風邪?で声がでない職員への対応

投稿日:2017年2月6日 更新日:

julyさん

皆さんの事業所では、風邪を引くなどして喉をやられ、声がかすれて出なくなった場合の処遇はどのようにしていますか?

昨日、準夜勤で来た職員が全然喋らないからどうしたのかと思ったら、声がかすれて出ない状態でした。それ以外には風邪症状なく、そのまま仕事をしていました。

この業界はコミュニケーションが命。声が出なければ仕事にならないと思っています。実際に以前の職場では休むように言われてきました。皆様のところでは、どうしていますか?

2017-02-06 12:27:32

コメント

カイジさん

風邪をひいたのであれば休ませてます!

声が出ないほど、枯れているのであれば休ませるか本人と判断します。
感染症ですからね。特に夜勤なら利用者との接触が濃厚ですから、風邪の感染から肺炎になり命を落とす場合もあります。
スタッフも風邪を引いて利用者に移すリスクを認識してほしいところです。ただ、風邪の程度にもよるでしょうが。
声が出ないほどの風邪を引いているのであれば考えます.
単に声が出ないのであれば業務に支障なければ問題ないと思います。
2017-02-06 23:56:15
julyさん

Aventadorさんへ

コメントありがとうございます!
そうですよね、介護員の責任として風邪を利用者にうつしたら大変なことになってしまいます。しかし、それは分かるのですが看護師すらマスクをして咳をしながら仕事をしています。自分はそれを見て???と思ってしまうのでした。
2017-02-07 08:13:02
きっちょむさん

風邪??

もし風邪なら仕方がないのですが、カラオケとかで喉をいためたのであれば問題ですね。

しかし、仕事を休んで、代わりの職員が仕事をするということまでではないと思います。もし、風邪でなく自己管理の問題なら、代わりに勤務する職員は良い気持ちはしないと思います。

職員個々の仕事に対する意識を高く持ってもらう必要があるでしょうね・・・。

2017-02-08 09:54:50
julyさん

きっちょむさんへ

結局風邪だったようです。二日酔いで出勤してくる職員もいますし、結局は自己管理の問題と言うことですね。自分は次の日が仕事の時は8時間前には飲酒を止めるようにしていますが…。若い職員は特に遊びたい気持ちもあるんでしょうし。声を掛け合って気をつけていきたいですね。
2017-02-08 17:35:09

-

関連記事

サービス付き高齢者住宅の設計

サービス付き高齢者向け住宅の設計を行うには?

必見!! サービス付き高齢者向け住宅で介護事業を開業しようとしている方を応援するための記事です。 いざ開業するにあたって覚える事がたくさんあります。そこで、この記事では初めに設計基準の解説から利用でき …

グループホーム(認知症対応型共同生活介護)の指定基準について

超高齢社会の進行による認知症患者の増加に伴い、認知症患者に対応できる介護サービスのニーズは拡大しています。 グループホーム(認知症対応型共同生活介護)の開業を検討されている方も多いのではないでしょうか …

介護事業者が名刺をつくる前に知っておくべきこと

介護事業で新規事業立ち上げを考えている皆様。 介護事業者が名刺をつくる上でのポイントを、しっかりと理解されていますでしょうか。 お客様との信頼関係が特に求められる介護業界において、名刺の役割はとても大 …

違反

福祉用具貸与の指定基準とは?基準違反の場合はどうなる?

福祉用具貸与事業の立ち上げを検討されている皆様は、指定基準をしっかりと把握されていますでしょうか。 福祉用具貸与事業は他の介護サービス種と少々毛色が異なりますが、開業には、同じく指定基準を満たした上で …

車椅子の方を介護

介護事業にどのような什器が必要なのか?調達方法もご紹介

介護事業を新規に開業予定の皆様にとって、どういった什器が必要になるか、またその調達方法や金額についても気になるところだと思われます。今回は介護事業において必要になる什器について解説していきます。ぜひご …