営業・集客

居宅介護支援事業所のチラシの作り方


投稿日: 更新日:

カイポチ君、最近、介護事業所の宣伝は順調?

問題ないよ、ここニャンちゃん!毎朝、駅前でこのチラシを配ってるから(文字だけのチラシを見せる)

えーとね…チラシを作るにはコツがあるんだよ。この記事を読んで、宣伝効果の高いチラシを制作しよう!

 居宅介護支援事業所での開業・新規事業立ち上げを考えている経営者の皆さま。チラシの導入は検討されていらっしゃいますか?

チラシは営業・広告としての機能はもちろんのこと、企業のブランディングとしても有効なツールです。

適切にツールを使用することができれば、顧客獲得にもつながりやすいといえます。今回の記事では、居宅介護支援事業所のチラシの作り方に関して詳しくご説明していきます。一読し、ぜひ今後の経営にお役立てください。

チラシ

居宅介護支援事業所にチラシが重要な理由

居宅介護支援事業所とは、介護給付が必要と認定された利用者に対して、自宅で自立した生活が送れるよう、ケアマネージャーが必要な支援を行うサービスです。

ケアプランの作成、ケアプランに位置付けたサービス提供事業者等との連絡・調整など、各利用者が適切な介護給付(介護サービス)を受けるために、さまざまな支援を行います。

各自治体で配布している事業所一覧には、数多くの居宅介護支援事業所を見ることができます。

いわばライバルが多い中で、「自社の居宅介護支援事業所をどのように認知してもらうか」、「いかに利用者に指名してもらうか」また、「他事業所とどのように差別化を図るか」などが新規事業者にとっては、重要な課題となるでしょう。

チラシの最大のメリットは、パンフレットなどに比べ比較的低予算なこと。また完成までの工程も少なく作成できることです。

一度にまとまった数を作成できるので、それぞれの家庭のポストに投函したり、新聞に折り込みチラシとして挟んだりもできます。

チラシを投函することによって、今後介護が必要となる方、あるいはそのご家族へのアプローチになるばかりでなく、自社の居宅介護支援事業所を認知してもらうことにもつながります。

自社と自社サービスの特徴を広く認知してもらうために、チラシは古典的ではありますが、今も有効なツールなのです。

居宅介護支援事業所のチラシは自分で作るべき?業者に頼むべき?

個人でチラシを作る場合、手間はかかりますがコストは抑えられます。

例えば、チラシにイラストを使うとしましょう。「イラスト フリー素材」などで検索すると沢山のイラストが出てきますが、ホームページ向けのもの、あるいは商用不可のもの等、チラシとして印刷できる素材は意外と限られています。

中には介護に特化した無料テンプレート(商用可)などもあるので、チラシを個人で作成することは可能です。

しかしこの場合、他社との差別化という効果は、あまり期待できません。下記の表で、チラシを個人で作成する場合と、業者を利用する場合を比較してみました。イラストを使用する場合以外にもさまざまな違いがあります。

個人でつくる場合 業者を利用する場合
イラスト
デザイン
素材集めからデザインまで、
自身で行う
専門のスタッフが自社ブランドと結び付けた効果的なデザインを作成
印刷費用(カラー) 業務用コピー機で1000枚印刷
約20000円~
1000枚印刷 
約2000円~
完成までの必要期間 自身のスキル次第 簡単なフォーマット入力から、最短5分の
打ち合わせ
注意点 使用不可の素材など 会員登録が必要な場合も

個人でチラシを作成するメリットは、「よりオリジナル性を出せる」点と、「トータルコストを抑えられる」点が挙げられます。

しかしその分、デメリットとしては「時間と手間がかかる」点が挙げられるでしょう。

その点、業者を使用することはチラシ制作の時間と手間とを省けるメリットがあります。

チラシを実際に目にする方は、居宅介護支援事業所を利用する高齢者の方や、自治体の相談窓口である地域包括支援センターの職員の方が対象です。あるいは、まだ介護が身近な問題となっていない方もターゲットになるかもしれません。

そのような方たちの目に留まりやすい、またわかりやすいチラシのデザインを行うのは、実際には「難しい」と言わざるを得ません。

これらの点から、チラシ作成に十分な時間と手間がかけられない場合には、業者に頼むべきといえるでしょう。

そこで次の章では、チラシ作りに業者を利用する場合について、説明してまいります。

居宅介護支援のチラシの作り方

業者を利用した場合のチラシ作成では、ご自身で実際にデザインをしたり、レイアウトをしたりする必要はありません。ただし、「何のために」「誰に」「どのようなことを伝えたいか」ということを明確にしたうえで、業者に依頼するようにしましょう。

  1. チラシの作成目的や配布対象者を明らかにする
  2. 居宅介護支援事業所を開業、あるいは新規事業として立ち上げるにあたり、自社の事業所を認知してもらうことが一番の作成目的になると思います。その際、顧客獲得へのアプローチをどう考えるかによって、配布対象者が変わってきます。

    地域包括支援センターなど、居宅介護支援と実務レベルで連携していく範囲に留めるのか、事業所があるエリアの一般住民のお宅にまで配布するのか、まずはここを明らかにするようにしましょう。

    配布対象者に合わせて、配布枚数や配布スケジュール、内容などを細かく検討し、作成前に綿密に準備することが、より効果的なチラシ作成には重要です。

  3. 伝えたい情報の優先順位を考える
  4. 連絡先や住所、運営法人と代表者の名前、さらには事業所の営業時間や休日対応、対応エリア、職員構成、理念などが基本情報として伝えるべき情報です。加えて、
    1.自社のコンセプトとは何か
    2.他社との違いは何か、差別化しているポイント
    3自社をどのように認知してもらいたいのか、利用してもらいたいのか
    といった部分も意識して、チラシに盛り込むことが必要です。上記のような伝えたい情報の優先順位をつけてみてください。

  5. 以上の情報をもとにデザイン・レイアウト等を業者へ依頼&打ち合わせ
  6. サイズ、ページ数等の体裁、紙の仕様、さらには文字の大きさ・書体や、どんなイラストを使用するかなど具体的な紙面構成をチェックします。

  7. 印刷
  8. 配布
  9. 検証

*③あるいは④まで、業者が行う部分となります。⑤の配布まで一括で行ってくれる業者も中にはあります。使い勝手の良さや、予算に応じて業者を選択するようにしましょう。

チラシ作成、さらに効果的にするには

繰り返しになりますが、チラシは作成して終わり、ではありません。作成した後、配布後には⑥の検証を必ず行うようにしましょう。

忘れがちな作業ではありますが、次回、より良いチラシを打つためにも、

  • チラシの反響がどの程度あったか
  • チラシからの顧客獲得数

など、客観的にデータから検証することがとても大切です。

居宅介護支援のチラシを作る際の、注意したいポイント

情報を入れすぎていませんか?

手に取ってみたものの、ほとんど目もくれず捨ててしまうチラシ。皆さまも経験があると思います。文字数といった情報量があまりに多いと、始めから読む気にならないもの。

また自社のコンセプト、他者との差別化、といった強調したいポイントが薄れてしまう恐れもあります。伝えたい情報に優先順位をつけ、適切な情報量に絞り込むことが大切です。

ターゲットと切り口の設定は的確ですか?

チラシの配布対象者について、「3.①チラシの作成目的や配布対象者を明らかにする」部分でも触れました。

例えば地域包括支援センターに配布するのであれば、職員の方にとって「こんな事業所がありますよ」と紹介しやすい切り口に、あるいはチラシを目にした市民の方が、「足を運んでみようか」と思うような気軽さを与えるような切り口にすると、手に取ってもらえる率はグンと高くなります。

ターゲットに適した切り口を意識するようにしましょう。

ベネフィットをきちんと語っていますか?

自社を認知してもらうことは、自社が提供できる「ベネフィット」を認知してもらうことでもあります。チラシを配布する対象者が誰であれ、このベネフィットについて知りたいのですから、熱意を持って、語ることがとても大切です。

さいごに

居宅介護支援事業所のチラシの作り方について、チラシ作成の方法を踏まえ、主に業者を利用する場合について説明しました。

チラシを作成することは、自社のコンセプト、他社との差別化、自社が提供できるベネフィットについて、改めて考えるタイミングでもあります。

以上のようなことを参考に、自社の居宅介護支援事業所の特徴を伝えられるチラシ作成を行うようにしましょう。

参考になった方は是非シェアしていただけると嬉しいです。

-営業・集客

執筆者:

関連記事

パンフレット

知っていましたか? 特別養護老人ホームのパンフレット作りで重要な5つのポイント

うちの特養のパンフレットを作りたいんだけど、どこに気をつければ良いか分からないんだよね パンフレット制作の際に気をつける点は大きく分けて5つかな。作り方次第で読者に好印象を持ってもらえるから要チェック …

営業

介護事業所の営業方法について

毎日、駅前で100枚チラシ配ってるのに、全然利用者増えないよ カイポチは小学生にチラシを配っているからね。営業方法を変えてみてはどうじゃ。ケアマネへ営業したり、パンフレットをさくせ… そうだね!!!! …

介護事業における効果的な集客方法とは?

僕の介護事業所はなかなか集客出来ないんだけど…どうすれば良いんだろう… ターゲットごとに集客方法を変えると良いぞ。ケアマネージャーに営業したり、近隣地域でチラシを配ったり、工夫すると良いぞ …

セミナー

介護事業のための営業セミナー。得られるものは?費用は?

「介護は経験命!セミナー」みたいな座学に行っても意味無いよね? そんなこと無いよ!カイポチ君!もちろん、経験は大事だけど、それよりも大事な介護に対する考え方や知識を深められるの! わ、分かったよ!!試 …

印刷

小規模多機能型居宅介護事業のチラシの作り方

僕、美術の成績「5」だったから、チラシやパンフレットの制作とか楽勝だよ いやいや、美術の成績はあまり関係ないぞ…大事なのはチラシを見た人の心を掴めるかどうかじゃ 確かに、そうじゃ。わしは、飼い主さんの …