投稿者:山路憲夫 氏プロフィール

■転換期の介護事業■
東京都在住
白梅学園大学子ども学部家族・地域支援学科教授/同大学教育・福祉研究センター長
毎日新聞社記者、論説委員(社会保障・労働担当)を経て、2003年より現職
東京都福祉サービス運営適正化委員会苦情処理担当委員、小平市及び東村山市介護保険運営協議会会長、「NPO福祉フォーラムジャパン」副会長など兼務 介護は公益性をもつ事業です。制度をきちんと理解し、時代の流れをつかみつつ、採算性と地域とのつながり、地域貢献という役割(公益性)をどう両立させるのか、が求められています。長らく政策・制度に関わってきた者として、その流れをできるだけわかりやすく解説し、マネイジメントに資する情報を発信していきます。