ヘルパーチェンジは仕方ない?

投稿日:2016年7月1日 更新日:

summerさん

認知症の独居高齢者への訪問介護について相談です。認知症とはいっても軽度ですが、自分の意に反するようなことがあるとすぐヘルパーを交代して欲しいと言われます。もちろん、利用者主体のサービスですので、利用者の意見が反映されるのは当然のことですが、そのような訴えが多く、その都度交代したもよいものか悩んでいます。

ちなみに、身よりもなく今まで自由気ままに生活されて来た方です。

ヘルパー交代をするということは、それだけでヘルパーにプレッシャーですし、また最初からその人の特性を理解するまで時間がかかります。

このようなケースってありますか?

2016-07-01 13:46:33

コメント

julyさん

結局は人と人なので

やっぱり、マンツーマンのお仕事なので相性の問題はあるかもしれませんね。こちらは仕事で関わらせていただく立場なのである程度感情は抑えて仕事をします。ただ、どうしても合わない組み合わせってあるんですよね。
それは、利用者からの苦情内容にて判断してます。同じミスをしても許してもらえる人と苦情につながる人がいたり、感情論で苦情になったりするケースは思い切って担当を変えます。
そもそも、うちでは利用者毎に入るヘルパーを固定しないようにしているので「当てないようにする」という感じですが…。

感情論を出されると、こればっかりは仕方ないと思います。

2016-07-02 21:44:02
yamashita33さん

裏に秘めた不満

ヘルパーといっても人ですから、相性の問題も
あるでしょうし、ヘルパーさんの支援の質の
問題もあるでしょう。

ヘルパー支援自体は本人はどう考えているのでしょうか。
何か不満のようなものも抱えていらっしゃるのかもしれません。
何か気になる点はありませんか?
料理について不満があるとか、こういったかかわりをしてほしいとか、何か気づく点はないでしょうか。

2016-07-03 20:48:28
summerさん

Aventadorさん へ

いつもコメントありがとうございます。

言われる通り、誰が対応しても同じでなければいけませんよね。これは、施設でもそうだと思いますが、何事も統一されていないと混乱するのは家族や利用者ですし、こちらもプロの集団として、統一された対応にする必要があります。

一人が「今回だけは」とか「仕方ないから今日だけは」という気持ちでしなくてもいい事をしてしまったりすると、全体に迷惑をかけてしまいますよね。

2016-07-09 10:31:14
summerさん

☆だーまん☆さん へ

いつもコメントありがとうございます。

やはり対応が統一されていないという問題になりますか・・。でも、そうやって考え直すようになるのはいいことですよね。

個人的な気持ちや考えで判断してしまうと、取り返しのつかないことになってしまいますから、マニュアル等をいかに厳守していくかでしょうね。

2016-07-09 10:33:49
summerさん

基準はありません

うちの私設では特に基準はありません。ほとんどの方が結婚指輪をしています。周りがみんなしているので最近結婚された方はほとんど指輪をはめているって感じでしょうか。しかし髪の毛などは皆さん束ねていますね。やはり見た目的に家族の方が来られますので・・・
2016-10-24 21:15:22
sora3cureさん

こうちゃんさんさん へ

コメントありがとうございます。

ケアマネの関わり方も問題になりますよね。「それはケアマネがするべきことではないだろう」と思うようなことでも、対応している話を結構耳にします。

そうなると、「あそこのケアマネは何でもしてくれるのに、こっちのケアマネは何にもしてくれない」と思われてしまうので辛いところです。

2016-07-09 10:37:03
summerさん

みか☆さん へ

いつもコメントありがとうございます。

味付けの問題は大きいですよね。自分でもそうですが、好みの味は自分がこれまで何年も生活してきたなかで、出来上がりますから、「これぐらいの薄味が丁度いい」等言われても、「はい分かりました」とはならないですよね。

また、くちには出さないけど「正直まずい」という感想をもつ方もいると思います。

調理については栄養のバランスの関係もあるので難しいところですよね。

2016-07-09 10:42:33
summerさん

zirconさん へ

いつもコメントありがとうございます。

ちょっとした不満があっても、人間関係がある程度形成されていたら、なんだかんだいっても最終的に認めてくれるケースもありますよね。

そう考えると信頼関係って本当に大切だと思います。心を開いてくれた、本人の言いたい事を言えるでしょうし、こちらも何が不満に感じているかも把握できますから、それに合わせた対応ができますね。

2016-07-09 10:47:08
summerさん

fw_youさん へ

コメントありがとうございます。
そうですね、個人の問題と据えないで事業所全体の問題と据えて対応していかないといけまえんね。

これは、施設においても同じで、なにかおきるとついつい、個人的に追求してしまいますが、組織全体として問題を抱えている場合があります。

だれが悪いとか、良いとかは別として、組織全体が課題であると認識して取組むことが必要ですね。

2016-07-09 10:50:37
summerさん

☆だーまん☆さん へ

いつもいつもコメントありがとう御座います。今回も私に納得意見を書いて下さって感謝しています。

そうなんです。相性もあると思いますようね。血液型を事前に調べておいて、それに合わせたヘルパーさんを派遣するということもできませんしね~。(冗談ですが)

いくらこっちが一生懸命しても、利用者がそれを認めてくれない、不快に思うなどということがあれば、それはもうどうしようもないですからね。

統一された対応も大切ですが、相性が左右されるということも忘れてはいけませんね。

2016-07-09 10:54:57
summerさん

yamashita33さん へ

いつもコメントありがとうございます。

ヘルパーチェンジしたら落ちつくこともあります。「あ~やっぱり、あんたがよかった」等の発言もあるようです。

昔の人は、そもそも自分の家に上がられことを良く思わない人が多いですよね。思いっきりプライベート空間を見られるわけですかから、少しでも不快に感じるヘルパーを家に上げたくない気持ちは理解できます。

言われるように、相性の問題はあると思います。ケアマネの立場として、言いにくいことですが、お金を払って受けているサービスだから仕方がないですね。

2016-07-09 10:59:16
カイジさん

いっぱいありますよ

お年を召すと人間はわがままになってくると私の経験した脳みそが言ってます。(冗談ですけど!!)
でも認知症を患うと、脳の抑制コントロール部分がだんだん萎縮し効かなくなり自己主張や無理な要求が多くなってきます。
でも訪問介護はホステスとは違うのですからチェンジが聞くほど人員配置が多くありません。
私は看多機ですが、ヘルパー派遣の条件として「勤務配置上お客様からヘルパーの指名はできません。ご了承ください。しかし、私の事業所では誰が来ても同じサービス対応できるようマニュアル体制はしっかりしています」と説明して私が利用者様の要望から家屋調査・掃除道具の状況・ゴミ捨て曜日まできっちり調査しマニュアルをつくります。
それでも、女性スタッフがいいとか言ってきますね。
ただ、利用者様の要望には主訴が隠れているので、かならずなぜそういうのかの視点を忘れず対応しています。
2016-07-01 19:39:09
julyさん

同感です。

今の所属になる前の約3年間、訪問介護の所長兼サービス提供責任者をしていました。「あのヘルパーは嫌だ、この人に来てほしい」という要望は日常茶飯事でした。
それを聞いて私が考えたことは、「サービス内容が統一されていないのではないか」ということでした。介護保険と総合支援法どちらのサービス提供も行ってきていましたが、特に総合支援法の居宅介護を利用している方からそういう要望が多かったような気がします。

そこで、受け入れてもらえている訪問介護員とそうでない訪問介護員に聞き取りを行ったところ、手順書を守っているかアレンジしているかで違っていることが分かりました。何と利用者様が来てほしいと思っていた訪問介護員は、手順書をアレンジしている方だったのです。自分の管理能力のなさとアセスの甘さを痛感しましたよ。それ以降は手順書を見直し、それによってチェンジ問題は解決しました。

2016-07-01 23:16:31
こうちゃんさんさん

いますよね…

ヘルパーさん交代だけに治まらず、事業所を転々としている方もいます。
こういう方は、だいたいやろうと思えばIADLも自立に近い方が多いですね。
また担当ケアマネさんも、いいなり、御用聞きになっている方が多いです。(おそらく御用聞きの方が面倒くさくないのでしょうが…)
特に生活援助とかは、そのサービスが本当に必要なのか?という方もいます。
訪問介護の生活援助は自己負担5割とかにしても良いかも?と個人的には思います…
2016-07-02 08:40:16
みか☆さん

仕方ない部分もあるかもしれません

やはり人間ですから相性もあります。

どのようなサービスで入っているのかが分かりませんが、例えば『食事作り』の場合にあった出来事です。
利用者さんが、「ヘルパーさんが作る料理の味付けが自分の好みではない。はっきり言うと美味しくない。それとなく本人に伝えたけれど、やっぱり美味しくない」と仰いました。
それでヘルパーチェンジです。

認知症の方は軽度でも羞恥心は残っていますので、こんなケースもありました。
自分で料理が困難なので(軽度の認知症のため)ヘルパーが食事作りで入っていました。
ある日、ケアマネと御家族と利用者さんで話をした時に利用者さんが「私は自分で料理が作れるから、もう料理は作りに来なくても大丈夫!」と言われたそうです。
これは私の推測ですが、普段は穏やかな性格の利用者さんなので、ケアマネか御家族の言葉がプライドを傷つけたのでしょう。
その後、3名体制だったヘルパーは私1名になりケアプランから食事作りが消えました。
(そんな簡単に栄養摂取の面で大切な食事作りを消してしまうんだ!!心の声)
毎日、デイに行っていたので昼食は摂れますが。

けれども私は今まで通り食事を作り、そっと置いて帰っていました。。。

2016-07-02 10:42:49
zirconさん

うちでもあります

この案件、うちでもありました。
利用者主体のサービスですので、仕方がないと思う反面、職員の人数にも限りがありますので、限界が生じますよね。
初めにケアマネージャーさんと打ち合わせになった際は、その点も確認することにしています。
ですので初回訪問は特に気を付けています。
認知症の方は特にです。
しかし、時間が解決してくれることもあり、顔見知りになればある程度叱責を受けながらも、心を開いてくれる方もいますよね。
一概には言えませんので、うちでは常にケースカンファレンスをして対応しているのが現状です。
お互い頑張っていきましょう。
2016-07-02 17:28:25
fw_youさん

訪問経験サービスならではの課題

訪問系サービスでは避けては通れない課題だと思います。通所や入所サービスとは異なり、集団の環境ではないので、提供されているサービスの良し悪しがわかりにくいのが大きな原因だと思います。集団の場合、その施設の特色や雰囲気が存在し、そこに居心地が良いと感じるか、介護保険サービスとはこれが限界だとか感じるものです。それに対して、訪問は個人宅にお邪魔し、個人のルールに沿ってサービスを提供するので求められるレベルが高い時があります。そして、いつも顔を合わす担当スタッフしか知らないので、仮に最初の担当スタッフがかなり質の高いサービスを提供していたとしても、もっと良いスタッフがいるのではないかと想像するかもしれません。もしくは、テレビや新聞の情報と比べる利用者もいるかもしれません。そうなると、担当スタッフを変更していき、徐々にこれが介護サービスの限界とか、この事業所の限界と感じて落ち着いていくような気がします。
管理者として重要なことは、一人の担当スタッフの質が悪いと捉えず、事業所全体のシステムにも課題を見つけて解決していくことだと思います。
2016-07-02 19:08:12

-

関連記事

エプロン

通販を使った介護エプロンのお得な買い方について

デイサービスなどの介護事業をすでに開業されている方、またこれから介護事業を始めようとお考えの方。 ご利用者の食事などで使用する介護エプロンは、どのように購入されていますか? 布製のエプロンや、使い捨て …

地域介護

地域密着型通所介護(小規模デイサービス)の指定基準を分かりやすく解説!

カイポチよ。地域密着型通所介護で開業しようとしているけど準備は進んでいるのかい? 心配しないで。今、この記事を読んで指定基準を学んでいる最中だから。 なるほど!最近はインターネットで勉強できるのか!び …

リフォーム

デイサービス事業所のリフォームをしたい!

今度、賃貸物件を借りてデイサービスを始めるんだけど何か考えることあるかな? 事業所が設備基準を満たすようにするために、リフォームをしないとだよね。この記事にデイサービスのリフォームについて載っているか …

フランチャイズ

老人ホームのフランチャイズ開業のポイント!メリットやリスクは?

最近、高齢化が進んでいるからフランチャイズで老人ホームを開けば、儲かるでしょ 待つんじゃ!カイポチ!!そんなに世の中甘くないぞ!!この記事を読んで、勉強するのじゃ 分かったよ、おじいちゃん。もう一度勉 …

スタート

柔道整復師資格で開業するには

実は僕、柔道整復師の資格もっているんだけど、何か起業できないかな? そうだったのか!?選択肢の1つとして、介護分野で開業することが出来るよ。興味があったら、この記事を読んでみるのじゃ なるほど!スポー …