看護師のオンコール手当て

投稿日:2017年2月23日 更新日:

きっちょむさん

特養の看護師について質問です。
夜間はオンコール体制をとっていますが、かなり看護師は負担だと思います。3人しかいないので、単純に月に10日は当番になります。
オンコール体制ということは、自宅待機が基本でもちろんお酒も飲めません。

そのようなことを配慮すると、手当てが必要だと思いますが、みんさんはどのようにお考えでしょうか?

2017-02-23 11:01:29

コメント

julyさん

当法人の給与規定には

当法人の給与規定には、そのような手当は載っていませんでした。もしそれがあるのだとすれば、当法人は有事の際の連絡先は各フロアの主任になっています。主任は有事の際は行動しなければならない決まりになっているので、そういった手当も必要ですね。
2017-02-24 01:13:26
きっちょむさん

julyさん へ

コメントありがとうございます。主任さん結構負担ですね!?
こちらは深夜出勤も当番の看護師が対応します。時には救急車に同乗するのを見たりしていると、ハードな仕事だと思います。

仕事場以外で拘束されるのって負担だと思います。常に枕元に携帯をおいて、精神的にもきついのはないでしょうか??

2017-02-24 12:14:24
カイジさん

コストの問題ですね!

訪看や居宅、看多機ならオンコール体制で加算が付きますが、特養の場合は加算ないですよね。
基本単価に含まれていると言われればそれまでですが。
ただ、特養の場合は看護体制加算があるので、その中に含まれていると考えるべきでしょうか。
2017-02-25 21:22:02
きっちょむさん

Aventadorさんへ

いつもコメントありがとうございます。
確かにそうですね。加算がないので、その出どこは?って問題になりますね。

施設の考え方次第になるのでしょうか??

看護体制加算を取るから、手当てを付けるという考えにはならないような気がします。

やはり頑張ったら頑張っただけ対応できる仕組みになれば職員のモチベーションもあがればいいですね。

2017-02-26 19:20:04
すのちせあしはさん

看護体制加算(2)イ、ロについて

算定要件に24時間連絡できる体制と記載されています。また、看取り介護を実施する際には24時間の連絡体制は必要です。
当施設では看護師のオンコール手当はつけています。
頑張ったら頑張っただけ対応できる仕組みをとれるような介護報酬が理想ですね。
2017-03-07 17:20:51

-

関連記事

訪問介護

訪問介護の指定基準とは?手順から注意点まで解説

介護事業を開業する上で気をつけなければならないのは、指定基準です。 指定基準を満たしていなければ、指定を受けることもできません。 今回の記事では、訪問介護の指定基準に関して解説していきます。 目次1 …

違反

福祉用具貸与の指定基準とは?基準違反の場合はどうなる?

福祉用具貸与事業の立ち上げを検討されている皆様は、指定基準をしっかりと把握されていますでしょうか。 福祉用具貸与事業は他の介護サービス種と少々毛色が異なりますが、開業には、同じく指定基準を満たした上で …

グループホーム(認知症対応型共同生活介護)の指定基準について

超高齢社会の進行による認知症患者の増加に伴い、認知症患者に対応できる介護サービスのニーズは拡大しています。 グループホーム(認知症対応型共同生活介護)の開業を検討されている方も多いのではないでしょうか …

小規模デイサービス(地域密着型通所介護)の開業で押えておきたいポイント

地域包括ケアシステム構築の一端を担う小規模デイサービス(地域密着型通所介護)。 地域に根ざした介護サービスを提供したいと開業を検討されている方も多いかと思います。 今回は、小規模デイサービスを開業する …

ショートステイ用のチラシを作るには?

高齢化で需要が高まる一方で、新しい施設は知名度が低かったり信用が足りなかったりすることで開業当初は利用者を増やすことが中々難しいです。 そのため、広報・営業活動が利用者獲得の鍵となってきます。 今回の …