営業・集客

有料老人ホーム(住宅型・介護付)のチラシ作りで押さえておきたい7か条


投稿日: 更新日:

わが国では、高齢化が加速するなか、独居高齢者や老老介護の高齢者も増加してきました。自分たちの今後の生活に不安を感じて有料老人ホームの入居を考える人もいますが、終の住処とするためにはその施設がどんな方針で運営しているのか、また過ごしやすい雰囲気なのかは気になるところです。有料老人ホームの経営者は、地域に同業者が増えるなか、自社の認知度を向上するために苦労されているのではないでしょうか。

ここでは、広報の基本であるチラシを作成するにあたって、押さえておきたいポイントについてご紹介します。昨今では、SNSの普及に伴い企業宣伝が容易になってきましたが、チラシならではの効果も合わせてご紹介します。  今後、有料老人ホームの開設をお考えの方や集客で悩んでおられる経営者の方は、ぜひ、一読ください。

有料老人ホームのチラシの役割

周知だけでなく問い合わせにつながる

有料老人ホームの利用を考えている方、興味を持つ方は高齢の方が多いです。チラシはホームページでの宣伝とは違い、インターネットを経由することなく、お問い合わせいただくことができる広告媒体です。チラシに、電話番号やメールアドレス、住所、問い合わせ担当者などを記載しておくことで利用を考えている方、興味を持った方からの問い合わせにつながります。

人から人へ間接的に伝わる媒体としての役割

配布チラシのメリットとして忘れてはいけないのが、有効であるターゲットに間接的に情報を伝えてくれるということです。例えば、ある主婦が有料老人ホームの折り込みチラシを見つけた場合、「そういえば2件隣のおじいちゃん、奥さんが亡くなって一人暮らしが不安だって言っていたかな?そうだ、このチラシを渡してみよう」という具合に、受け取った人がその情報が必要であるターゲットに伝達してくれることが考えられます。「ホームページを見てください」という伝達は、高齢者にとってはハードルが高いと思われますが、「このチラシを見てください」なら、ほとんどの人に伝わります。これは、チラシであるからこそ成せるものです。

有料老人ホームのチラシのデザイン

チラシを作成するにあたり、まず重要なのはデザインを考えることです。何を伝えたいか、情報量が多くなりすぎていないかなど、見る側にとって必要な情報を受け取りやすいよう心がける必要があります。
ここでは、デザイン作成について必要なポイントをご紹介します。

入居後の生活がイメージできること

デザインを作成する際、大抵の場合は宣伝のためと意気込んで自社の特色を前面に出してしまいがちです。しかし、受け取る側にとって必要なことは、自分がそこに入居して快適な生活が送れるかどうかです。「最新設備がありますよ」「食事には高級な食材を使用していますよ」というアピールだけではなく、「この設備はあなたにこんな幸せをもたらしてくれますよ」と書いてあるほうが、実際に自分がそこで生活しているイメージがつかみやすいでしょう。

他社との差別化が図れていること

宣伝効果として、競合相手と差をつけることは重要ですが、ここで気をつけなければいけないのが、決して他社を軽侮する内容にしないことです。「他社ではやっていないことをしています」や、「我々だけが考えています」などの表現は、一歩間違うと高慢と捉えられてマイナスイメージになりかねません。
表現方法の例としては、「日々の外出援助だけではなく、旅行の際にも移動の援助や目的地の情報提供をしています」「日常生活だけではなく、入居者の方々が社会とつながることを大切にしています」など、実施しているサービスをわかりやすく、より良いサービスを提供していることを伝えることが重要になります。

見やすいレイアウトになっていること

情報を詰め込みすぎるあまり、強調したいポイントが分かりにくかったり、文字が多くて読むだけで疲れたりするチラシは効果が乏しいです。まずは文章の基本として、横書きならZ型のアイフロー、縦書きならN型のアイフローを意識しておきましょう。
また、フォント選びにも工夫を凝らす必要があります。有料老人ホームのイメージとしては、和やかさや温かさが好印象ですので、ゴシック体やポップ体などのフォントが望ましいです。また、理念や自社の特徴は上段、生活風景は中段、ご案内や連絡先は下段と、一貫した流れで目を通せるような配置も心がけたいところです。また、文字間や行間に適度な余白を残したほうがスッキリして見やすい仕上がりになります。

写真が適度に使われていること

文字やイラストだけではなく、紙面に余裕があればスタッフの顔写真なども入れたいところです。とくに、理念や挨拶の箇所に経営者の笑顔が添えられているだけで、読み手側には好印象を与えます。加えて、施設の一番のアピールポイントを写真付きで載せることにより、その空間で生活するイメージが湧きやすくなります。ただ、あまりに写真が多いと伝える情報が限られてしまうので、全体の比率にも配慮して制作したいものです。

有料老人ホームのチラシ作成の手順

「自社の宣伝だから自分で作りたい!」と考える人もおられるでしょうが、手間やその後の配布業務なども考えると、制作会社に依頼するのが望ましいです。
以下に、一般的なチラシ作成の手順を紹介します。
例)問い合わせ→ヒアリング・打ち合わせ→見積もり→契約→デザイン作成→確認・校正→印刷→納品→配布

作成にあたり知っておきたいこと

  • 上記の一例において、依頼する会社によっては、見積もりの段階で制作費用の半分を着手金として支払わなければならない場合がありますので、詳細は打ち合わせの段階で確認しておきましょう。
  • デザイン作成の段階で、ある程度の自社が希望する構想、創業者へのインタビュー、施設外観などを練っておくことをおすすめします。
  • 見積もりの時点で、新聞への折り込みの有無や、ポスティングの有無についても費用が変わってきますので、こちらも打ち合わせの段階で決定しておくことが望ましいです。

有料老人ホームのチラシ作成の期間

作成期間については、発注量やサイズなどをはじめ依頼内容によって異なりますが、通常の文章やイラストのチラシでは制作開始から約1週間で手元に届くでしょう。では、どんな場合に時間がかかるのでしょうか?
以下に、納品までに時間がかかる例を3点あげてみます。

印刷依頼のみでも部数が多い場合

デザインを自社で作成して印刷を依頼する場合、5日ほどで手元に届くことが多いでしょう。しかし、広域への配布を目的とした万単位での依頼や特殊な用紙を用いる場合などでは1週間以上かかることがあります。イベントでの掲示や配布など納期が決まっている場合は要注意です。

複雑なデザインの場合

写真の上にフォントを重ねたデザインや、写真の加工が必要なデザインの場合は、会社によっては2週間程度かかる場合があるので注意してください。

構成自体を依頼している場合

打ち合わせの時点で、素材やレイアウトを準備できているといいのですが、抽象的なイメージしか持っていない場合は注意です。ほぼお任せで依頼すると、途中での打ち合わせや校正などの時間を要するため、納品まで2〜3週間かかることがあるでしょう。

有料老人ホームのチラシ作成にかかる費用

制作費用に関しては、依頼する会社やチラシのサイズ、白黒・カラーなどによって変動します。
一般的なチラシ制作の費用内訳を、以下にあげます。

例)

  • 印刷料
  • レンタルフォト料
  • 撮影料
  • デザイン料
  • チラシの配送料
  • 修正費

気になる相場は?

A4サイズ・両面カラー・デザイン費を合わせて10万円あたりが相場です。ここに印刷料や発送料が加わります。後述しますが、依頼する会社の事業形態や規模によっても料金は変動します。一般的に個人事業主や小規模の会社では費用を抑えられる傾向にあります。

注意しておくべき点

制作会社によっては、初期の見積もりにコピー料や発送料が含まれていない場合があります。見積もりの段階で確認しましょう。

出費を抑えるための工夫

上記の例にあげたように、依頼する項目ごとに料金が発生してくるため、自社で対応できる範囲を、あらかじめ見極めておくことが重要です。とくに、文章やイラスト・写真などの素材に関しては、自社の中で検討して厳選しておきましょう。レイアウトも紙面に書いたりパワーポイントなどのソフトで作成してみたりと、ある程度の構成を考えておくことで費用を抑えることができるでしょう。

有料老人ホームのチラシ作成会社の選定方法

制作依頼をする際に、仕上がりの満足度や納期を考えるうえで、どんな会社の形態と特徴があるのかなどを、事前に押さえておくことが重要です。また、予算との兼ね合いもあるので、自社が何を優先するかが選定の基準になるのではないでしょうか。
ここでは、会社形態と事業形態の各々3つの特徴を紹介します。

会社形態

デザイン制作会社

その名のとおり、デザインを専門とした制作会社です。具体的な構成案が無い場合や、他社に負けないハイクオリティのチラシを制作したい場合にはうってつけです。しかし、会社によっては、制作費用が自社の予算を大幅に超える場合もあるため、事前に複数の会社を調査しておきましょう。

印刷会社

印刷のみを行なう会社もあれば、専属のデザイナーを雇ってデザイン業も手がける会社もあります。しかし、デザインのクオリティではデザイン制作会社に比べ見劣りすることがあるかもしれません。

総合広告代理店

広告代理店は、チラシ作成のみではなくプロモーションについての企画立案・コンサルティングを武器としています。チラシ作成後のフォローや宣伝営業なども依頼したい場合は、最適かもしれません。また、クライアントに対して専属の担当がついてくれるケースもあるので頼もしいです。

会社規模

個人事業主

基本的には一人または少数で経営しているため、交渉次第では低価格で請け負ってもらえることがあります。しかし、デザインのクオリティにばらつきがあり、また、納品後に追加発注したい場合に、事業主の都合で連絡が取れなくなる可能性もあります。

小〜中規模の会社

個人依頼よりやや割高にはなりますが、少数精鋭でクオリティを重視する企業や、デザイナーだけでなく専属のカメラマンも雇用していることがあります。会社の規模が大きくなるほど、さまざまな依頼を請け負ってもらえますが、それに見合った費用もかかるでしょう。

大企業

CMやインターネットでよく耳にする企業では、クオリティや信頼感は問題ないでしょう。また、専属で担当がつくことにより、納期や他のトラブルに柔軟に対処してもらうことも可能です。しかし、費用は上記にあげた他の会社よりも格段に高くなります。予算に余裕があるならば、依頼してみてはいかがでしょうか。

総合的に考えると、費用を抑えたいのなら個人事業のデザイン会社か印刷会社、クオリティの確保やアフターフォローを充実させたいのなら大手の広告代理店かデザイン会社と考えてよいでしょう。

有料老人ホームのチラシ作成の際の留意点

チラシを作成するにあたって、施設の特徴や和やかな雰囲気を伝えることは重要です。しかし、デザインの構想や配布方法を考えるなかで、「法的に大丈夫かな?」と悩むこともあるかもしれません。とくに、ご自身で作成しようと考えているならば、責任の所在が自社にかかってくるため注意しなければなりません。
チラシ作成において関連する権利と法律を、以下に2点挙げます。

理解しておきたい権利と法律

著作権法

チラシのデザイン中に用いられているイラスト・写真すべてには著作権が存在します。著作権とは、簡単に言えば著作物を価値ある財産とみなし、著作者の許可なく他人が使用することはできないというものです。有名なキャラクターなどは例として分かりやすいですね。そのため、事業名を出して対外的に配布するチラシに、ネット上から持ってきたイラストや写真を安易に使用するのは危険です。仮に、商用のフリー素材としてアップされている画像を使用するにしても、取得元情報などを掲載することが望ましいです。制作者側に悪意がなくとも、なんらかの形でチラシが悪用されることがあれば、著作権の侵害で訴えられる可能性があります。その点からも、イラストや写真は専門の会社に依頼することが望ましいです。

肖像権

肖像権とは、人の姿や形または写真などが持ちうる権利のことであり、他者の許可なく勝手に掲載すると肖像権侵害にあたります。よくSNSで写真の中に他の家の子供が写り込んでいてトラブルになる事例がありますが、企業としてチラシを配布する以上は、必ず注意しておきましょう。何気ない風景写真の中に関係者以外が写っていないかなどを気に留める必要があります。また、施設の入居者や職員等の関係者の写真も、使用する際は事前に本人やご家族に承諾を得る必要があります。肖像権の問題についても、トラブルを起こさないため制作会社に依頼するほうが安全かもしれません。

まとめ

いかがでしたか?
ここでは、有料老人ホームの新規開設を考えている方のために、チラシの重要性と制作にあたって押さえておきたい7か条をまとめてみました。ホームページやSNSでの宣伝と違い、チラシは独自の情報発信の役割を持ち、潜在的な利用者に届きやすいツールであると言えます。制作の際には、まずは自社が何をアピールポイントとしたいのか、ターゲットはどこに絞るかなどの重要項目を決定し、その後に予算や納期に合わせた発注先を選ぶとよいでしょう。
これを読んで「参考になった」と思われたら、SNSでシェアしていただけると幸いです。

実地指導の準備はお済みですか?
実地指導に向けて対策しておくべきポイントについて、わかりやすくまとまっているPDF資料を、ぜひご活用ください。

-営業・集客

執筆者:

関連記事

獲得

介護事業の継続に欠かせない利用者を獲得する方法

僕、今度、介護事業所経営するんだけど大切なことは何かな? やはり、介護事業を継続させるには利用者を獲得することが一番大切だよ。この記事を参考にしてみよう! なるほど!早速この記事を読んで、方法を考えて …

比較する女性

介護事業で営業代行は利用すべき?メリット・デメリットを解説

人員基準を満たすので、精一杯でなかなか営業まで手が回らないな… そんな時は、営業代行というものがあるよ!ただ、営業代行の注意点もあるから、この記事を読んで、勉強しよう! へぇ~、そんなサービスも存在す …

効率化

介護事業所の「稼働率」をアップさせるには?

僕の開業した事業所、始めは売り上げよかったんだけど最近良くないんだよね… カイポチよ。「稼働率」という言葉を知っているか?稼働率を意識することで、事業所の売り上げを伸ばすことも出来るのじゃよ 「稼働率 …

印刷

小規模多機能型居宅介護事業のチラシの作り方

僕、美術の成績「5」だったから、チラシやパンフレットの制作とか楽勝だよ いやいや、美術の成績はあまり関係ないぞ…大事なのはチラシを見た人の心を掴めるかどうかじゃ 確かに、そうじゃ。わしは、飼い主さんの …

チラシ

居宅介護支援事業所のチラシの作り方

カイポチ君、最近、介護事業所の宣伝は順調? 問題ないよ、ここニャンちゃん!毎朝、駅前でこのチラシを配ってるから(文字だけのチラシを見せる) えーとね…チラシを作るにはコツがあるんだよ。この記事を読んで …