食事介助

投稿日:2016年8月21日 更新日:

summerさん

恥ずかしい話ですが、一人の職員が数人の利用者をいっぺんに食事介助をして困っています。1対1の介護があたりまえですが、それができません。ですので、おちついて食事をできる環境でもありませんし、危険も伴います。

嚥下状態や声かけをして1対1で丁寧なケアを目指していますが、現場に浸透しません。人員の関係もあると思うのですが、落ちついてゆっくり食事を提供できるようにする方法はありませんか?

2016-08-21 15:01:40

コメント

ヒロ3さん

羨ましいです。

当施設でも以前は1対1の介護が当たり前でしたが、人員不足により1人で数人の食事介助を行わなければならない状況になっています。食事の際に多く職員を配置することや時間差で食事を提供するなどできるだけ1対多数の状況を作らないように工夫はしているのですが…。後は、介助する方を全介助で行う方と一部介助で行う方に分けて介助することで誤嚥などのリスクを減らしています。
それはそうと、1対1で食事介助ができる勤務状態なのが羨ましいです。もしかしたら、その職員さんは早く仕事を終わらせたいという気持ちが強すぎて数人の食事介助をしてしまうのかもしれませんね。
2016-08-21 19:55:03
sora3cureさん

人手が足りません

1対1でゆっくり食事介助ができるほど、スタッフがいないので、1対2~3人になってしまいます。もしくは、他の業務をしながら介助をすることもあります。時間だけはゆっくりとできるので、気ぜわしい感じはないです。早く食べてほしくても、食べてくれないから、職員が焦らないことが大事なのではないでしょうか。
2016-08-22 15:36:46
summerさん

ヒロ3さん へ

コメントありがとうございます。
現実には1対1での食事介助はできていません。1対多数だと、ちょっと別の方を介護して間に、誤嚥したり、窒息のリスクが高くなります。いくらプロが食事介助するからといっても1対多数だと十分なケアにはなりません。
野球で例えるなら、一人の打者に多数のピッチャーのボールを打つようなものです。

やはり、多くの施設では1対1の介助は現実として難しいのですね。

2016-08-25 16:54:56
summerさん

sora3cureさん へ

コメントありがとうございます。
他の業務をしながらの食事介助も厳しいですね。でも、これが現実の介護の現場なんですよね。

職員が少ないと、余裕が無くなりそのぶん、せかせかします。そうなると、全体的に落ち着きがなく、利用者にも負担になりますよね。

せっかくの食べる楽しみをこうやって奪うことになるのが悲しいですよね・・・。

アベさんにはもうすこし現実を見て欲しいですね!

2016-08-25 16:57:52
summerさん

mini5111さん へ

コメントありがとうございます。
確かに椅子に座らずに立ったまま職員が介助することもあります・・・。
立って行なうと、素早く動けるので都合がいいのですようね。

しかし、立ったままの食事介助って見た目がととも悪いですね。
私の施設でもしていますが、完全に上から目線での介助になっています。

2016-08-25 17:00:31
julyさん

限度があるかと。

実情を考えると、マンツーマンの食事介助は人員的に結構無理があると感じています。そのため、なるべく嚥下に課題がある方については問題ない方と組み合わせて(言い方は悪いですが)2:1くらいで介助できるようにしています。そうすると少し安全かも?二人を左右において位置取る感じですね。
2016-08-25 21:35:02
hasaruwaさん

他のことも流れ作業に…

前の施設では1対1でしたが今の施設は複数でしてます。はじめはびっくりしましたが前の施設は老健でしたので比較的元気な方もいたので介助する方も少なく1対1の対応ができたのかなと思います。今は人手不足+介助の数が多すぎるのである意味仕方ないのかなと思います。本当は一人ひとり丁寧に対応したいですけど…食事介助だけでないですよね…トイレも好きな時に連れて行けない、入浴も流れ作業って感じです。
2016-09-04 16:44:21
summerさん

julyさんへ

コメントありがとうございます。
介助をするときに、職員を中心に利用者を配置していますか?それとも、しっかり利用者には所定の場所があり、そこに職員が移動して介助していますか?

どうしても、職員が介助をしやすいような環境にしてしまいます。ひとつの椅子に職員が座り、ある人には右を向いて、また別の人には左を、向くという具合です。

これって仕方がないことですかね~・・・?

2016-09-06 22:29:57
summerさん

hasaruwaさん へ

コメントありがとうございます。
確かに、食事の時間だからといって食事だけを食べているとは限りませんね。食事中にトイレに行きたいと訴える人もいますし、早々と食事を終えて、居室までつれて行って欲しいという方もいます。

そのようなことにも対応しながらの食事介助だと、やはり圧倒的に職員の数が不足していますね・・。

利用者目線からしたら、多分、落ち着かない雰囲気で食事を食べているのでしょうね。

2016-09-06 22:33:46

-

関連記事

ブランド

ショートステイのパンフレットを作成するには?

パンフレットなんて、今のネットの時代にいるかな? ネットの使い方が分からないけど、ショートステイの事業所を探している人はたくさんいるよ。その人たちのためにもパンフレットを制作する事は重要なんだよ!! …

育成

超高齢社会における介護スタッフ人材育成の方法とは?

最近、外国人介護スタッフとか介護ロボットとか広まってきたよね。日本人の介護スタッフが働かない未来が来るかもね 確かに、そのような未来が来るかもしれないけど、デメリットもあるからね。やっぱり、介護スタッ …

ポイント

住宅型有料老人ホームを開設する際に知っておきたいこと

:僕、来年から住宅有料老人ホームを開設するんだ!!!気合さえあれば絶対成功するよね!! ・・・ ・・・ ??? やれやれ。ここに、住宅有料老人ホームを開設前に知っておきたいことが書いてあるから読んでみ …

パンフレット

小規模多機能型居宅介護のパンフレットのご紹介

最近、SNSなどのネット広告がメジャーだけど、パンフレットでの集客って見込めるのかなぁ? 心配ないよ!パンフレットは様々な目的があるんだよ!この記事を読めば、パンフレットの制作目的・費用なども分かるよ …

リハビリ

訪問リハビリステーションを開設するために必要な知識を丸ごと解説!

今の作業療法士の仕事の幅をもっと広げたいんだけど、どうしようかなぁ ほうほう。では、開業してみてはどうじゃ。自分で運営したり経営に携わることで、より様々なスキルが身につくぞ 開業か~。ちょっと不安だけ …