営業・集客

小規模多機能型居宅介護事業のチラシの作り方


投稿日: 更新日:

僕、美術の成績「5」だったから、チラシやパンフレットの制作とか楽勝だよ

いやいや、美術の成績はあまり関係ないぞ…大事なのはチラシを見た人の心を掴めるかどうかじゃ

確かに、そうじゃ。わしは、飼い主さんの介護施設のチラシを見ても、入居したいと思わないのぉ

そうなんだ。チラシ作り頑張ります…

介護事業で小規模多機能型居宅介護事業所の開業や、新規事業の立ち上げを検討されているみなさま。

チラシでの広告をどのようにお考えでしょうか。チラシは伝統的な営業・広告ツールとして、様々な企業や分野でマーケティング戦略の一つとして活用されています。

この記事では、小規模多機能型居宅介護事業所のチラシの作り方について、詳しくご説明します。ご一読いただき、ぜひ今後の経営にお役立てください。

印刷

小規模多機能型居宅介護事業所にチラシが必要な理由

では、なぜ小規模多機能型居宅介護事業所に、チラシが必要なのでしょうか。

小規模多機能型居宅介護事業所とは

65歳以上で身体上や精神上の障害などによって、日常生活をお一人で営むのが難しい高齢者に対し、訪問サービスや、通所サービス、宿泊サービスのニーズに合わせた介護サービスを提供する事業です。

また、いわゆる内部ケアマネジャーが居る事業所となります。

このように小規模多機能型居宅介護事業は、多くの介護サービスの役割を担っています。

どの様な事業を行っているのかを他事業所や地域包括支援センターのケアマネジャーに対してだけではなく、多くの人に理解を促し、新規利用につなげる必要があります。

そうした中でチラシは、営業に回る際に持参するパンフレットとは違い、ポスティングや新聞の折り込み等で各家庭に配布され、介護サービスを必要としている介護者の目に直接触れるため、重要なのです。

チラシ作成は会社に依頼するべきか

では、チラシはどのように作れば良いでしょうか。自分たちの事業所で制作するのか、それとも専門の会社に依頼すべきでしょうか。

個人で作る場合

自分たちで制作する場合は、ワードやエクセルなどを活用して比較的簡単にできます。

デザインや広告内容などの情報をまとめます。その後、チラシのサイズやデザインを考えて入力します。

印刷費用

事務用のコピー機での印刷はコストが低くなると思いがちですが、カラーレーザープリンターのフルカラーでは、1枚約15円かかります。

モノクロ印刷にすると、1枚あたり約4円です。仮に5000枚印刷しようと思う、とフルカラーで75000円になり、モノクロ印刷でも20000円となります。

これは印刷するだけなので、用紙などのコストは計算に含まれていません。
 

広告会社、制作会社を利用する場合

検索エンジンなどでチラシ広告を取り扱っている会社を探します。

問い合わせフォームや注文フォームがあるため、連絡を取って原稿データを送付します。

その後、デザインデータが届くので、内容の確認と誤字や脱字がないか校正します。デザインが確定したら印刷され、約1週間で完成します。

印刷費用

片面フルカラーで5,000枚、約27000円です。また、用紙はこちらで厚さや特殊加工をオーダーすることができます。

例えばコート紙で印刷すると、原紙の表面がコーティングされているため、普通紙よりも高級感のある仕上がりになります。

※別途デザイン費用などがかかります。

広告会社、制作会社を利用する場合のメリットとデメリット

事業所で自作はできますし、コスト面でも抑えることは可能です。

しかし、チラシに入れ込むイラストや写真などの素材は、商用不可なものもあるため、使用できる素材は限られてきます。

やはり、チラシは広告のプロフェッショナルである広告会社に依頼するのが良いのでしょうか。

メリット

広告会社に依頼したチラシのクオリティーは、事業所で自作したチラシとは明らかに違うため、他事業所との差別化が図れます。

また、用紙も異なります。コピー用紙とは違い、上質紙か中質紙の表面に特殊な薬品でコーティングされているため、インクの乗りが良いです。使用素材にも制限がありません。

デメリット

小規模多機能居宅介護事業の業務内容をどのように伝えたら良いのか、原稿や素材、しっかりと用意しなければなりません。当然、制作の費用もかかります。

また、何度も打ち合わせの必要があります。

このようにメリットとデメリットや、どちらの方が集客や注意を引くことができるかを考えて、より他事業所との差別化を図れる方法を選びましょう。

小規模多機能型居宅介護事業所のチラシの作り方

チラシを広告会社に依頼するにしても、初めに事業内容などをまとめたものを入稿しなければいけません。チラシの作成を依頼してから、どの様にしてチラシが完成されるのでしょうか。

作成手順

1.チラシに何を入れ込みたいかを明確にします。

小規模多機能型居宅介護事業所のサービス内容や事業所名、電話番号や住所など入れ込みたい内容を絞ることが必要です。

2.伝えたい情報の優先順位を考える

1で入れ込みたい情報を明確にしたので、その中で優先順位をつけます。

3.デザインやレイアウトイメージを決める

どの様なデザインやレイアウトが良いのか、あらかじめ決めておきます。文字の大きさや配置などをラフ画にしておくと、広告会社に依頼する際、完成イメージが伝わりやすくなります。

また、事業所のロゴや内外観の写真など素材データも必要です。

4.入稿

広告会社に作成したラフ画や素材データ、明確化した情報の優先順位などを伝えます。

5.デザインやレイアウトを決める

入稿したデータを基により詳細にデザインやレイアウト、配色や用紙サイズなどを相談し決定します。

6.印刷

チラシデザインが決まったら印刷を開始します。まず試し刷りをして、小規模多機能型居宅介護事業所で、内容の確認や誤字がないか校正を行い、なければ印刷をします。

その後ポスティングや、新聞の折り込みチラシとなり各家庭に配布されます。

広告会社によっては、盛り込む情報の整理から行ってくれる広告会社もあります。作る前の綿密な準備が、クオリティーの高いチラシ作成に必要です。
 

小規模多機能型居宅介護事業所のチラシを作る注意点

チラシを作成するにあたって、新規利用を促すため多くの情報やデザインを考えると思いますが、デザイン次第でその広告が目に留まるかどうかが決まります。

その注意点はどのようなことでしょうか。

注意点

注意点1

情報を詰め込み過ぎない。人がチラシに目を通す時間は一瞬です。多くの情報をチラシの中に入れると逆に伝わりにくくなるためです。

注意点2

余白を取る。余白がなく情報が隅々まで記載されていると、どれだけ内容が伝わりやすくても読む気になれません。ですので、窮屈な印象を与えないようデザインなどで適度な余白を取ることが必要です。

注意点3

カラーの場合は文字の見え方に注意。チラシの背景色と文字色の組み合わせによっては、非常に見づらいチラシになるため、何色か組み合わせを考えることが必要です。

まとめ

伝統的なマーケティング戦略であるチラシについて、記載してきました。新規ご利用者の獲得や宣伝の参考になればと思います。

この記事が参考になった方は、ぜひシェアをお願いいたします。

-営業・集客

執筆者:

関連記事

営業する女性

介護事業の積極的な営業で多くのご利用者を獲得していくには

カイポチよ!最近、営業の方は進んでいるか? えっ?介護職員に営業させるの? やれやれ、介護事業での営業の重要性を理解していないみたいだのぉ。この記事を読んで勉強するのじゃ 介護事業というのはご利用者な …

セミナー

介護事業のための営業セミナー。得られるものは?費用は?

「介護は経験命!セミナー」みたいな座学に行っても意味無いよね? そんなこと無いよ!カイポチ君!もちろん、経験は大事だけど、それよりも大事な介護に対する考え方や知識を深められるの! わ、分かったよ!!試 …

パンフレット

知っていましたか? 特別養護老人ホームのパンフレット作りで重要な5つのポイント

うちの特養のパンフレットを作りたいんだけど、どこに気をつければ良いか分からないんだよね パンフレット制作の際に気をつける点は大きく分けて5つかな。作り方次第で読者に好印象を持ってもらえるから要チェック …

パンフレット

居宅介護支援事業所の魅力を活かすパンフレットの作り方

わしが利用している居宅介護支援事業所のチラシが見にくいのじゃが、どうにかならんかの… なるほど…これは、文字しかないから見にくいな。パンフレットは文字と絵のバランス・配置が大切だから。カイポチも気をつ …

比較する女性

介護事業で営業代行は利用すべき?メリット・デメリットを解説

人員基準を満たすので、精一杯でなかなか営業まで手が回らないな… そんな時は、営業代行というものがあるよ!ただ、営業代行の注意点もあるから、この記事を読んで、勉強しよう! へぇ~、そんなサービスも存在す …