなく欲しい商品を購入することができます。

必要な備品が無理なく買えることが、通販の大きな利点です。こうしてできた貴重な時間を、ご利用者のケアのために使うことができます。

実店舗がない地域でも購入可能

介護事業所は日本全国のどこでも必要とされています。

それは都市部でも郊外でもニーズに応じて介護事業所を開設していると思います。

都市部では介護事業所から比較的近いところに店舗がありますが、郊外では介護エプロンのような商品を販売する店舗は、本当に限られています。

実際に店があっても事業所から非常に距離が遠く、いちいち自動車で買いに行かなくてはいけません。

通販であれば、地域によって配送料こそかかってしまいますが、日本全国ほぼどこであっても購入が可能です。

しかも、複数の事業者から商品を選ぶことができます。介護エプロンの通販は、事業所が郊外であるほど必要であるともいえるでしょう。

店舗より安い場合が多い

介護用品にかかわらず、通販で購入した商品の方が実店舗よりも安いという経験をした方は多いでしょう。

介護エプロンも同じように、通販での購入は非常にお得になる場合があります。

多くの通販会社はメーカーより仕入れた商品を、購入された事業所に直送しています。つまり、営業や販売にかける人件費が圧倒的に安いのです。

また、通販の場合は同じ商品であっても複数の通販事業者が扱うことがほとんどです。

このため同じ商品の値段を、通販事業者ごとに見比べることも可能です。

これが実際の店舗に出向いての購入になれば、移動時間、移動費用が余計にかかってしまいます。

通販で買える介護エプロン種類

それでは通販で買える介護エプロンの種類についてまとめてみます。

介護エプロンは布タイプと使い捨てタイプがあり、布タイプは洗濯をして何度も使用することができます。

使い捨てタイプは1回または数回の使用で廃棄します。

布タイプは複数回使用できることもあり、価格は若干高めです。

使い捨てタイプは材質も紙製または安価な樹脂で作られていて、1枚当たりの単価は安いですし、衛生面では優れていますが、使用頻度により布タイプよりコストが高くなる場合があります。

ご利用者用エプロン

主に、食事で使われます。

昔は子供用よだれかけの延長のようなデザインのものがほとんどでしたが、超高齢化が進んでいることで需要が増加し、今ではデザインに優れたおしゃれなものも販売されています。

こぼした食事を落とさないようなポケット付きのものや、あえて大きめに作ることでこぼした汁などが飛び散らないように工夫されたものなどがあります。

介護スタッフ食事介助用エプロン

介護スタッフが主に食事介護をするために着用します。

デザインは動きやすくなっており、カフェやレストランで使用されているものとあまり変わらない商品もありますが、ご利用者の介護にふさわしく単色で、少し地味なものが多いです。

また、汚れても大丈夫なようにひざ下まである長いタイプが多いです。

介護スタッフ入浴介助用エプロン

ご利用者の入浴介助に使用します。

濡れても大丈夫なように、防水加工が施されています。入浴の介助は非常に暑く蒸れることが予測されますから、ある程度通気のよい素材で作られているものもあります。

食事以上に入浴介助はご利用者の身体に触れることが多いため、スタッフが使いやすく動きやすい商品を選択しなければいけません。

通販の場合、実際に見て手に取ることができないため、購入する前に現場のスタッフに相談するなど事前検討が必要です。

介護スタッフ専門業務用エプロン

こちらはほとんどが治療を行う医療職や、介護職であっても清掃作業など汚濁の可能性がある作業を行う場合に使用されます。

一回の使用で廃棄されます。単品での購入のものはあまりなく、ひと箱に複数枚入って販売されています。

介護エプロンを通販で買う際のコスト

介護エプロンを通販で購入する場合、おおよそのコストは以下の通りです。

おおよその価格

ご利用者用エプロン

布タイプ → 1枚1200円
使い捨てタイプ → 1枚20円

介護スタッフ食事介助用エプロン

布タイプ → 1枚2000円
一般的に布タイプを使用します。

介護スタッフ入浴介助用エプロン

布タイプ → 1枚3000円
一般的に布タイプを使用します。

介護スタッフ専門業務用エプロン

使い捨てタイプ → 1枚50円
一般的に使い捨てタイプを使用します。

介護エプロンを通販で買う際の留意点

介護エプロンを通販で購入する場合、下記の留意点があります。

実際の商品がわからない、画像でしか商品を見られない

色などは画像で確認できますが、商品の材質や触感は現物を確認しなければわからないことがほとんどです。

布製タイプなどの場合は、メーカーが販売サンプルなどを持っている場合があるため、実際の購入の前に問いあわせをすると良いと思います。

使い捨ての場合も、同様にほぼ間違いなくサンプル提供を行う業者はありますので、しっかりと確認しましょう。

なお、通販業者でサンプルを用意することは現状あまりありませんので注意してください。

また、一部の商品であればドラックストアやホームセンターで購入することも可能です。

まずは1つ購入して使ってみることで失敗を防げます。

必要発注数の間違い、商品の選択間違いなど

通販ではクリック一つで発注ができてしまいます。このため、思わず発注数を間違えてしまうことがあります。

また、画像だけで商品を選ぶことが多いため、実際に購入したい商品と間違ったものを発注してしまう可能性もあります。

基本的なことですが意外と多いため、発注後に通販業者から届く確認メールなどがあればしっかりと確認しましょう。

通販業者によっては注文後間違いであれば訂正を受け付けてくれることもありますが、配送料は返金されず、返品手数料を取られることも多いため、注意しましょう。

商品到着までのタイムラグ

計画を立てて商品を発注している場合であっても、メーカー在庫の欠品により必要とされる日程までに商品が届かないということもあります。

また、天候等や配送業者の多忙により、予定していた日程に届かないこともあります。

こうなってしまうといざ必要となる時に使えないなど、問題になりますからある程度在庫の余裕を持っておきましょう。

送料と手数料

通販での購入は1回あたりの送料がかかったり、代引き手数料や振込手数料が発生します。

送料無料や代引き手数料無料などの発注数量や発注金額を確認し、コスト削減につなげることも重要です。

まとめ

ここまで介護事業経営者が、通販で介護エプロンを購入する場合の失敗のない方法をまとめてみました。

介護事業ではこれらの消耗品は、意外なコストになってくるため通販を利用して少しでも費用を節約していきましょう。

ただし、通販のほうが高くなる場合もありますから、日頃から頻繁に使う商品等をチェックしていくことが大切です。

この記事がお役に立てましたら、ぜひシェアしていただけると幸いです。

-その他

執筆者:

関連記事

介護業界におけるIT・IoT活用とは

ITやIoTって良く分からないから、自社に導入するかどうか悩むなぁ ITやIoTを使えば、業務の負担を減らすことが出来るよ。詳しくはこの記事を読んでみよう! 人工知能=AIというキーワードが、メディア …

ゲーム

デイサービスのレクリエーションにおけるゲームの効果とは?

僕のデイサービスの事業所のレクリエーションネタが無くなってきたな・・・どうしよう? おやおや、合唱、手工芸、音楽など様々なレクリエーションがあるぞ。足腰がまだ元気な方はウォーキングなど一緒にすることも …

セミナー

介護経営者は経営セミナーに参加すべき?メリットなどを解説

カイポチよ、最近経営セミナーに参加したかい? ふくろうさん!その必要は無いよ!だって、利用者さんと毎日話して、良い事業所作りに取り組んでいるから! まぁ、その心意気は良いのだが、他の介護経営者に会った …

介護ロボットで業務効率化できるの?

介護業界にもロボットが導入されるみたいだ!!僕も早くロボットについて学ばないと この記事を読めば、介護ロボットについて学ぶことが出来るから!!心配ないよー 高齢化社会、労働人口の減少など、様々な社会問 …

ポロシャツ

介護スタッフも納得!ポロシャツ事情

僕の事業所の制服はTシャツとポロシャツどっちが良いかな? ポロシャツの方が襟が付いているから、カジュアル過ぎず制服におススメじゃぞ。 そうだね!僕は毛皮着てるからポロシャツでもTシャツでもどっちでも良 …