その他

介護ロボットで業務効率化できるの?

投稿日: 更新日:

高齢化社会、労働人口の減少など、様々な社会問題を解決するための方法として注目されているのがロボットの存在です。

業務効率化や人材不足の観点から、介護の現場の様々な課題を解決してくれる「介護ロボット」も話題となっています。

 

この記事では、介護ロボットの基礎知識から導入メリット、課題などを解説いたします。

 

 

介護ロボットとは?

 

実は「介護ロボット」という言葉自体に明確な定義があるわけではありません。

そのため、介護ロボットと聞いて思い浮かべるものも、人によって「歩行を支援するもの」や、「受け答えが可能なぬいぐるみのようなもの」など様々かと思います。

介護ロボットの種類については後の項目で詳しく説明いたしますが、本記事では「介護ロボット=介護サービスを支援する先端機器・システムの総称」と捉え解説をしていきます。

 

超高齢社会を迎えている日本で、介護のニーズは今後ますます高まっていきます。

その反面、生産年齢人口が減少しているだけでなく、過酷な介護の現場では良質な人材を確保することは年々困難になってきています。そこで注目されているのが介護ロボットです。

 

2013年には、経済産業省と厚生労働省が日本再興戦略として「ロボット介護機器開発5カ年計画」を発表しました。

国をあげて、介護ロボットの開発や活用が支援されているのです。

それらの成果もあり、介護ロボット市場は年々拡大しています。

2015年度の国内介護ロボット市場は10億7,600万円。

これが2020年度には149億5,000万円になると推計されており、既存メーカーだけでなく、新規参入も相次いでいます。

 

また、産学連携で介護ロボットについて研究・開発を行っているという事例も増えてきました。

例えば、東京理科大学では研究所において開発・実用化したものを事業化・販売するためにベンチャー企業を設立しています。

また、最新の介護分野の製品・サービスが紹介される展示会などにおいても、介護ロボット製品は多くの来場者の注目を集めています。

 

研究・開発が進み製品化されるものが増えていけば、介護ロボットを導入する側にとっては選択肢が増えるというメリットだけでなく、価格競争が起こり導入コストが下がるということも期待できます。

政府による介護ロボットの導入・開発支援については重点分野が公表されているので、こちらについては後の項目で解説いたします。

 

人材不足観点の介護ロボット

 

政府が介護ロボットを後押ししている大きな理由には、介護の担い手が今後さらに不足するという現実があります。

「一億総活躍社会」をかかげ、労働人口を増やす努力はなされていますが、2013年度に行われたシミュレーションでは、2025年度には237〜249万人程度の介護者が必要となり、介護業界での人材不足はさらに深刻化すると予測されています。

また、人材不足を補うだけでなく、介護ロボットは介護者のスキルアップに役立つなどポジティブな影響を与えてくれるかもしれません。

 

 

介護ロボットの種類

介護ロボットは大きく3つの種類に分けることができます。

 

介護者支援型 入浴や排泄、ベッドや車イスへの移動など、介護従事者の業務を支援するためのもの。
自立支援型 歩行やトイレ、リハビリ、レクリエーションなど、介護事業所をご利用される方の自立を支援するためのもの。
コミュニケーション・メンタルケア型 介護事業所をご利用される方の話し相手や、癒しを目的にしたようなもの。

ペットやぬいぐるみのような見た目である場合が多い。

 

介護者支援型

介護の現場を支える職員の負担を軽減するようなもので、職員が装着するタイプのものと装着しないタイプの2つがあります。

ベッドや車イスへの移動の際など、ロボットなしでは力やコツが必要で腕や腰への負担がかかりますが、介護ロボットが行うことでその負担が軽減されます。

 

自立支援型

事業所をご利用される方=利用者の自立を支援するためのもので、歩行や食事のサポート、あるいはリハビリのサポートなどを行える介護ロボットです。

自立機能の維持改善などを期待することができます。

 

コミュニケーション・メンタルケア型

利用者の話し相手となったり、ペットのような役割をすることで、利用者が癒しを得られるような介護ロボットです。

動物のデザインなど、可愛らしい見た目をしていることが多いようです。

 

 

介護ロボットのメリット・課題

 

既に導入されている現場においてあげられているメリットや課題などをご紹介します。

 

メリット

  • 介護従事者の負担軽減
  • 利用者の精神的な負担軽減

申し訳ない、恥ずかしいといった気持ちを軽減することができる。

  • 事業所の人件費削減
  • 人材不足の解消

負担軽減により、より幅広い人材にアプローチすることが可能に。

  • 介護にまつわるノウハウの共有がスムーズになる
  • 介護従事者に余裕ができ、介護の質を高めることができる

 

メリットとして多く上げられているのは、やはり介護従事者の負担軽減に役立つということです。

また、意外に思われるかもしれませんが、利用者やご家族からも介護ロボットが導入されて良かったということが聞かれることもあります。

これは介護の過酷な現場を目の当たりにすると、「申し訳ない」という気持ちを感じたり、排泄や入浴などに関しては「恥ずかしい」という気持ちが消えないという利用者やご家族の方も多く、その場面に介護ロボットが導入されると良いようです。

 

リハビリやレクリエーションをサポートしてくれる介護ロボットなら、ケアノウハウ伝授をロボットが担ってくれるという一面もあります。

また、力仕事などを介護ロボットに任せることで、介護従事者に体力的な余裕ができ、利用者への声かけなどコミュニケーションがスムーズにできるなどのメリットもあるでしょう。

 

課題

  • 介護ロボット導入にあたってのコスト
  • 複雑な作業や、利用者の多様なニーズに応えることが現段階では困難なことが多い
  • 介護ロボットの操作方法を介護従事者が学ぶ必要性
  • 過度な期待によって、導入後に思ったほどのメリットを感じることができない
  • 利用者やご家族のご理解が必要
  • 安全性への不安
  • 操作には介護従事者が必要で、人件費削減など費用対効果がすぐには出ない
  • 現場の介護ロボットに対する負のイメージ

 

課題としてあげられているのは、やはりコストです。

以前より価格が下がったものもありますが、全体的に価格は高く、導入したくても躊躇してしまう事業所も多いようです。

 

また、事業所ではそれぞれ長年積み上げてきた介護にまつわる経験や知識があります。

介護ロボットを導入するということは、介護の手順などを一部変更せざるを得ないことが多いので、興味はあるけどもう少し先でいい、と考えられる場合もあります。

さらに「介護は人が行うもの」という現場の声も多く、ロボットに対して漠然としたネガティブなイメージを抱かれる場合もあるようです。

 

では、介護ロボット導入にあたって具体的にどのようなことを考えていけばいいのでしょうか。

 

 

介護ロボットの導入方法

 

介護ロボットの導入を検討されている事業所にとって、重要なことは「何のために導入するのか?」ということです。

 

真新しさや、現場の負担軽減という言葉だけに踊らされるのではなく、導入にあたっては現場の課題と照らし合わせながら最適なソリューションのひとつとして、介護ロボットを検討することが必要です。

 

介護ロボット導入の目的を明確に

介護ロボット導入は、それ自体が目的ではなく、あくまで介護現場が抱える様々な課題を解決するための方法のひとつです。

まずは介護ロボットにとらわれず、事業所が抱えている課題を洗い出しましょう。

その上で、その課題解決に向けて介護ロボットが有用かどうかを検討し、その上で「何のために介護ロボットを導入するのか?」という目的を明確にします。

 

目的を意識しながら情報収集

明確にした目的を意識しながら、介護ロボットに関する情報を収集します。

定期的に行われる展示会などに足を運べば、1日で多くの情報を集められるだけでなく、実際の機器に触れたり体験することができますし、使用している現場の人の声などを聞くこともできるでしょう。

候補となる介護ロボットの機種や、価格などから採算性も視野に入れておくといいようです。

webなどにも情報はたくさんありますので、目的に沿った検索を行いましょう。

 

導入機種の比較検討から決定

集めた情報を比較検討します。

例えば下記の項目を各機種ごとに点数化し、比較検討などを行うと印象だけでなく導入決定のための有効な情報となり、複数人数で決定する場合にも介護ロボットに関しての客観的な評価がくだせます。

事業所の課題を書き出し、それを解決できるかどうか?といった評価をしても構いません。

 

この比較検討は、導入後の介護ロボット有用性評価にも応用することができます。

ある程度、機種が絞り込めたところで実際に導入している事業所があるのであれば、そちらに連絡をして現場を見学させてもらうと導入後の具体的なイメージをもつことができるでしょう。

 

比較検討の項目例

  • 価格
  • 導入期間
  • 設置可能台数
  • 購入orレンタルorリースなど購入方法
  • 保険の有無
  • 補助金申請の可否
  • 導入後サポートの有無
  • 追加費用発生の有無  など

 

事業所への導入準備

メーカーの担当者とも連携をとり、まずは中心となるスタッフがうまく介護ロボットを使いこなせるようにトレーニングします。

介護ロボットに関するトレーニングが通常業務の妨げとならないように導入期間を設定したり、場合によっては他スタッフにフォローをお願いするなどをしておくといいでしょう。

 

利用者とご家族への説明

介護ロボットのメリットと課題でも触れたように、介護ロボットは利用者にとって、精神的な負担を軽減する良い部分もありますが、これまでと違う新しいケアの方法となるので不安になる方もいらっしゃいます。

また、ご家族のなかには「ロボット」と聞いて、無機質なケアをイメージされる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

導入の準備が整い次第、介護ロボットを使用することで利用者やご家族にとってどのようなメリットがあるのかなど、情報提供を随時行いましょう。

情報提供に関しては、具体的な数値で伝えられるものを用意されることをおすすめいたします。

 

評価と改善で介護ロボットをフル活用

実際に介護ロボットを現場で使用してみると、導入前は予想しなかったようなメリットや課題に気づく場合があります。

また、補助金申請などの関係で実際にどのように活用しているかを所属する地方自治体に実績報告をしなければならない場合があります。

これらのためにも、評価と改善のフローは大切です。

アンケートの実施など、介護ロボットの導入効果を高めるために評価・改善を行いましょう。

 

 

介護ロボット導入による補助金・加算

皆様にとって、気になるのは導入にあたってのコスト。

以前より導入コストが下がってきているとはいえ、介護ロボット導入は多くの事業所にとって負担が大きいのも事実です。

 

厚生労働省は、2015年度補正予算により介護ロボットを介護保険施設及び事業所へ導入する費用を助成しています。

全ての介護ロボットが対象となるわけではなく、「介護従事者の負担軽減効果のあるもの」、「一定額以上(20万円超)」など各種条件はありますが、検討されることをおすすめします。

 

介護従事者の介護負担の軽減を図る取組が推進されるよう、事業者負担が大きい介護ロボットの導入を特別に支援するため、一定額以上( 20 万円超)の介護ロボットを介護保険施設・事業所へ導入する費用を助成する。

 

支援対象とする介護ロボット:支援対象とする「介護ロボット」とは、次の1から3の全ての要件を満たす介護ロボットであること。

 

1.  目的要件

・日常生活支援における、ア)移乗介護、イ)移動支援、ウ)排泄支援、エ)見守り、オ)入浴支援のいずれかの場面において使用され、介護従事者の負担軽減効果のある介護ロボットであること。

2.  技術的要件

次のいずれかの要件を満たす介護ロボットであること。

・ロボット技術(※)を活用して、従来の機器ではできなかった優位性を発揮する介護ロボット

※ア)センサー等により外界や自己の状況を認識し、イ)これによって得られた情報を解析し、ウ)その結果に応じた動作を行う介護ロボット

・経済産業省が行う「ロボット介護機器開発・導入促進事業」において採択された介護ロボット。 

3.  市場的要件

・販売価格が公表されており、一般に購入できる状態にあること。

(出典元: 厚生労働省 介護ロボット等導入支援特別事業

 

補助金申請のための手順

補助金の申請窓口は、各地方自治体の担当部署となっています。

補助金申請のための書類提出期限や、提出書類の内容、あるいは助成金額なども地方自治体によって異なるので、詳しくは事業所様が所在する担当窓口へお問合せをしてみてください。

ここでは、埼玉県さいたま市を例に補助金申請にあたっての大まかな流れ(2016年度)を解説します。

 

  • 導入する介護ロボットが補助金の対象となるかを、厚生労働省のサイトなどを参考に確認。
  • 助成金額は1機器あたり20万円以上で、1事業所につき300万円が上限。
  • 以下全ての書類を提出。提出は郵送または来庁。

「介護ロボット導入計画」(ワード形式、市のサイトよりダウンロード可)

「経費所要額調書」(ワード形式、市のサイトよりダウンロード可)

パンフレット等の製品情報がわかるもの(製品該当ページの写しでも可)

 

購入に際しては複数業者から相見積もりをとり、より安価な業者を選択することを求められる、あるいは導入後に導入実績や使用状況などの報告義務などが必要な場合もあります。

自己判断せず、購入前に補助金申請の対象となるのか相談・確認などをおすすめします。

自治体によっては専用の窓口を設けている場合もあります。

 

無担保融資額の上限額は300万円から3,000万円に引き上げ。

政府の補助金制度に加えて、独立行政法人福祉医療機構では介護ロボットの導入などに伴う設置・整備に対する融資が用意されています。

これまでは上限額は300万円でしたが、2017年度からは上限額を3,000万円に引き上げる優遇措置がとられています。

場合によっては、こちらも検討されてみてはいかがでしょうか。

 

介護ロボット導入で、介護報酬加算の可能性あり。

補助金や無担保融資に加え、介護ロボットを導入し介護者の負担を軽くする事業所には介護報酬を加算することが検討されています。

 

介護業界における慢性的な人手不足は、事業所とっては頭の痛いところ。

厚生労働省と経済産業省が連携して介護ロボットの開発・導入を推し進めることで、介護業界で働く人たちの負担を軽減し、利用者とそのご家族には質の高いサービスが維持されるように期待したいです。

 

 

介護ロボットの重点分野とは?

 

厚生労働省と経済産業省による「ロボット介護機器開発5カ年計画」には重点分野があります。

2014年度時点で策定されているのが、下記の5分野8項目です。

 

分野 項目
移乗介助 ロボット技術を用いて介助者のパワーアシストを行う装着型の機器
ロボット技術を用いて介助者による抱え上げ動作のパワーアシストを行う非装着型の機器
移動支援 高齢者等の外出をサポートし、荷物等を安全に運搬できるロボット技術を用いた歩行支援機器
高齢者等の屋内移動や立ち座りをサポートし、特にトイレへの往復やトイレ内での姿勢保持を支援するロボット技術を用いた歩行支援機器
排泄支援 排泄物の処理にロボット技術を用いた設置位置の調整可能なトイレ
認知症の方の見守り 介護施設において使用する、センサーや外部通信機能を備えたロボット技術を用いた機器のプラットフォーム
在宅介護において使用する、転倒検知センサーや外部通信機能を備えたロボット技術を用いた機器のプラットフォーム
入浴支援 ロボット技術を用いて浴槽に出入りする際の一連の動作を支援する機器

(出典元: 経済産業省 ロボット技術の介護利用における重点分野

 

これらの重点分野は、介護の現場のニーズを踏まえて策定されたものです。

具体的な製品の例については、厚生労働省が2017年度に発表した「介護ロボットを活用した介護技術開発支援モデル事業」の製品化機器一覧などで確認することができます。

 

移乗介助

ベッドへの移動などを介助するものです。

装着型は、重いものを抱えたときに起こる腰への負担などを軽減してくれるので、介護者の腰痛軽減などに役立ちます。

非装着型は、ベッドが分離・合体してそのまま電動の車イスになるようなものが開発されています。

 

移動支援

高齢者などを中心に利用者の歩行を支援するものです。

主に外出をサポートするものと、屋内での移動や立ち座り・トイレでの一連の動作などをサポートするものに分類されています。

外出をサポートするものには歩行をサポートするだけでなく、例えば買い物などの荷物を安全に運搬できるような機能やネットワーク接続により見守りを行う、あるいは転倒防止などの機能がプラスされているものがあります。

トイレでは、歩行だけでなく、高齢者には難しい前屈みの姿勢をキープするなどの動作もサポートしてくれます。

 

排泄支援

排泄物の処理にロボット技術が用いられています。

通常のポータブルトイレは排泄物の処理を介護者が行わなければなりませんでしたが、排泄物を水洗トイレのように流せるので介護者の負担を軽減することができます。

また居室の清潔をキープするためにも役立ちそうです。

給排水の工事が必要ないものもあります。

 

認知症の方の見守り

利用者だけでなくご家族にも期待されているのが、認知症の方を見守る介護ロボットです。

利用者の起床・離床などを見守ってくれる機能があります。

センサー付きのベッドなどがありますが、これにより巡回にとられる時間を短縮したり、あるいは徘徊による事故などを防止してくれるでしょう。

 

入浴支援

浴槽への出入りを、ロボット技術を用いることでサポートしてくれるものです。

利用者は腰掛けるだけで、自動で浴槽に入ることができ、介護者の腰痛軽減などが期待できます。

また介護者、利用者ともに入浴時の転倒などを防止してくれることも期待できそうです。

 

 

まとめ

介護ロボットの基本から、今後の動きなどについて解説してきましたがいかがでしたでしょうか。

介護ロボットの現場での活用はまだ始まったばかりですが、介護ロボットの研究が進められているのは日本だけではありません。

福祉先進国として知られるデンマークやオランダでも取り組みは行われていて、日本との意見交換も積極的に行われています。

日本の介護ロボット技術は世界的にも注目されているのです。

 

介護ロボットを導入の目的とするのでなく、事業所様の課題解決に向けてのソリューションのひとつとしての介護ロボット。

一度導入を検討されてみてはいかがでしょうか。

この記事を評価する

-その他

執筆者:

関連記事

介護業界におけるIT・IoT活用とは

人工知能=AIというキーワードが、メディアを騒がせるようになりました。 将来的にも、爆発的な普及と、それによる各産業の構造的改革が進んでいくことでしょう。 しかし、このような大きな可能性を秘めるIT技 …