施設ケアマネと生活相談員

投稿日:2016年11月28日 更新日:

summerさん

某月間雑誌は「施設ケアマネ&相談員」というタイトルを発行しています。
なんで一緒の本になるのかが疑問です。
ふたつの職種とも専門職であり、業務内容は違うはずです。

それなのにふたつの職種がおなじ本の中に納められていることがよく分かりません。

みなさんの施設において、このふたつが混合されることはありますか?

資格でいうと
介護支援専門員と社会福祉士です。
はっきりと区別した取り組みにして、専門性を高める方がいいと思いますが、みなさんの職場ではいかがですか?

2016-11-28 17:36:54

コメント

カイジさん

共通点!

ケマアネも社会福祉士も相談業務ですね。ケマアネは介護保険のコーディネーター。社会福祉士は高齢者・児童・障碍者へ生活を送るための助言・指導。どちらかというと社会福祉士のほうが範囲は広いですよね。
でも高齢者施設での社会福祉士はケアマネと共通する業務を担っているのかなと思います。ただ、プランニングはしませんけどね。
社会福祉士は病院や社協で配置されあきらかにケアマネとは違う業務を担っていますよね。
働く環境で変わるのかなと思います。
専門性も役割を分担して高める方が一番だと思います。
ただ、日本は抱え込みを美徳と思う風潮もあるので役割の区別があやふやになる時があると思います。
きちんとした役割と連携による「つなぐ」が大切だと感じます。
2016-11-28 20:04:03
julyさん

相談業務という点で

私の施設でも、施設ケアマネと生活相談員の業務は明確に分けられているようです。生活相談員の方は、何というか苦情処理でとても忙しそうです。入居者家族にクレーマーのような方がいて、大変そうです。
ざっくり言うと、どちらも相談業務ですから、何となくひとくくりにするのは理解できる気がしています。
2016-11-29 21:24:21
きっちょむさん

分かる気がします

施設によって線引きがあいまいなところが多いですね。
ただ、それは現場での実情であってそれぞれの専門領域はあるはずです。

専門の書籍(月刊誌?)なら、同じくくりにしないで、それぞれの専門に特化そた情報が欲しい気持ちは理解できます。

混合すると、それだけ現場での位置づけも曖昧になりますからね・・。

2016-12-01 09:04:04
いさちゃんさん

地域で必要とされる専門職になるよう目指します

社会福祉士は介護支援専門員とは異なる専門職です。国家資格ですが社会福祉士の受験資格、履修科目は共通科目もありますが、ケアマネージャーと全く違うのです。
ケアマネージャーは介護保険法が平成12年に導入されると同時に、高齢者の介護保険サービス導入の窓口、介護度制限のサービスの割り振り等の必要から大量に増加した介護経験者を中心にした仕事です。施設を中心に介護事業者がケアマネージャーを抱え込む動きもありました。
社会福祉士は本来は高齢者ではなく、障害者総合支援法が平成17年に出来ましたが、本来のケアマネイジメント業務を中心に、50年以上も前から身体、知的、精神それぞれの分野で医療看護介護福祉全般に関する社会福祉サービス、相談の窓口を果たしてきた実績があります。障害児・者施設では社会福祉士は欠かせぬ存在です。中には、病院でメディカルソーシャルワーカー(MSW)として地域相談室で地域との繋ぎ役をしています。また、特別養護老人ホームで相談員として働く、高齢者社会福祉士もいて、施設介護計画を作成したり、入退所の相談窓口となって活躍している方もいます。
平成27年の改正で「地域包括ケアシステム」のある地域を、各市町村で平成2025年の団塊の世代が75歳以上になるのに備えようとしています。ケアマネージャーの資質向上が求められており、地域包括支援センターを支える役割が期待されています。一方、社会福祉士は、その能力を生かして、地域を繋ぎマネイジするような、CommunitySocialWorker(CSW)として活躍するよう求められています。
うちでは、キャリアアップを目指して、介護保険を理解し、地域の中で貢献できるよう、看護師、社会福祉士、介護福祉士それぞれが、ケアマネージャー資格に挑戦します。
2016-12-01 16:21:30
summerさん

Aventadorさん へ

コメントありがとうございます。
私は相談員なので、そちら側からの意見を言わせてもらうと、他の機関との連携がとても大切です。老健、病院、GH、居宅CM・・・。欲しい情報は、特養のなかのことだけではなく、自分の相談業務を取り囲むさまざまな関係機関の情報も知りたいと思います。

それらに特化した情報雑誌になれば、もう少し読む楽しみが増えるような気がします。

2016-12-03 17:40:18
julyさん

確かにそうですね…

シンプルな話ですが、きっちょむさんの仰るとおり専門誌ならばこそ、一色単にしない雑誌づくりをするべきかもしれないですね。目からウロコでした!

私も社会福祉士を目指している立場なので、諸先輩方のコメントを参考に勉強したいと思いました。

2016-12-03 19:34:52

-

関連記事

会社設立

訪問介護事業を立ち上げるためには?プロセスもご紹介

訪問介護事業の会社設立を目指している皆様にとって、どのようにプロセスを踏んでいけばよいか気になるところだと思います。 今回は訪問介護事業の会社設立に関して、詳しく解説していきます。ぜひ参考になさってく …

車椅子の方を介護

介護事業にどのような什器が必要なのか?調達方法もご紹介

介護事業を新規に開業予定の皆様にとって、どういった什器が必要になるか、またその調達方法や金額についても気になるところだと思われます。今回は介護事業において必要になる什器について解説していきます。ぜひご …

デイサービス開業資金

デイサービス開業時に必要な資金とは?

介護事業には、訪問介護、通所リハビリテーション、サービス付き高齢者住宅など様々なサービス業種がありますが、その中のひとつに通所介護(デイサービス)があります。介護事業での開業の中で、特にデイサービスで …

訪問介護立ち上げ資金

訪問介護を立ち上げる資金の工面方法とは?

介護業界の需要が増えているのになかなか供給が追いついていない現状があるかと思います。 介護事業所の立ち上げを目指している方のお役に立てられるよう、この記事では訪問介護を立ち上げるための必要な資金や、そ …

開業資金

ケアハウスの開業資金はいくらかかる?資金調達方法とは?

介護事業が増加していく中で、ケアハウスの需要が高まってきています。主に、社会福祉法人や自治体などが運営しているため、信頼があり安心して利用できます。また、月額費用が比較的低いのも人気です。今回は、ケア …