記録の訂正

投稿日:2016年11月1日 更新日:

きっちょむさん

記録(さまざまなものがあると思いますが)で失敗したときに、どのような手段で訂正しますか?修正テープ?訂正印?
施設によってきまりはありますか?

もちろん、重要な書類は訂正印だと思いますが、普段のケース記録も訂正印を使用する必要はあるでしょうか・・。

「見る」「読む」と言う点では、修正テープの方がいいと思います。逆になにか、訴訟沙汰になったときは、訂正印でないと意味を持たないのでしょうか?
ソフトによる入力は、いつでも訂正できますよね・・・・。

2016-11-01 14:54:59

コメント

julyさん

修正テープは、NGと考えます

私は、記録に関する書類は全て訂正印による訂正しか認められないと考えています。消防計画関連の書類ですが、以前、社長押印後に委託業者が修正テープで一部訂正して出していたことが発覚し、問題になりました。

介護ソフトによる入力し直し→差し替えによる訂正は、訂正の跡が残らない…つまり訂正したという事実自体がペーパーに残らないわけなので、乱暴な言い方かもしれませんが、ボロが出なければいいということになるでしょうか?

2016-11-01 21:49:24
カイジさん

やり直しですね!

私の施設でも経過記録や日誌、計画書、ほかの管理書類については一切修正液は使いません。訂正箇所に二重線を引き訂正印を押すか書き直しです。
実際は経過記録以外はやり直しですね。
でも、支援経過記録に修正液を使ってはいけないとは法的に書かれていないと思います。実際に見たことないです。
実地指導でも言われたことないですがほかの地域はどうなんでしょうね。
2016-11-01 23:53:02
きっちょむさん

julyさん へ

コメントありがとうございます。
消防計画はさすがにまずですね・・。書類の重要度にもよると思いますが、なんでもかんでも訂正印を押すことが正直負担に感じています。

会議録の書き間違いなんて、修正テープではやはりまずいでしょうか?

内容が全く違うものになるのなら、まだしも、大抵の場合は一文字か二文字の訂正なので、そたび訂正印は面倒に感じることがあります。。

あと、見にくいですね・・・。

2016-11-02 09:08:45
きっちょむさん

Aventadorさん へ

コメントいつもありがとうございます!
丁寧な内容に感謝しております。

やはり修正テープは使用していないのですね。こちらで、修正テープを禁止したら、なんでもかんでも訂正印を使用する職員が出てきました。

例えば、メモでもそうです。

少しは考えろと思いますが、区別が付けられない様子です。

レベルが低い職場ですね・・。いろいろ聞いていただきありがとうございました。

2016-11-02 09:13:46
julyさん

実地指導において

実地指導のとき、サービス提供記録に修正テープが使われていたため、口頭で注意されたことはありました。これが保険者の正式な見解になるのかというと、担当者が変わると言うことも変わるので混乱の原因になっています。
介護保険法で規定されていない“社会通念上のもの”や、“一般常識”的なものはどう位置づけられるのか、確かに興味がありますね。
2016-11-02 22:04:22
きっちょむさん

julyさん

いつもコメントありがとうございます。
実施指導で指摘されたことがあるのですね。
内容が全く別物になるのならとにかく、一文字や二文字の書き間違いぐらい、修正テープでいいとも思うのは甘いのでしょうかね・・・。

行政はコレと決まったことしか言わないので、応用が利かないところもありますよね。普段の関わりのかなでいつも感じています。

この度は情報をいただきありがとうございました!!

2016-11-03 09:40:21

-

関連記事

ショートステイ用のチラシを作るには?

高齢化で需要が高まる一方で、新しい施設は知名度が低かったり信用が足りなかったりすることで開業当初は利用者を増やすことが中々難しいです。 そのため、広報・営業活動が利用者獲得の鍵となってきます。 今回の …

フランチャイズ(FC)に加盟して介護事業を開業するメリットとデメリット

少子高齢化が進む中で、介護事業が大きな注目を集めています。 それも、国内だけでなく、日本の誇る素晴らしいサービス業の一つとして海外でも需要が高まっています。 一方で、介護事業をするのは難しそうと思う方 …

人材紹介

介護人材紹介会社を介護事業者側が利用する際のメリット・デメリット

介護人材の採用はできていますでしょうか? 事業を経営していく上で、何よりも大切になってくるのは、“人”です。 超高齢社会を進む現在の日本において、介護を必要とする高齢者が増える一方で介護人材不足が言及 …

チェック

ホームヘルパーが独立・開業するために知っておきたいこと

ホームヘルパーで独立開業を考えている方向けの内容です。独立・開業する際、事業内容や開業手順をしっかり理解していないと失敗してしまい、開業するのに時間がかかってしまいます。 今回の記事では、ホームヘルパ …

訪問介護立ち上げ資金

訪問介護を立ち上げる際にかかる費用はどのくらい?

介護業界の需要が増えているのになかなか供給が追いついていない現状があるかと思います。 介護事業所の立ち上げを目指している方のお役に立てられるよう、この記事では訪問介護を立ち上げるための必要な資金や、そ …