ショートステイのターミナルケア

投稿日:2016年7月11日 更新日:

summerさん

ちょっと、職員間でトラブルになったことがあったのでお聞きします。ショートステイのターミナルってアリだと思いますか?こちらは、ロングショートの方に対しては仕方がないかと思っています。しかし、ショートステイで看取るには、結構詰めて話をしておかないと、大変なことになります。

ケアマネの立場で、ショートでも看取りをお願いするケースがあったら助かる、逆に受け入れる側として、ショートのターミナルなんてありえない等の意見がお聞かせ下さい。

2016-07-11 15:42:02

コメント

sora3cureさん

ターミナルケアをやりました

ロングショート利用中にターミナルを迎えた利用者様がいました。家族希望でショートで看取りました。ショートスタッフと経営者が、家族から信頼されていたのでできたことです。ケアマネは他施設の人なので、あまり関わっていません。他にも亡くなられた方々がいますが、直接誰が看取るのか、危篤のときどうするのか、施設側と家族がしっかり話を詰めていました。うちのケースではトラブルになっていませんが、ケアマネが第三者で入ってくれていると、トラブルになったときに対応がしやすいかと思います。
2016-07-11 16:09:25
こうちゃんさんさん

私見ではありますが…

ショートステイの基本方針は利用者の心身機能の維持と家族の負担軽減であり、看取り加算もありませんので制度的には看取り機能は求められていません。従い、看取りが前提の利用は基本的には「無し」だと思います。

ターミナルケアは家族との信頼関係が構築されている必要もありますし、医師の支援も欠かせませんが、看取りの場所としてショートを選ぶというのは主治医も勧めないのではないでしょうか?

急変などで、結果的にショート利用中に亡くなる事はあると思いますので、その際どうするかの話し合いをしておく事は重要ですよね。

2016-07-11 23:56:42
TDA4Wさん

看取るためのショートはありえないと思います。

ターミナル期にある方がショートステイを利用するケースと、ターミナル期に入ったからショートステイを利用するのは全く意味が違うかと思います。
前者ならレスパイト目的として受け入れられるケースは多いのではないでしょうか。勿論、詳細な打ち合わせは必須だと思いますが。
後者の場合は、そもそもショートステイの趣旨に合わないと思います。看取りのためにショートに入るのは、結局ゴールが見えないということになりますからね。
2016-07-12 20:15:46
summerさん

sora3cureさんへ

いつもコメントありがとうございます。

そうですね。第三者であるケアマネさんが介入してくれて、話し合いが行なわれれば、方向性が統一できていいですよね。

こちらもケアマネさんに同席してもらい、話し合いをしたことがありました。受入れる側の方針とそれに対して家族が信頼してくれるなら、それはそれで悪いことではないですね!

2016-07-13 16:31:00
summerさん

こうちゃんさんさんへ

コメントありがとうございます。

医師の協力は必須ですね。ショートはそれぞれ主治医が違いますので、その方の主治医が死亡確認も来てくれるというようになり、協力も得ました。もちろん、「異常があったときはこちらに電話して」と言われ携帯番号を教えてもらったことがあります。

ショートとは言っても、現状は施設に入りたくても入れない人が利用していることが多いので、家族も大変そうです。

2016-07-13 16:34:31
summerさん

TDA4Wさんへ

コメントありがとうございます。

看取るためにショートを利用されたかたはいませんが、そもそも家族と施設に温度差がある場合があります。

ケママネ等の情報を元に施設では「これって結局看取りじゃない?」と思っていても、家族はそれを現実のこととして受入れられないのです。認知症の親を認知症として受入れられないと同じでしょうか?

いくらこちらが、「もう食べられない時期になっている」と説明しても、プリンやゼリー等の差し入れではなく、カステラを持ってきたときがありました。

現実はいろいろなことが起こります。

2016-07-13 16:39:14
hasaruwaさん

ターミナル行いません

うちの施設ではターミナルケアを行っておりません。基本的に急変時は病院へまたショート打ち切りにしております。以前末期がんの方がきましたがついてすぐリクライニングの車いすでも座っていることができずショートを断りました。
2016-07-13 22:25:53
TDA4Wさん

なるどですね。

自施設でショートをやっておらず、また経験もないため離村論ばかり述べる形になってしまって恐縮しております。

なるほど、ご家族様が「現在ターミナル期である」という認識がない場合があるわけですね。そうなってくると、そもそもケアマネさんとの連携が課題として挙がってくるといえそうですね。うちの職場だと、そういう時期に入ると居宅サービス計画に載せるようにしています。そうすれば、少なくとも摂食困難な方に対してカステラを持ってくることは少なるかもしれませんね。

2016-07-14 08:47:31

-

関連記事

人材教育

介護現場のキーとなる「人材教育」がもたらす効果

事業所内での教育って意味あるのかな? そんなこと言わないの!カイポチ君!事業所内での教育は会社の利益につながるんだよ! 事業所内教育がどんどん活発になるとよいのぉ 人材教育は様々な企業で実施されていま …

スタート

柔道整復師資格で開業するには

実は僕、柔道整復師の資格もっているんだけど、何か起業できないかな? そうだったのか!?選択肢の1つとして、介護分野で開業することが出来るよ。興味があったら、この記事を読んでみるのじゃ なるほど!スポー …

介護ロボットで業務効率化できるの?

介護業界にもロボットが導入されるみたいだ!!僕も早くロボットについて学ばないと この記事を読めば、介護ロボットについて学ぶことが出来るから!!心配ないよー 高齢化社会、労働人口の減少など、様々な社会問 …

パンフレット

居宅介護支援事業所の魅力を活かすパンフレットの作り方

わしが利用している居宅介護支援事業所のチラシが見にくいのじゃが、どうにかならんかの… なるほど…これは、文字しかないから見にくいな。パンフレットは文字と絵のバランス・配置が大切だから。カイポチも気をつ …

パンフレット

訪問介護のパンフレットを作るときに大切なこと

 パンフレットってインパクト重視だよね!!雷や炎のイラストと写真を入れよう!!! ・・・ ・・・ そっか…介護事業のパンフレットだもんね。気をつけます。  高齢化社会呼ばれる今日、一人暮らしの方も増加 …