預かり金について

投稿日:2016年6月30日 更新日:

summerさん

こちらは特養ですが、利用者から1万円を預かっており、そこから薬代や病院代、時におやつ等を支払っています。いつも、監査のときに「なるべく、現金は預からないように」と言われますが、預からない方法がありますか?

監査の人に「預かる以外の手段はないのか?」と尋ねられますが、逆にこちらが聞きたいといつも思います。

昔は通帳も預かっており、それは指導を受けたので、全て家族に返しました。しかし、現金はないと、どうにもならないと思います。

特に薬代と病院代はどうしょうもありません。私のなにか思い込みがあるだけでしょうか?
他の施設ではどのようにしていますか?

2016-06-30 13:58:01

コメント

summerさん

zirconさんへ

コメントありがとうございます。
以前は施設の利用料と一緒にまとめて請求していたのですが、監査で望ましくないとして、指摘を受けました。それから、利用料金は単独で請求しています。厳密にいえば、病院代や薬代は施設からの請求ではないので、間にはいるようなイメージですね。

嘱託医の事務的な処理の効率を考えれば、個別に支払うことは病院側が嫌がると思います。
また、家族も負担に感じるでしょうね・・。

2016-07-01 03:42:39
summerさん

☆だーまん☆さんへ

いつもコメントありがとうございます。
受診ではこちらは嘱託医による往診で診察をうける状況です。ですので、その場に家族はいません。定期薬がいつも処方されるかたは、看護師等から診察して看護師から最近の状況を聞いてから、薬が処方されます。

事故や緊急でこちらが病院に受診する場合は、家族に同行してもらうので、そのとき支払ってもらいます。

☆だーまん☆さんの施設は定期回診の際はどのようにされていますか?

2016-07-01 03:47:10
summerさん

yamashita33さんへ

コメント&アドバイスありがとうございます。
立替にした場合、事務処理はどのようにすればよいでしょうか?

立替といっても、支出と収支で計算していくのでしょうか?

監査的には大丈夫なのでしょうか?

お金に関しては、監査で突っ込みどころ満載なので、少し気になる部分があればどんどん突っ込んでくると思います。お金での問題で信用をなくすケースが多いので、その辺でクリアできるといいのですが・・。

2016-07-01 03:51:57
yamashita33さん

突っ込まれない工夫

お疲れ様です。頭が痛い問題ですね。。

うちは立替はやっていないので明確な回答はしかねます。

そちらのやり方に沿うとしたら、
預り金を作るにしても預かり金の出納簿を作って
きちんと収支状況を
家族、もしくは利用者に定期的に報告する、預かり金の
取り扱い規定を設けるなどして対処はできそうですが、
監査の方の求めるものが不明瞭なのでなんともいえないですね。
なるべく・・・とおっしゃっているので、預かるなら
トラブルのないようにしてほしいという意図なのでしょうか。

2016-07-01 09:43:03
じゅんじゅさん

私の施設の金銭の管理

私の所は自動販売機でのジュースの購入など少しのお金は預かっています。それも特定の人だけで出来るだけ預かりはやめるようにしています。緊急時の受診の時などは会社で一時的に支払いをして後でお返し頂くようにしているようです。デイの利用者でも高額のお金の入った財布など禁止にはしていても持ってこられることがあります。その際は仕方ないので預かり帰りにお渡しするようにしています。財布は持っていないと落ち着かないようですね。
2016-07-01 23:14:04
julyさん

真っ赤なトマトさんへ

参考にならずにすみません。うちの系列には特養がないので、嘱託医による回診というものがないのです。施設系といえば認知症対応型共同生活介護、サ高住、住宅型有料老人ホーム、総合支援法に基づく共同生活援助といったところですね。そのため、みなさんそれぞれの主治医にかかっています。往診に来て下さることはありますが、その時はいったん法人が立て替えて支払い、その後介護料の請求と一緒に立て替え分を請求するという形です。
2016-07-01 23:24:43
こうちゃんさんさん

立替金としては?

こちらは有料老人ホームですが、立替金として施設から一旦立替て、利用料と一緒に領収書を添付して請求・引き落とししています。
現金を預かると、何かとトラブルの元ですよね…
監査は何度か入られましたが、立替金はまったく問題になりませんでした。

また医療費については、協力病院さんと相談して病院から直接口座引き落としをして頂いています。

2016-07-02 00:09:59
summerさん

yamashita33さん

いつもコメントありがとうございます。感謝しております。
現金をあずかり、するべきことはしています。内規もあり、それに沿って行なわれていることも認めています。それでも、自治体からはそもそも、現金を預からない方法はないかということが言いたいみたいです。

施設の立替は、経理上処理するのが困ると思うのですが・・・現実は難しいと思います。

2016-07-03 05:22:43
summerさん

こうちゃんさんさんへ

いつもコメントありがとうございます。
そちらがされているように、以前は施設の利用料金と一緒に請求書していましたが、これも監査で一緒に請求するのは理想でないと指摘されました。

こうちゃんさんさんの施設は、請求書自体は別にして、同じ封筒にいれて送付しているということでしょうか?

となると、事務的な手間はかなり増えると思いますが、そのへんはクリアできていますか?要領のいい方法があれば教えて下さい。

2016-07-03 05:29:18
こうちゃんさんさん

真っ赤なトマトさんへ

コメントありがとうございます。
私共の施設では、請求書は全て合算して1枚とそれに付随する明細書、領収書は介護保険利用料のみの領収書を1枚、月額料金で1枚、立替金は一覧表と当月支払った様々な領収書(例えば新聞店やスーパーのレシート等)を同封しています。

ご指摘のとおり、かなり手間がかかり封筒への封入作業など半日はかかります。
預かり金でもレシート等は必要かと思いますので、入出金の管理を考えると、まだ楽かと思います。
お金の事なので仕方ないと思っています。

2016-07-03 23:36:30
zirconさん

当院の場合

初めまして。
当施設の場合はお預かりではなく、請求金額に記載してまとめて請求させて頂いております。
お菓子代金や雑費に関しては、必要時に連絡を取り家族に購入してもらっています。
状況も違うので一概にな言えないと思いますが、当施設でも出来るだけ金銭は預からないようにしています。
監査云々もありますが、お金のことなので管理やトラブル防止の為です。
管理にはかなりの気を遣いますよね。
良い方法が見つかりればと思います。
2016-06-30 14:04:01
julyさん

立替もしくはご家族同行

受信に係る費用についてですが、これはうちの施設の場合だとご家族同行が基本です。そのため支払いは施設職員が関与しなくて大丈夫な仕組みになっています。これ以外の場合は立替し、利用料といっしょに請求しています。
そういった形をとり、預り金は一切しないように徹底しています。
2016-06-30 16:22:03
yamashita33さん

立替にしたらどうでしょう。

立て替えるという形にすれば、預かり金はないのではないでしょうか。うちはデイサービス等ですので入所とは少し違いますが、
基本スタッフや施設側が利用者の財産を保管するということは
辞めたほうがいいかと思います。

ご家族が同伴を必ずしもできるとは限らない利用者さんのケースもあるでしょうから、どうしてもスタッフが預かるというケースも起こりえるので、入所の際にも家族へのある程度協力の了解も得ておく必要があるでしょうね。

2016-06-30 22:21:34

-

関連記事

女性の看護師

訪問看護の開設に必要な指定申請のしかた

指定申請の書類ってたくさんあるから書類全部書けるか心配だな… 心配するな、カイポチ。この記事を読めば、大まかな流れを掴めるから ありがとう、おじいちゃん!僕頑張るよ! 訪問看護事業の新規立ち上げの際に …

介護日誌

介護日誌を書く重要性

「今日はおじいちゃんとレクリエーションをしました。楽しかったです。」っと。OK! ん?ここにゃん何を書いてるんだい? 介護記録を書いたんだよ!今日の介護サービス記録を残さないとね! やれやれ。介護記録 …

リハビリ

作業療法士として独立開業(起業)する際に知っておきたいこと

作業療法士の資格もっているから開業を考えているんだけど、何か良い方法ないかな? そんな時はこの記事でどうじゃ。手順から資金調達の方法まで載っているからお勧めじゃ! なるほど!!ありがとう、おじいちゃん …

考える人

デイケア(通所リハビリテーション)のロゴ制作を考えている方必見!知っておきたいロゴ制作の知識について

企業のロゴって考えるの緊張するね!ロゴの正解とか無いもんね 確かにそうだね。この記事にデイケアのロゴ制作のポイントとか載っているからお勧めだよ ありがとう!カイポチ君!早速、読んでみるね!  デイケア …

ゲーム

デイサービスのレクリエーションにおけるゲームの効果とは?

僕のデイサービスの事業所のレクリエーションネタが無くなってきたな・・・どうしよう? おやおや、合唱、手工芸、音楽など様々なレクリエーションがあるぞ。足腰がまだ元気な方はウォーキングなど一緒にすることも …